Sponsored link

|

2014年7月22日 (火)

梅雨明け恒例イベント

東海地方梅雨があけました。

そして。。

毎年梅雨明け恒例のこの、心を鬼にしなければならぬイベント実行。









そうでつ。

りらちゃんと熊雄さん改め、大輔の二人のお風呂。

年に一度のお風呂です。

お風呂場で石けんとシャワーで丁寧に予洗い。




結構つらいでつ。。


その後、洗濯機にドライ用洗剤を泡だてて全体を洗い、二回ほどすすぎ。




この時も洗濯機任せにせず、水が溜まったら
スイッチを一時停止して
手で優しく押し洗い。

綿の中の石けんをよく洗います。

もちろん2人に声をかけながら、
⬆︎これ大事。

最後にドライコースの脱水1分。

タオルで日焼けしないよう保護をして天日干し。




落ちないよう紐でむすんでます。

りらちゃんもつらいけど、わたしもつらかった!

早くかわきますよーに!!

|

2014年7月18日 (金)

ペコ家公開

この家に越してきて半月経ちました。

梅雨明けももくぜんです。

ソファを置いてきたのでごろ寝できるように大きいサイズのい草マットを買いました。
い草の香りに癒されます。



夏になると膝掛け布団やらはんてんこや
りらちゃんのお昼寝ケットやらがなくなりよりスキッとします。

掃除もしやすい。

このキリっとした空間が好き。

反対側はTVボードとダイニングテーブル。



我ながら本当に物がないなあと思います。

私にはインテリアセンスとやらがないので、
潔さと何もない空間こそがインテリアで贅沢だと思ってます。

なんと、コシノジュンコ先生もお宅拝見番組で同じことをおっしゃってました。
先生の仕事部屋もご自宅もスッキリしてとことん片付けられていました。

ダイニングテーブルの反対は食器棚とミニチェスト。



流石に生活用の小物があります。
が、最低限の量。

LDKに面して寝室があります。



収納が結構あるので助かってます。

収納庫も使って7割。きっちりは入れてません。



実はこのスッキリ感にはウラがありまして、
他の6畳一部屋をタンス部屋にして
使わないものは引越しダンボールに入れたままにしてるんです。



転勤なのでまた横浜に帰るのだし
家具も横浜のペコハウスより少ないから収納できないので。

でも、半年暮らしてきて何ら生活に支障がないのでもしかしたら
これらダンボールの中身はいらないものなのか?


転勤引越しは正直言って、青天の霹靂でしたが
改めて自分たちの生活を見直す機会にもなったし
無駄なものを大分省けるようになって身軽になれました。

新しい土地での発見や勉強も沢山出来ましたし
いま、このタイミングで私たち家族に必要なことだったのかも。

今の住まいは新築ではなかったので、越してきた当初は
本当にハウスクリーニングしたんか?(ペコ基準)と思うほどでしたが
床も毎日数ブロックずつに分けてアルカリ電解液とマイクロクロスで磨いて
ベランダも丁寧に泥汚れを磨き落とし最近になってようやく落ち着いた曜日
掃除ができるようになりました。

でも一方でこうして几帳面にキチキチお掃除して綺麗にしてくたびに
この家が好きになり、いつかまたここを離れる時に
横浜の家を出る時と同じ身を引き裂かれるような寂しさを
感じるのではないかと思うと。。。。

掃除もたいがいにせえよ、自分。

と思います。

住まいを愛し、住む土地を愛し、家族を愛し
いろんなことに感謝していつも穏やかに笑っていられる。
そうゆう人に私はなりたい。

無理?


|

2014年7月 9日 (水)

台風

大型の台風が近づいてますね。

関東に住んでいると、なんとなく箱根峠があるので
結局大丈夫かなぁ。なんて思いがちですが
かなりの大型なので最大のご注意を。

私は名古屋での始めての台風。。

ドキドキしてます。

ベランダのものも全部部屋に入れました。




物干し竿も念のため。

大げさ?と思う位がちょうどいいと思います。

どうか大きい災害がおこりませんように。

皆さんもお気をつけてお過ごしください!

