« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

カンタン無添加だし2

あ!っという間に春めいてきて桜も咲き始めましたね。
ひとつの季節が終わろうとしています。

そして新しい季節!
これから夏にかけてどんどん陽気も暖かくなるし
是非私の体調も上向きになっていって欲しいものです。
そのうち治るだろう!と自分を励ましてはいるものの
3ヶ月も続くとやはり少々焦ります。
治んないのかな。。
本格的な喘息になってるのかな。。。

お薬も色々と変えてもらっていますが
よくなったり、悪くなったりの繰り返し。
スッキリ気分よく呼吸できたのはいつの日か。

ちょい、病負けしそうなわたくしですが
幸い?イースターに向けて色々と教会のお仕事があるので
自分を叱咤しつつ頑張っております。

さて、先月にミキサーを使ってカンタン無添加だしを作りました。
無添加で、美味しいしとても便利なだしなのですが
少量しか作れないミルミキサーのためにとても大変な作業でした。

過去記事はこちら。

コメントの中に「私は普通のミキサーで作ってますよ。」
というアドバイスをいただいておりました。
というわけで、今回は1回で作ってしまおうと
大きい方でやってみました。

Dashi

材料は「かつお粉」「しいたけ」の2種。
コンブは、私は甲状腺が弱いので使えません。
(海藻類はあまり摂らないようにと言われてます。)

底の方(カッターの方)に手でちぎったしいたけを
上にかつお粉の順番に入れて
スイッチオン!!

15秒ほど砕きましたが、
底部分しか砕けてないのがわかります。

Dashi2

フタをあけて、このように
中身を攪拌しながら繰り返すこと数回。

Dashi3

ちゃんとできました~。
よく見ると砕けきれてないしいたけの破片がチラホラ見えますが
まあこれはご愛嬌ということで。

Dashi4

ミルミキサーで作ったあの苦労はなんだったのか。
これなら1回でOKなので本当にラクチンです。
この無添加だし、実家の母などに大好評なので
いっぱい作って色んな人にプレゼントしようかなと思います。

私の周りでは案外「出汁」をちゃんととっている人が少なくて
でも、化学調味料を使うことになんとなく抵抗もあるらしく
そういう人にとっては大変便利なようです。

煮物に入れても美味しいんですヨ!

ランキングに参加しています☆
*応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*


Blogranking


Fc2 

| | コメント (10)

2007年3月26日 (月)

重曹でフィルター掃除

今週あたりからようやく本格的な春になりそうですね!
でも今の時期何を着たらよいか迷いませんか。
週末に春ものを出したものの、
いきなりカットソーだけっていうのも心もとなくて
つい薄手ニットばかりに手がのびてしまいます。

春ものはもう買わないつもりだったけど
襟ぐりの開いたカットソーと重ね着できる
ハイネックのコットンカットソーが欲しいなあと思うこの頃。

さて、夏にむけて少しエアコンを休ませてあげようと
久々にフィルターのお手入れをしました。
寝室などあまりつけないところは
軽く掃除機で吸う程度でOKなのですが
一番フル稼働していたリビングのエアコンは
12月に1度徹底的にやってから
あと2回くらい軽くお手入れしていただけだったので
結構汚れちゃっていました。

そこで、前回ドライヤーのお手入れ時と同じく
濃い目の重曹液に漬け込み洗いをしてみました。

Filter

30分ほどすると、ウヨウヨ~と吸着していたホコリが
浮いてきます。

Filter2

あとは軽くブラシでこすりながら水で流して
乾かしておしまい。
スッキリきれいになりました。

Filter3

掃除機だと隅っこの方とかどうしても吸いきれないし
かえってホコリが舞ってしまうことがあるので
漬け込み洗いの方が結果的には楽かもしれません。

ところで、エアコンの洗浄って
どのくらいのペースでやったらいいのでしょう。
うちは2年に1回くらい業者さんにお願いしてます。
毎年やれば完璧なのだろうけど
作業代1万円前後でけっこう高いから
躊躇しちゃうんですよね。

明日はまたまた病院です。
病院は近いのですが、なにしろ混むから
半日がかりになってしまいウンザリ。
次回は1ヶ月後とかになるといいな~。

ランキングに参加しています☆
*応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*


Blogranking


Fc2 

| | コメント (3)

2007年3月23日 (金)

