Sponsored link

|

2016年1月26日 (火)

ドライシート考察

毎朝のおそうじスタートスイッチはフローリングモップ。

数あるメーカーの中でも一番愛用しているのが
ユニチャームのウェーブ様!



モサモサのフッサフサ加減が過剰ではなく
でもしっかりもふもふしていて
がっちりどんな埃もゴミもキャッチしてくれます。

しかし、お値段も機能に比例してなかなか素敵。

毎日使うほど買いだめできません。
シクシク。

私は週末や来客前とかなにかいいことがあった日の朝とか
自分へのご褒美的な時にだけ勿体ぶって使ってます。

てなわけで、なんとか似たような少しでも
現実的なお値段で、かつ、楽しくいい感じのシートを
日夜探しているわけです。

ウエーブ様を知ってしまってからはもはや
普通のシートでは満足できません。

一昔前まではフローリングシートといったら平坦なものしかなく
せいざい素材や厚みで勝負!といったかんじでしたが
今はメーカーさんの努力で安くても
様々な形状のものがあるんですね。

まずは毎日使うのに一番適している
100円ショップもの。



100円ショップものなのに凸凹形状です。

さすがに薄いですが、平らなものよりもホコリをキャッチしてくれます。



また、私はモップを二本使い分けておりまして
掃除機をかけない日は隅っこや細いところまで
ヘッドがとどき、4回面を使える
4面ヘッドを使っています。



こちらは細い分ヘッドに厚みがあるので
あまりシートが高級素材で厚いととりつけられないんです。

なのでこの凸凹なのに安っぽい薄さが丁度マッチング!

安いと思うとじゃんじゃん使えてストレスフリーダムです。

(残念ながらアイリスオーヤマさんの4面モップは今は製造中止商品です。
非常に残念。再発売熱望!!)

そしてもう一本は老舗の花王さんクイックル先生です。

クイックル先生にウエーブ様のコラボが一番贅沢なのですが
ウエーブ様のかわりに、探し出したのが
カインズホームのPB商品。



立体ドライシート 20枚入りで198円。
ちょこっと100円ショップものより高め。

素材も凸凹がしっかりしていてかなり分厚め。
これだと4面モップにはとりつけられませんが
クイックル先生には大丈夫。



なかなかいい仕事してくれてます。
しかし、凸凹なのは半面だけ。
裏側はなぜか平らです。
どうせなら両面凸凹にすればいいのに。

198円なので仕方ないのか。

てな感じで今はこの3種類を使い分けて
床掃除を楽しんでおります。

高くていい物はいいし、安くてもそこそこ
満足できるものもいい。

要は掃除が楽しくできればいいーんです。





|

2016年1月18日 (月)

結露用クロス

今年の冬は暖冬で大分過ごしやすいな
と油断していたらいきなり寒くなりましたね。

首都圏では雪が降って大変な週明けだったようで。

さて、天気が悪かったり、これからの季節は
花粉シーズンでもあったりで
梅雨時とはまた別の意味で部屋干しすることが多くなります。

また、加湿器などをつけてエアコンをつけたりもして
この時期の悩みの種のひとつが窓の結露ではないでしょうか。

結露ワイパーだの、吸水スポンジだの、結露防止スプレー
だのさまざまな対策をとってきましたが
やっぱり一番はぞうきんでふき取るのが一番てっとり早い
気がします。

今年は同じ拭き取り作戦でも新しいものを導入してみました。



ご存知azuma工業さんの商品。

普通のマイクロぞうきんと思いきや、反対に
まったく毛羽立つ素材ではなく、かといって
スポンジとも違う不思議な素材です。

説明書を読むと「合成セーム皮」クロスだそうです。



車の洗車などの拭き取りにもセーム皮を使ったりするそうですね。

肝心の使用感ですが、確かに一枚あたりの吸水性は
普通のぞうきんよりもずっとあります。



水滴もたれないし、薄いので絞りやすい。
大きさも20×30のぞうきん黄金率。

薄いため、フローリングモップにもとりつけられるので
お風呂場の天井や高い壁の水滴取りにも使えます。

面白いことにこのぞうきんは乾くと紙のように
パリパリになります。

普通は乾いたところから拭くほうが沢山吸水しそうですが
このぞうきんは逆に乾いているとまったく吸水してくれません。

一度濡らして絞ってから使用します。

面白いですよね。

手触りがぐにぐにしてゴムみたいなものが
表面についてます。

どういうカラクリなんだろう。

どうやら使えばつかいこむほど吸水性があがるらしいので
この冬はこのぞうきん片手にせっせと結露取りにはげみます。




|

2016年1月 7日 (木)

JS plus 掲載

新しい年が始まりました。

横浜に帰省してましたよ。
りらちゃんも新幹線はもう慣れました。



デコってみました。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年初めのお仕事。



UR賃貸利用者向けの冊子
JS plus さんでお掃除が楽しくなる!
好きになる!
とっておきの方法特集です。

8ページのお掃除ノウハウ満載で
内容てんこもりもりです!

大掃除をあんまりできなかったなー。。
今年は何か切り替えたい!