|

2014年7月 2日 (水)

排水口が綺麗なわけ

先日の実家の排水口記事の続きです。
なぜお掃除をしていなくてもいつもあんなにピカピカなのか。
その理由を取材してきました。

実は数年前にも記事にしたのですが、その際のみなさんの
反響がすごかったのでリクエストにお応えして再度記事にいたします。

母は言うには排水口は「海の入り口!」なんだそうで
そこへ何も考えずに汚水を流しこむことに非常に抵抗を感じるんだそうです。

そして排水口のぬめりや汚れの原因こそがその汚水を流すから。

「綺麗な水だけ流していれば汚れっこない。」

という当たり前の理由です。

ではどうしているのかといいますと・・・

注意:この先少々生ゴミが写り込んでおりますので
ご注意を。。。

まず汚れた皿や
鍋などはウエスで綺麗に完璧に拭きとってから洗います。



拭きとったウエスや、食べ残しの生ゴミなど
すぐにワンアクションで捨てられるように
フタつきの琺瑯缶がキッチン脇にセットされています。



とにかくなんでも拭きとって捨てるので普通の三角コーナーなどでは
なくフタつきの匂いが比較的つかない琺瑯の缶が一番いいんだそうです。

そして夜にここの生ごみ一式を新聞紙にくるんでゴミ箱に捨てます。

固形のゴミ以外の汚水
(ドレッシングの残りやソースなど水っぽいものすべて)は
ヨーグルトのパックなどの捨ててもよいケースに流して貯めておきます。





これまた夜に新聞紙に吸わせてゴミ箱へ。

直接ゴミ箱へ捨てるのではなく、1~2ステップ踏んでから
生ゴミになるわけです。

私もウエスは使いますが、ここまで徹底的に排水口に対して気を使っていません。

徹底した母の生ごみ処理術。

この方法で日ごろお掃除は大したことをしていなくても
いつもあんなにピカピカで匂いもない美しい・・・・

美しすぎる排水口を20年以上保っているんです。



この排水口にしても家のメンテナンス術、掃除術すべてにおいて
やっぱりお掃除の母には勝てないと思うわけです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

よろしければご協力下さい。
*** 一枚300円 復興ぞうきんプロジェクト ***

|

2014年6月25日 (水)

排水口

ただいま実家に寄生中でございます。

築20年の実家の排水口。







お掃除後ではなくいつもこのくらいの綺麗度です。

いつみても驚きます。

なぜなのか?
どーしてここまでいつも綺麗なのか。

答えは帰ってから。

To Be Continued.....

|

2014年6月13日 (金)

洗濯機大切にしてますか?

