« かぼちゃ煮ながらナチュクリ | トップページ | 節分 »

2007年2月 2日 (金)

泣きっ面にハチ!

今日は一日クリニック三昧でした。

前の病院ではレントゲン貸与だけではなく、
詳細に今までの経緯を書いた紹介状も用意していてくれました。
お陰で今日の専門クリニックでの
診察がとてもスムースにいきました。
(あいかわらず2時間待ちましたけど)

レントゲン、肺活量、血液検査の結果診断は
「咳喘息」または「喘息様気管支炎」だそうで
これは女性に多く、やっぱり長くかかるんだそうです。

でも肺炎とか、結核ではなかったので一安心。
気になる経口ステロイドについても
きちんと説明をいただきました。

5日間の短期投与なら副作用も心配はないそうです。
ただ、私は5日服用してもあまり変化がなかったようです。
(先生は、最初にきついステロイドでしつこい炎症をたたこうと思ったようです。)

というわけで、地道~に治療していきましょうということでした。
ちなみに「アルコールはアレルギー症状を酷くするので
基本的には禁酒
」とやっぱり言われてしまいました。

お正月くらいからずっと飲んじゃっていたんですよね~
うえ~毎日の楽しみが。
(青ポットさんなら耐えられまい。)

帰りにレントゲンを返却しながら先生と看護師さんたちに
菓子折りを持っていきました。
セカンドオピニオン制とはいえ、私のために
長い経過報告書を手書きでしたためてくださった先生の
気持ちと好意がとてもありがたかったので。

さて、話は変わって昨日の出来事。

(今日は長いよ)

我が家のノートPCはダイニングの一角に置いております。

しかし寒がりの私はホットカーペットの上で
PCをしたいがためにこのように電話横のモデムから
長~いケーブルをつなげて延ばして・・・

延ばして・・・

Ana2_1

延ばしまして、リビングまで持ち込んで
このようにネットをしたりしております。
(りらちゃんも楽しんでます。
そんなに画面に寄って目悪くするよ!)

Ana3_1

そして昨日の夕方のこと。(ここで大体予想はつきますね・・・)

「そんじゃそろそろ夕食の支度でもするかね」

とキッチンへ向かおうとした私は
最近すっかり引きこもりが故に弱っている足腰の為か
足元がからみ、

「オット!」

ケーブルに足を見事ひっかけて横転。そして

「ガラガッシャ~~~~~ン」

電話機とモデムが見事床に叩き落されました。

もうびっくりしゃっくり、
心臓が口から飛び出すかと思っちゃいました。
とりあえず、電話機とモデムを元に戻して
床を見ると・・・

あっ、何これ。。。

画像で見るとかすり傷のようですが
実際はけっこうな大きさの穴が開いています。

Ana5_1

我が家は中古なので、家のところどころに小さい傷や
リペアした痕などが数々あり、ピッカピカなわけではないのですが
流石に自分で初めてつけてしまった傷はかなりショック。

うう、なんてこったい。
これが夫の仕業ならなじったり恨んだりもできるけど
自分でやったことだけに、やり場がない。

おうちの買い置きメンテナンスグッズの中から
使えそうなこのグッズでとりあえずリペアすることにしました。

Ana4_2

一番濃い色が目立たなそうだな。
ゴリゴリゴリと、穴を埋めるようにしてこすっていきます。

Ana6_1

その後、ウエスで軽くこすってみると
表面のデゴボコしたものがなめらかに・・

Ana7_1

さらに丹念にこすって、仕上がり。
よ~く近寄って見なければわからない?