なんて思ってる方、おそうじは
一年いつでもやる気さえあれば
どこでもできます。

絶対綺麗になるという成果付き!

新しい一年運気アップのためにも
新たな気持ちでいつもと違った
お掃除を始めるキッカケになったらよいなと
思います。

1月中旬から配布されるそうです。

是非是非お読みください。

みなさんにとって
素敵ないちねんになりますように!

|

2015年12月15日 (火)

塗り壁

ジバニャンが可愛くて、うっかり
妖怪プニプニのアプリを入れたら
はまりまくってます。

うちのりらちゃんも可愛いけど
妖怪みたいなものだもの。

さて

大掃除はほぼ終わりファイナルの
壁拭きしてます。

脚立と手拭きではなく



このようにフローリングモップに
かぶせてつけるモップで
拭いてます。

昔は脚立と手拭きでしたが
すんごい疲れるし
モップのが力が均一に入るので
上手に拭けることがわかり
それからは無理せずモップでやってます。



モップはいろいろ持ってますが
高いところや天井も軽く持ち上げて使える
花王のクイックルワイパー
が一番です。

ヘッドが軽くて真ん中が膨らんでいるので
しっかり壁に密着できます。

一面拭いただけでこんなに
汚れてますよ。



横浜の家はこんなに汚れなかったのですが
この家は近くに高速道路、幹線道路が
通ってるので汚れちゃうんでしょうか。

そういえば空気清浄機も汚れやすいです。

環境が違うと汚れ方も違うんですね。

年に一度のことなので
ぜひ壁も拭くと家中洗濯したみたいに
サッパリしますよ!

|

2015年12月 2日 (水)

anan 1982号

みなさま大掃除はすすんでますかー?

本日発売のanan 1982号にて
取材協力いたしました。



お掃除だけではなく
収納についての記事も充実してます。

是非ご参考に!




寒くなる前にがんばって〜
りら。

|

2015年11月26日 (木)

大掃除報告

今年の秋は暑いくらいの毎日だわ。。

と思ってたらいきなり初冬になり
昨日は寒かった。

みなさま大掃除はもう始めてます?
それとも師走にやるのかしら。

私は少し遅れたスタートでしたが
着実に進めております。

寒くなる北側から始めてますが
主にクローゼットや物入れの中を
全部出しては拭いてます。





全部出すことで要らないものが
毎年結構な量出てきます。

もう一度収納し直すことで
綺麗に入るし、ものの整理もできますし、
タンスなどの物入れの中ってのは
かなりの埃がたまってるんです。

私はドアの裏、両壁、天井まで
クローゼットの中は
しっかり拭きます。

絞った濡れ雑巾で拭くので
乾くのに時間がかかるので、手順としては
日常掃除の前の15分で大掃除をし、
最後に中が乾いてからしまってます。

それまではこんな風に開け放して乾かします。



ここはキッチンの吊り戸棚。

しっかり乾かないうちに
しまうと湿気てカビの原因になりますから
掃除も手順とタイミングが大切。

また、こうしたプラケースも



どかすと埃がすごいのできちんと
動かせるものは一度動かして
拭き掃除するといいかと思います。



ちなみにプラケースの中身も
全部出して整理して入れ直しました。



歯ブラシは、お取り寄せしてまとめ買い
してるのですがパッケージ全部はずして
まとめたらスッキリしました。

毎年掃除してるのに一年の間で
いらないものが溜まってるもんですねえ。

結構ここも捨てるものがありました。

賃貸マンションなので収納もコンパクトなので
毎日サクサク進んでます。

一応物入れの中を全部こんな感じで
そうじ、整理したら、エアコン解体掃除して
壁拭きしておしまいかな。

本格的に寒〜くなる前にとりあえず
着手して大掃除スタートきっちゃうのが
オススメです。

|

2015年11月10日 (火)

大掃除始めました

うちの主人の会社は秋が人事異動シーズン。

もしやもしや。。。

と思ってましたがやはりまだ
来年も横浜には帰れないことが確定。

ま、まだ2年だものね。
もうちょっと勉強してきなさいってことかな。

てな訳で引越しもなくなったので
晴れて大掃除をせねば。

例年より遅めのスタートですが
11月某日。

大掃除始めました。

まずはいつもここからスタート。

掃除は高いところから、の基本で
脚立を持ってタンスの上。



どのくらい埃が積もってたか
指でなぞったところを点線で囲ってみました。
わかるかなー

マスクをしっかりして、ハンディ掃除機を
かけます。いきなりふくより
大分マシになります。



ほんと、ハンディ掃除機便利ですよ。

そして一定方向に向かって、濡らしたウエス
で埃を拭き取ります。



拭いても埃が消しゴムのカスみたいに
ポロポロするのでまた最後に掃除機をかけました。

あとは換気扇の上とか、
冷蔵庫の上なども。



埃と脂でややねっとりしてます。

なので脂に強いアルコール除菌スプレー
を使いながら拭きました。



きれいになりましたよ。



ついでにガス警報機や冷蔵庫のコンセントも
一度抜いて埃を拭き取りました。



コンセントはここだけではなく全部
一年に何回は、外してふきとりましょうね。

なんちゃら現象で火災の原因になるらしいですよ。

また、こうした埃がすごいところは
必ずマスクをして、できれば
雨の日で無風の日がよいです。

乾燥してると埃が舞い上がってしまいますんで。

ほんの15分程度で家の中の高いところは完了。

日頃のお掃除にプラス
15分の大掃除。それ以上もそれ以下でもない。
ただしなるべく毎日どこかをやっていきます。

これが私の選んだ大掃除術です。

まだまだほんとに寒くなる前に
せめて寒い北側の部屋から
やっつけ始めちゃいましょう。

|

2015年11月 9日 (月)