梅雨に入りました。

洗濯ものを部屋干しすることも多くなり、じめじめっとした
お洗濯タイムの季節。

お洗濯もののいや~な匂い対策の特集なども
よく見られます。

んが、もちろんこちらのメンテナンスもお忘れなく。

毎日私の代わりにぐるぐる回ってくれる洗濯機です。

私は毎月1日の交換日(フィルターなど消耗品を交換する目安にしている1日)
には洗濯機もクリーナーでメンテナンスしています。

使っているのは酸素系漂白剤。

一袋200円前後です。店頭では塩素系ばかりで
あまり酸素系はありませんが。

残り湯+熱めのお湯で溶かしてしっかり漬け置くのがポイント。

そして洗浄中も無駄にしません。

洗剤がついた指でおしたり、洗濯もののホコリで汚れるスイッチや
フタ部分を拭いたり。



もちろんコードもホコリがまとわりつきます。



水栓などの周りの細かいパーツもホコリをかぶります。



フタの表や裏は微妙なでこぼこがたくさんあるので
そこは掃除棒でほじくります。




また案外普段忘れてしまいがちなのが、洗濯槽の中の縁。

見落としがちなのには理由があります。

洗濯ものが入っていない状態だと、
槽は浮いていて縁の汚れが見えないのです。

水をためると重みで槽がしずんで、普段見えないところが
露出いたします。

ここ、結構ホコリがたまってますよ~



内部の柔軟剤ポケットやフィルターも取り除いてブラシで
洗います。



そうそう、防水バンなどの床周りもきっちり拭きとります。
髪の毛やらゴミがもっさりおちてます。

洗濯機周りの拭き掃除はもちろん週に一度はやってますが
内部までしっかりお掃除するのはこの洗濯槽洗浄中にやります。

もちろん掃除中はコンセントを抜いてます。安全のために。

お掃除をするにあたって気をつけていることのひとつには
安全も考えています。

こうして電化製品のお手入れのときは事故にならないよう
きちんとコンセントを抜いたり
高所の掃除のときは落ちないように脚立とともにしっかりした
足場もかんがえたり、ケガをしないように。

案外お掃除しながらケガしたり、家の中を傷つけたりすることって
多いんです(特に私はうっかり八べえなもんで)。

そんなこんなで安全策を考えて、しっかり取扱説明書をみながら
洗濯機も大切にして愛してあげてください。

少しはいつもより頑張って洗濯してくれるかも・・・ね?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

よろしければご協力下さい。

*** 一枚300円 復興ぞうきんプロジェクト ***

|

2014年6月 5日 (木)

最近みつけた100円もの

東海地方では梅雨に入りました。

少し前まで風が強くて乾燥していた冬から春にかけては
ホコリがメインのおそうじでしたが
この季節ホコリがたたなくなる代わりにカビやらニオイに悩まされますな。

床掃除もモップにホコリがもっさりついていたのに
ここ数日は暑いので窓を開けているからか
黒くなって土ホコリが入ってきてるんだなとわかります。

モップの汚れで季節を感知するおそうじペコです。

おそうじうんちくを語りながらも今日は最近見つけた100円物で
秀逸なのをご紹介いたしますよ。

まずはカインズホームで見つけた洗濯ブラシ。

ワイシャツの襟袖汚れには濃いめのセスキスプレーをして放置
そして洗濯機に入れる前に石鹸をつけてブラシで洗っているのですが
一般的に売っている洗濯ブラシって結構固くないですか?

こんなんでこすったら生地がいたんじまうよ、と思いつつ
力を込めないように気を使いつつ
それでも黒い汚れを落としたくて力の入れ加減が難しかったんですが。

カインズのPB商品のこのブラシは、とてもなめらかでやわらかい。
かつ、毛先が密集しているのでしっかりブラッシングできる。

これを使って思ったのですが、手洗いのときに使う爪ブラシと同じ固さです。

お近くにカインズがない方は大き目の爪ブラシでお試ししてみると
よいかもですぞ。

そして、次にこちらのお米保存キット。
これはダイソーです。

ペットボトルの口にくりくりまわして取り付けることができるのですが
白い部分をひっくり返すとじょうごになるので
お米を入れる時に便利。

カップ部分は計量カップになりこのように
しっかりフタになります。

今まで夏場はお米袋を野菜室に押し込んだりしてましたが
これでスマートに冷蔵庫に保存、計量も楽ちんになりました。

これからの季節とりわけこちらは横浜より高温多湿なんだそうで
きっちりおコメは冷蔵保存しないといけないので買ってみました。

そして最後にセリアの定番品。
知る人ぞ知る、職人歯ブラシ!

100円の歯ブラシなんてねーと思いながら口コミでよかったので
買ってみたらなんと、愛用のGUM191とそん色ない使い心地。

私の主治医のドSドクターにも自慢げに見せたところ
かなり感心しておりました。

しかし、店頭ではなぜかスタンダードではなく先細タイプばっかりあるんです。

先細だと歯茎に刺さって痛いので苦手。

ちゅーことで、あちこちの店舗をジプシーして探すのが面倒で
お取り寄せしてもらいました。

サンキューセリア!

お取り寄せするときはバーコードのJANコードがあると
手っとり早いそうですよ。

ちょっと生活が便利になるいいものが
さらに100円均一で見つかると
すんごく得した気分になるのは私だけではないはず!