究極のアクリルタワシ

Pre_1

様々な形や編み方にトライして何度も試行錯誤した結果
「これが一番使い易い!」とたどり着いたものなので「究極」がついてます。

作り始めた当初のものは「スポンジ」をイメージして
空気を入れるようにゆる~く長編みをしたものを
さらに2枚重ねにした厚手のものでした。大きさも小さめ。

Tawasi_1

でもよく考えたらアクリルタワシは石けんすら使わずに洗えるものなので
「スポンジ」のような使用感を求める必要がない。
しかも、これでは厚手すぎてボコボコして
細かいところや平べったいお皿を洗いづらいし
網目がすき間だらけなので掃除もやりにくい。

で、色々試した結果「きちきち」のコマ編みで平べったく、
大きめサイズで、形は丸いもの
が一番使い易いという結論になりました。
イメージは「スポンジ」ではなく「マイクロファイバークロス」。

Atawashi6

キチキチに編んでいるので、石けんを使った時も泡立つし
力を込めてこすってもOK。そして頑丈なのでなかなかほころびず長持ちします。

メールをいただいた方の中に
いまいち作り方のイメージがつかめません
というご意見をいただいたので、
アクリルタワシの作り方を載せてみました。
長くなるので続きにつなげます。
興味のある方はご覧下さい。

 shine掃除ブログランキング参加中ですshine

↓画像をクリックで投票になります。
応援よろしくお願いいたします。

 

続きを読む "究極のアクリルタワシ"

| | コメント (8)

2007年3月22日 (木)

雑穀米

このごろ雑穀米を混ぜてご飯を炊いています。
おなじみCOOPの商品です。

Zakkoku

白米3合に対し一袋(30g)なのですが
ケチって2合に対して半分しか入れてません。

でも充分美味しいです。
もち米みたいにモッチモチ。

Zakkoku2

主人の朝食おにぎりも、夕食時のおかゆさんも
雑穀米で作っています。
押麦だけ混ぜても美味しいです。

ランキングに参加しています。現在15位前後で奮闘中~
*応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*


Blogranking


Fc2 

| | コメント (11)

2007年3月17日 (土)

レシピブック

ここのところクックパットに首ったけの私ですが
他にも味の素の「レシピ大百科」さんなども愛用しています。
ここは材料から逆検索できるので
残った食材で何ができるか組み立てられて大変便利。

今ハマっているDSソフトの「もっと脳トレ」の川島教授によると
お料理の手順を頭の中で組み立てることは
効果的な脳トレになるそうで、だからカンタン手抜き料理ばかりだと
脳が退化しちゃうそうなんですよ~。
普段は生協の魚+野菜の煮物+豆腐料理 が基本パターンなので
たまには手の込んだ料理をしないといけませんね。

ちなみに脳トレでは初日60代(!)だった私ですが
現在やっと実年齢(30代)になりました。
目指すは20代の脳!!
お肌も20代を目指したいところだけど
無理なのでせめて脳ミソだけでもね!

脱線しましたが、そんな訳で私の生活に宅配生協さんと
ネットが普及するにつれて、お料理本の必要性がなくなり、
古本屋さんで売ったりして処分しました。

でも時には基本のあわせ調味料(すし酢の作り方とか)をふと
思い出せなくなったりもするので、必要な箇所は切り取って
雑誌に載ってる気になるレシピの切り抜き記事と合わせて
ファイルブックにいれて1冊にまとめてます。

Recipi

でもこういう気まぐれ料理って1回作って
あとリピすることって少ないんですよね~。

一番閲覧頻度が高い「基本の調味料」は
開かずぱぱっと見れる背表紙に入れてます。
そのためにクリアなファイルを使ってます。

Recipi2

ぐ~っと手で押さえると最後のページが見えるしくみ。
このレシピファイルが入っているのは

Book_2

もちろんすぐ見れるようにキッチンの中。
流しの向かい側においてあるワゴンカウンターの中。

Book2_1

真ん中の段に入れてます。
これまた丁度取り出しやすい高さ。
ここまで自分で自分に気を使う私って一体・・・

ちなみに上の段にはコーヒーとお茶。
下の段にはクエン酸やセスキやハーブなど
ナチュクリの材料を保存してます。

結局私が現在所持している料理本はレシピファイルと
オーブンレンジについてきたクッキングブック(オーブン料理が載ってる)と
気の迷いで買った「おはよ○奥さん」の付録の3冊です。

Book3_1

ちなみにDSのソフトでもこんなのが昨年末に発売されてるんですね。
「健康レシピ1000 DS献立全集」

これ↑今チェックしています。
もうちょっと値段が落ち着いてきたら中古で買おうかな~。

応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*

Blogranking


Fc2 

| | コメント (7)

2007年3月12日 (月)