Ana8_2

100円商品の傷かくしですが、なかなかいい仕事をしてくれました。
よ~し、このまま黙っていよう。

と思っていたら、電話機本体のフタが閉まらない。
どうやら落とした衝撃でFAX部分のどこかが折れてしまった模様。。。

保証書を見たら1年以内だったのですが、
メーカー規定により「自己過失による故障は有償」。

もうこのまま放置しとけ~

と思ったりもしたのですが、
切れた電球をすぐに取り替えないと運気が下がるのと一緒で
壊れたものはやっぱり気分悪いので
ちゃんと今日病院の前に電気屋さんに持っていきました。

「おそらく1万円前後だと思います。」

だそうです。ハイ。

実は前日洗面所の蛇口の閉まりが悪いので
リフォーム屋さんに見積もってもらったところ
特殊型なのでパッキン等一式お取り寄せで
工事費込み「1万円前後だと思います。」
との連絡をいただいたばかりでした。

そういえば、月曜の検査代も1万円超えだったな。

そういえば、来月地震保険の引き落としが「1万8000円だったな」

そういえば、さ来月は自動車保険の年払いで「2万5000円くらいだったな」

そんでもって春には固定資産税が16万円くらいだし、自動車税約4万円

エ~ト、エ~ト・・・・

・・・・・・・・・・。

とりあえずは、今日一日元気で
(お酒呑めないけど)ご飯も美味しく食べれて
夜も眠れるんだからそれだけで充分幸せと思おう。

お金のことは、きっとどうにかなるような気がします。

クリスチャンはお金については
神様が必要な分だけきっと用意してくださる
というスタンスなんです。

それが今まで私はできていなかったように思います。
だから、きっとこれはいい試練というか勉強なのかな。

ううっ。

|

« かぼちゃ煮ながらナチュクリ | トップページ | 節分 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

オレンジペコさん、気管支や喉がまだ大変でしょうが、肺炎や結核でなかった分だけ安心ですね。私も気管支が弱く、以前長い期間「ヒューヒュー」って息の音がしたときはちょっとドキドキしたものでした。
無理せず、ゆっくり元気になってくださいね。
(こんなときは妄想族の大活躍ですよ♪)

床の傷は我が家も結構悩みです。
私はそそっかしいので、よく物を落っことしてはドキドキしてます。
物も壊れるし、傷もつくし、ワーンうち賃貸なんだよ~出るとき大丈夫か?って(泣笑)持ち家なら?いやぁ・・・同じかな(笑)
それより何より「神様が必要な分だけきっと用意してくださる」
という考え方はいいですね。私はクリスチャンではありませんが、近頃「必要なものは神様が与えてくれる」と思うようにしています。
この場合の神は、広い意味で特定のものではないですが。
なんでも前向き、いいように、いい加減に考えるって事で
全てはうまくいく?ってことでしょうか?


投稿: torizoh | 2007年2月 2日 (金) 19時02分

ペコさん、こんばんは。
うわ〜大変でしたね。
しかし見事にリペアできちゃってさすがですね。うちはもう傷だらけ。
おうちを大事にしたい、という気持ちが伝わってきてちょっと反省。

何事も必要だから起きていること、ってあるかもしれませんね。
うちは週末に洗濯機買い替える予定なのですが、これも必然……と思わないとやってられないというか。
突発的な事情で突然修繕費がかかったりすると凹みますよね。
これまた何かいいことの起きる前触れかも知れませんよ♪(美輪明宏さんの正負の法則的にはこれ絶対)
ではまた〜。

投稿: sonica | 2007年2月 2日 (金) 19時25分

こんばんは。ぺこさん、お怪我がなく、良かったです。落ちたのが、りらっくまちゃんとパソコン本体でも大変だったし、電話機さんには災難でしたが、まあ、痛いの痛いの飛んでいけー、って感じで治してもらうということで・・。
それにしても、不思議なことに不意の出費って、なぜか続くものですね。でもでも、出費が続いたあとは、不意の入金が続いたりして・・。
病院の先生方、良心的で本当に良かったです。困ったときや不安なときに親切にしてもらえるって、ありがたいですね。でも、これもペコさんの、人徳だと思います。ペコさんの普段の何気ないやさしさや親切が、そういうときに戻ってくるのだと思います。
私もぜんそくの持病があり、苦しさや薬への不安、よくわかります。ステロイドを含め、相当強い薬ものみましたが、今はお陰様で、副作用もなく元気です。
ペコさんが、一日も早く回復されるよう祈っております。

投稿: はっぴーめぐ | 2007年2月 2日 (金) 22時13分

ペコさん、おはようございまーす。

コードに足を引っ掛けてモノをがっしゃーん。
やっちゃうんですよね~。私の場合、ミシンとアイロンのコードにひっかかって、しょちゅう何かをなぎ倒してます。
それから、修理代ほど、がっくりくる支払いってないですよね……。