主婦と生活社 CHANT

主婦と生活社出版
CHANT 12月号で取材協力いたしました。



ほんのちょこっとのコーナー記事ですが
家事が楽になるおすすめグッズを
いくつかご紹介しています。

他にも人気のこんまりさんの収納記事や
私的にはかなり今年はきてるな!
と思う知る人ぞ知る家事えもんさんの
コーナーなどもあり、情報量満載の雑誌ですよ。

家事えもんさんは、他の雑誌にも今後
引っ張りだこになると思います。

汚部屋をみて、僕にとっては
ディズニーランドのようなものですよdiamond
とおっしゃるお方!

掃除だけでなくお料理も上手だし
語り口も優しくて人気でそう。

本職はお笑い芸人さん
らしいのですが。

この秋冬は久々に私もいくつか
お掃除取材頑張りましたので
また掲載ありましたらお知らせいたしまーす!

|

2015年10月29日 (木)

禁断の果実

お風呂場掃除はせっけんの泡まみれで
あそびながらやってみたりもしますが
主に、クエン酸スプレーと残り湯に重曹を
ドバッと入れたものを使って
アクリルたわしや、タイルブラシ、
両面ブラシなどを駆使してやってます。

かんたんそうじは週に二回くらいで、
丁寧掃除を木曜にやってます。

。。。んが、それでもキュッキュ磨いてる
はずなのにいつの間にか
湯垢や石鹸カスなどがこびりついたりします。



よく見るとかなりまだら。

これはクエン酸シップで汚れを浮かしたり
重曹の粉でこすったり、いろいろ
手はあるんですが。

今日はなんとなくストレスが溜まってまして
何時もは奥の手としている
これらを使いました。



昔懐かしテレカとガラケー時代の
着せ替えケータイのりらちゃんのカバー。

かわゆいからとってあるんじゃなくって
この固めのカード状のものを使って
先ほどのこびりついた湯垢を



そう、ゴリゴリこそげとるんです。

無心になってゴリゴリ
ゴリゴリ ゴリゴリ。。。。

カカトにヤスリをかけたり
すね毛を一本ずつ毛抜きで抜いたり
そういった作業、私嫌いじゃありません。

で、こんなに落ちた





ピカー!

でも、これってプラスティクの表面
コーティングをきずつけてもいるんですよね。

汚れはやっぱり分解してふやかして
柔らかくしてから落とすのが正道。

傷が付くと汚れの再付着をしやすくなるんです。

でも今日は、いけないと思っていても
やっちまった。

ゴリゴリ、気持ちよかった。

お風呂場掃除の禁断の果実の味は
美味でした。

|

2015年10月22日 (木)

染抜きプロの技

私のワイシャツお洗濯は、濃いめのセスキスプレーを
襟と袖に吹きかけて、しばらくしてから
ぬるま湯と泡立てた石けん、洗濯ブラシで
予洗いをして洗濯機へINしています。

しかし、たまーに夫が飛ばしてきた
わけのわからない
シミがついていて、セスキで分解しても
石けんで洗ってもどうにもならないことがあります。

そんな時は漂白剤なのですが、我が家には
塩素系の強いものはなくて
酸素系漂白剤の優しいものしかないために
なかなか大変。

つけ置きしたり、お湯でこすったり。

そこで先日テレビでプロの洗濯屋さんが
達人裏技を紹介さしていたので
いっちょやってみることにしました。

ちょうど予洗いしても落ちないシミが。

夫への事情聴取によるとどうやらコーヒーのよう。



このシミの部分を、熱々のお湯を注いだ
マグカップの上にのせます。



酸素系漂白剤は粉なのでお湯で濃いめに
溶かしておきます。



結構濃いめよ。

それを歯ブラシにつけて周りから中心に向かって
たたいてよごれを真ん中へ寄せていきます。



外から中へ寄せるのがコツ。
適当にこすると逆に汚れが広がっちゃうらしい。

おお!とれてきたとれてきた。



漂白剤を洗い落としてみると。。。

きれーにとれた!!



すげー!

さすがプロの技。

ちなみに、汚れのシミが二重になっている時は
油汚れなので、オイルクレンジングを
使うと良いそうです。

カーペットのシミにクレンジングは
知ってたけどなるへそー
同じような油汚れだしね。

マグカップからの湯気で汚れを
ゆるませるのがミソなんだわね。

これ、早くから知ってたら
生地が傷むほどキーーって
こすり洗いしないでもよかった。

みなさんも、やってみてね。

|

«畳掃除と同じです