金欠のときの買い物欲も手っとり早く満たされるしね!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

よろしければご協力下さい。

*** 一枚300円 復興ぞうきんプロジェクト ***

|

2014年5月22日 (木)

レールの汚れ

現在のリビングはLDKにつながってコの字型に寝室がくっついてます。


横浜のペコハウスは完全に廊下を挟んで寝室とLDKが離れていたので
エアコンも2台必要でしたし色々と面倒でしたが
くっついていると大きな一部屋に暮らしている感覚でとっても便利。

二人暮らしならこの大きさで十分だなあと感じるこのごろ。

ただ、境目に和室にある敷居のようなものが設置してあり
ふすまのような引き戸で仕切るようになっています。

つまり寝室のおふとんから出るホコリがバフバフとLDKにも
舞い上がるわけで、結構ホコリがすごいです。

そして、この敷居のところにもすんごくホコリがたまります。

気づいたら雑巾で拭いたり



ミニ掃除機で毎日吸ったりはしていますがちょっと気を抜くと
雑巾で拭いただけでこんなに!


廊下の巾木レベルのもっさり。
床掃除と同じ頻度でこの敷居にも気を配っています。

引き戸を開け閉めするので当然和室のふすま同様
引き戸の奥にほこりがたまってしまうわけで・・

ここで昔ご紹介しました輪ゴムが便利。
輪ゴムを挟んでから引き戸を何度か開け閉めすると



ホコリをからめとって輪ゴムが出てきます。


ドアを取り外して掃除すればいいのですが
はめられなくなっちゃったら大変ですのでこの方法で
見えないホコリを取り除いてます。

ちなみに、ドアや引き戸は床のレール部分が汚れているということは
同じくらいにこうした枠木のところも静電気などで
ハウスダストがこびりついてます。

ここもしっかり拭かないとね。

汚れは3Dなのだ。

それにしても・・和室じゃなくて両方洋室でフローリングなのに
なんでここは和室用の敷居なんでしょうか。

ステンレスのレールのほうがお手入れしやすかったのになあと
などと思っております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

よろしければご協力下さい。

*** 一枚300円 復興ぞうきんプロジェクト ***

|

2014年5月14日 (水)

排水溝ブラシ

ベランダの排水溝用ブラシとチリトリを愛用してきました。



この細さが丁度ピッタリでとてもいい。
初めてホームセンターで見つけた時はうまいもんを
考えつくもんだ、と小躍りして買ったものです。

最近では随分広まってきてついに100円ショップにも降臨していました。shine

ほんと、100均の主婦心をつかむ早技はすごいと思います。

長く使うと箒そのものもだいぶ痛んでくるので
そろそろ買い換えようか?と思いつつチリトリのほうは丈夫なのでもったいないな・・
と思っていました。

そこで、箒だけぴったりサイズのものを見つけました。



本来はおそらくテーブルの上などのチリを掃くもの。

穂先が長くてやわらかいので砂ほこりなどをあつめやすくてとってもいいです。



しかし、やわらかすぎるので少し水気をおびたり粘度がある土汚れは集めにくい。

よく乾燥した日のお掃除オンリーかな。

残ったホコリはウエスなどできちっと拭きとれば綺麗になります。



Before



After



毎回おとなりの排水溝とうちの排水溝の境目がくっきり
綺麗にわかるほど綺麗にしてしまうのでお隣の奥さんにはストレスだろうな・・・

と思いつつ。

ここが綺麗じゃないとベランダが気持ち悪いので仕方ない。

梅雨に入る前にしっかり綺麗にしておきたいお掃除ポイントですよ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

よろしければご協力下さい。

*** 一枚300円 復興ぞうきんプロジェクト ***

|

2014年5月12日 (月)

梅雨の前に

朝日新聞の別冊「スタイルアサヒ」6月号にて梅雨の前のお掃除について取材協力しました。





今の家でのお掃除シーンを沢山掲載しています。

お片づけ部門はコジマックスさん、トイレ掃除部門はトイレクリーンマイスターの佐藤満春さん。

画像たくさんで読み応えありますよ。
是非機会があったら読んでくださいませ。


|

«失敗シート