でも、床のキズをすぐさまリペアなさるあたり、さすが!!と思います。やっぱりペコさん。こういうところにとても憧れます。私なら、そのまま放置……。

お金についての「神様が必要な分だけきっと用意してくださる」という考え、いい意味でお金に対して鷹揚になれる気がしますね、わたしもそう思うことにしよっと。
ちょっとズレちゃうんですが、先日、ラジオである女性医師の方がおっしゃってたことで、「大変な目に遭っていると『どうして私だけこんな目に?』なんて落ち込んだり何かに恨みをぶつけてしまいそうになるかもしれないけれど、大変な目に遭う人は、それを乗り越えるだけのキャパシティがあるからです」というのがとても印象的でした。
お金も似たように考えればいいんだー、なんて(こじつけ)、こないだPC修理代を払ったばかりなのに、物欲が続く自分に言い訳したりして(爆)。

あと、事後になってしまって申し訳ないです。わたしのブログで、こちらでのペコさんのレスを引用させていただきましたので、ご報告いたします…。

投稿: Rica | 2007年2月 3日 (土) 10時55分

torizohさんへ

床の傷はビビリますよね~。
賃貸の場合、壁紙やふすまの補修費は確か
半分以上家主さんが払ってくれるとか。
私はこの前のマンションは4年住みましたが
ほとんど敷金が戻ってきました。

もともとカタチあるものは壊れるという考えなので
上手に補修できればいいかなという思いもあります。

神様というと、曖昧な存在ですが
私もクリスチャンになる前は世の中のルールを仕切る
絶対的な存在は感じていました。
そんな力に向かって逆らってもどうにもならないし
というところはありました。

お金だけではなく、必要なモノも時間も経験も
回り物と思ってジタバタしないのが一番なのかもしれませんね。

sonicaさんへ

ヘルシオ導入後にまたも大きなお買い物ですか!
凄い~
でもほんと、かかる時は次から次にかかるものですね。
次に良いことが起こる前触れなのだとしたら
1万や~2万や~10万は~安いもんだ!
と思えてきます。
電化製品は連鎖反応があるのでしょうか、
うちも冷蔵庫、レンジ、洗濯機と、ともに11年選手なので
ちょっとビクビクです。
しかし、地球環境的には新しい電化製品の方が
よりよいみたいですね。ノンフロン対応とか。
節電効果もありそうですし。
やはり、買い替え時=その時なのかも。

はっぴーめぐさんへ

いつも優しいお言葉ありがとうございます。
めぐさんも、呼吸器が弱いのでしたね。
今は大丈夫なのかな、それは何よりです。
健康第一ですものね。

先生の配慮は本当にありがたかったです。
特に不安一杯の中、主治医の先生がしたためてくださった
紹介状の中に「xxxxというわけで、どうぞ宜しくお願いします」
という一文がチラっと見えて
とても嬉しかったのです。
そして同時にセカンドオピニオンの重要性も
感じました。
病気はお医者さん任せではなく、日常生活の注意や
きちんと治療したり、勉強したりと
自分でも治す努力をしていかないといけないのだな~と。
早く闘病記ばかりでなく、楽しい記事ばかりのブログになるよう
がんばりたいと思います。

Ricaさんへ

ミシンのがっしゃ~んもなんかすごそうですね。
重たい分どこか割れちゃったりしたら。オオノウ。

不意の出費も、困難もきっと必要なことだから
起こったのだろうし
必ず乗り越えられるし、用意されると思うことで
頑張れるのかもしれません。
そして、その女医さんの仰る通りに
キャパオーバーにならないようにできているに違いない。
だからきっと、がんばれるゾー。

RicaさんもPCの修理代分何かをきっと得るだろうし
これからいいことが待ってるんだと思います。
きっと、そう!

ブログでの私のコメント紹介ありがとうございます。
なんだかテレちゃうな。


投稿: ぺこ | 2007年2月 5日 (月) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かぼちゃ煮ながらナチュクリ | トップページ | 節分 »