炊飯器でホっとCake

もうすぐ本格的な春が来ます。

私的には、教会暦のイースター(今年は4月8日)頃には
体も完全に回復して仕事も決まっているのかな~なんて
ひそかに想像していたのですが
このごろ花粉の影響なのか、咳喘息が少しぶり返してます。

この病気は一見治ったように感じても
実は気管支が炎症をくすぶらせているだけで
何かがキッカケとなって再燃するという特徴があります。
完治するのに半年~1年かかるケースもあるとか!
いやだな~。

ちょっとばかり気管支の不快感があっても
遊びでお出かけの時は「ま、いっか。明日寝てれば。」で済まされますが
これが仕事中となると「悪化したらどうしよう。仕事休めないし~」となって
その気持ちがストレスとなって実際悪化、となりそうです。
今でも充分求人紙とか見ながら「あ~ここ面接受けてみたい!」
とプチストレスはあるんですけれど。

主人には「自分本位で安易に仕事を決めて、また悪化したら本末転倒だよ。
仕事先にも迷惑!」といさめられています。
もともと彼は(無理強いはしませんが)私には
家にいて欲しい人ということもあるんですけれど。

このまま専業主婦を極める方が
私には向いてるのかなあ~とも思ったり。
焦らずよく考えようと思います。

さて、前回の最後に紹介した
炊飯器でホットケーキを作る記事について
丁度週末にまた焼いた(炊いた)ので写真を撮りました。

まずは、ホットケーキミックスと卵、牛乳等の
普通の材料を直接おかまに投入します。

Hot_1

前回は牛乳に浸したレーズンを入れましたが
今回はチョコチップがあったのでチョコをいれました。
一回ここで生地を混ぜます。

さらにココアがあったので、大さじ2~3を
加えて完全に混ぜずにマーブル状に。

Hot2

直接おかまで混ぜたので淵に生地がへばりついていたので
最後にヘラで綺麗にこすり、形を整えます。

あとは普通に炊飯を押します。
出来上がりはこちら。

Hot3

フライパンで焼くよりもフックラします。
焼くというより蒸すイメージになるのかな。

4分の1に切り分けたところ。

Hot4

底の部分を上に盛り付けたので
チョコチップが見えて美味しそう~。
ココアとチョコで充分甘いので
シロップなしでいただけました。

カンタンなのですが、ご飯を炊くコースだと
水に浸す時間と、蒸らしの時間が込まれているので
早炊きコース(浸水時間を省いている)があれば
早炊きで焼いて、最後の方に中身をみて
出来上がってたらOKではないでしょうか。

炊飯器ってお惣菜や煮物などもできるそうですね。
やってみようかな~。
だけど電気代はどうなのかな??

ランキングに参加しています。現在15位前後で奮闘中~
*応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*

Blogranking


Fc2 

| | コメント (4)

2007年3月 8日 (木)

クックパッド

ここのところ来客が続きます。

私はお菓子の手作りとかあまりしない人なので
おもてなしは、たいがい買ってきた茶菓子などを利用していました。
しかし「テイネイな暮らし」を心がけるオレンジペコとしては
ひとつ「手作り菓子でおもてなし」をしてみようかしらと。

いいタイミングで最近青ポットさんに教えていただいた
クッキングサイト「COOKPAD」にハマっていて
お菓子初心者の私でも出来るホットケーキミックスを使った
レシピがいくつか頭に入っていましたので早速。

ジャガイモのすりつぶしたものを入れたジャーマンブレッド。

Mix_1

ドーム状に整えて、切り込みを入れると

Mix2

ぱっくり十文字に開いてます。ウフフ楽しい。

そしてヨーグルトを混ぜた食パン感覚ブレッド。

Cake

これまた材料を混ぜて焼くだけで

Cake2

こんがりふっくら。本当にパンみたい~

いずれもモトはホットケーキミックスなので
ホンノリ甘い蒸しパンのような感じです。
スペイン風オムレツと、オニオンスープをつけて
カフェ風ランチのおもてなし。

Lunch_1

ノーマルなホットケーキもそのまま
炊飯器でご飯を炊くようにスイッチポンで
炊くと、ケーキみたいにフックラするんですよ。

Lunch2_1

牛乳に少し漬け込んだレーズンを入れました。
バナナとかクルミを入れても美味しそう。
パンやケーキを手作りとなるとハードルが高いけど
これならカンタンに楽しめますね~。

なにより、買ってきたものより心がこもっています。
経済的だしね!

ランキングに参加しています。現在15位前後で奮闘中~
*応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*

Blogranking


Fc2 

| | コメント (12)

2007年3月 6日 (火)

アロマで癒しを

昨日の石けんのカケラ記事に沢山のコメありがとうございます。
皆さん石けんラブなんだな~と嬉しくなりました。
同時に色んな情報や技を教えていただけるので
二重にうれしいっ!

