« アロマデビュー | トップページ | 夏こそ和 »

2006年6月21日 (水)

今日も漢方

てのひらの赤いぶつぶつはどうやら洗剤かぶれではなく
カンポウ(汗胞)みたいです。

大分よくなってきてはいるのですが、汗の季節なので
完治できそうにありません。(__)
体の中から治そうと、かかりつけの漢方医院へ行きました。

先生いつものお腹触ったり、脈とったりのほかに
患部をじーと見て、触ってと時間をかけて丹念に診てくださいました。
漢方治療のよいところは、悪いところだけを断片的に診るのではなく
全身でとらえてくれるところ。
特に私の先生(女医さん)は、いつも穏やかに優しく私の話を聞いてくださいます。
これってメンタル面でもかなりポイント高いです。

今日は体の水分バランスを調整してくれる「ゴレイサン」と、
漢方とは相性がよいとされている西洋薬「グランダキシン錠」
を処方。今飲んでいるのと一緒に飲んでいきます。

ちょっとお小水が近くなるらしい・・
私普段からオトイレちかい方なんだけどな~夜寝れるかな

でもこれで私の体の水毒が排出されてよくなるといいなあ。
てか、手袋生活暑いのよ、蒸れて。

|

« アロマデビュー | トップページ | 夏こそ和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロマデビュー | トップページ | 夏こそ和 »