さて先日、ナチュラルサイコスさんで注文した
EO(エッセンシャルオイル)が届きました。
1500円以上注文したので送料無料!

「まったく!またまたおかあちゃまはネットで買い物ちたのね。
でもアロマはあたちも好きだからいいわ。」

Eo_1

誇らしげにリラちゃんが持っている
地味な封筒に入って郵送されました。

Eo2

中身は、10ml入りのEOが4本
(オレンジ、ユーカリ、ローズマリー、ラベンダー)
と、クエン酸リンス用にローズのドライハーブ。

これだけ買っても1600円少々。
無印等のEOが5mlで1000円前後なのに比べて
こちらは2倍の10mlで値段が平均350円
目を疑うお値段です。インターネットってすごいねえ。

かつては、EOが高くて薬局で買ってきた
ハッカ油をペパーミントオイルだと自分を騙し
お祭りのかほりに擬似アロマを体験した私ですが
なさけない過去記事
これでケチらずに思う存分アロマを楽しむことができます!

早速花粉症対策に選んだユーカリをお風呂場アロマに
とりいれて湯船に漬かりながら、シッカリ癒されました。
お風呂場アロマの利用方法

それから、掃除機の紙パックには
ローズマリーのEOを数的垂らしたティシューを。

Aroma_1

一度やってみたかったんですよね~。
掃除機をかけながらお部屋全体が爽やかなアロマ一杯になりました。
紙パックに直接垂らすと、沁みちゃうので
このようにティシューに垂らすのをオススメします。

あとは、香りがすっかりとんでしまった玄関のポプリに
ラベンダーを垂らして復活させました。

Aroma4

それからそれから、トイレの芳香剤が丁度切れていたので
重曹アロマを作りました。(作り方はこちら
これもラベンダーの香り。

Aroma2_1

Aroma3

トイレの芳香剤ほど香らないので
この効果はこれから様子見ですが
これで充分なら芳香剤ももう買うのはやめようと思います。

ほんと、ナチュクリ生活を始めてからというもの
ドラッグストアに行かなくなりました。

お部屋のあちこちがEOの香りに満たされています。
今日は花粉症の症状が酷いのですが
ふとした時にピリッとしたハーブの香りがすると
ほんのちょっとだけクシャミが止まる気がします。
手作りクエン酸リンスの時にも感じましたが
ハーブにはきちんと薬効があるんだな~と実感。

アロマについて本気で勉強したらもっと色々楽しめそう。

ランキングに参加しています。現在15位前後で奮闘中~
*応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*


Blogranking


Fc2

| | コメント (6)

2007年3月 5日 (月)

石けんのカケラ

石けんラブな記事が続きます。

石けんユーザーの皆さんは
最後のほうのカケラをどのように扱ってるのでしょうか。

一番手っ取り早いのはおニュー石けんに
くっつけちゃう方法ですが、以前の記事でも書きましたが
これは風水的にNGだと知って、やめようと思いました。
くっつけたつもりが剥がれちゃってストレスになったりもするし。

そうこう思っているうちにまたカケラができました。
今度はお湯に浸して少し溶かしてみることに。

Kake

でもどうして最後のカケラの石けんて
硬くなって泡立たなくなるんでしょうね。

そうそう、キッチンのアクリルタワシを
このようにフックにひっかけておくことにしました。
ブログ仲間の青ポットさんちで
やられているのを思い出してマネっこ。

Kake2 Kake3

スポンジ受けを撤去したのでシンクが広々使えます。
アクリルタワシがあれば、スポンジもスコッチブラシもいらなくなったのです。

さて、カケラ石けんを一晩浸したところです。

Kakera_1

とろっとした上澄みが出来ています。
カケラそのものはやっぱり溶けないで残ってます。

Kakera2_1

上澄みだけを手にとって泡立ててみましたが
ちゃんと泡立ちました。

Kakera3_1

上澄みも使えますが、カケラそのものも
柔らかくなって泡立ちが復活した感じ。

と、いうことでこれからは石けんカケラは
キッチンでお水に浸しながら
上澄みと柔らかくした本体を再利用していこうと思います。
(見えずらいけど、ヒタヒタのお水が入ってます)

Kakera4_1

右端にあるのは匂い消し効果があるステンレス石けん。
効果はあるんだけど、ステンレス石けんそのものを
あとで洗わないといけないので二度手間な気もしてますxxx。

ランキングに参加しています。現在15位前後で奮闘中~
*応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*


Blogranking


Fc2

| | コメント (13)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »