« 重曹談議 | トップページ | 野菜タップリ »

2007年5月21日 (月)

思い出箱のその後

この記事は、今回の咳喘息を完治してから
書こうとあたためていた内容です。
でも、記事の内容を忘れてしまいそうなので
覚えているうちに書き留めておこうと思います。

思い出箱の宿題を出されたのは去年の12月。
その内容や皆さんからのコメントはこちらの記事です。

実はあの記事のコメントを読んでから
自分の中のあいまいだった基準がキッパリと定まり
勢いがついたところで一気に片付けをすることができました。

その基準とは「使わないものでも、それがあることでモチベーションや
幸せな気持ちがUPするものは無理に捨てることはない!」
これでした。

使わないもの、過去を振り返るものは全ていらない。
持ってても利用価値のないものだもの。
↑概念上ではそうなのですが、やはり自分の過去の履歴となると
そうはバッサリと切り捨てられません。
かといって、どれもこれも・・と大事にとっておいたところで
いづれ誰かが処分しなくてはならない。
子供を持たない私達夫婦にとって
身の回りを小奇麗に保ち、なるべく身内に迷惑をかけない最期にしなくては。
という覚悟がいつも密かにあるのです。

で、今回の新しい基準を胸に
「今の自分にこれは必要か、そうでないか」を問いただしながら
選別をしていきました。

その結果。思い出箱の中身80%はいらないものでした。
学校の卒業アルバムとか、成績表、幼稚園時代の作品などなど。
最近のものでは、結婚式にもらった祝電。

Albam3

これは一部の画像ですが、本当はもっと沢山ありました。
一番大変だったのは、アルバムや写真類。

Albam

昔のアルバムってこうしたリング状のものが殆どなんですよね。
面倒だけれど、リングの部分もきちんとスパナで切って分別しました。

Albam4

そして気に入ったもの、状態のよいものだけを厳選して
あとは剥がしてビリビリやぶいて捨てることに。

Albam5

で、赤子時代から最近のものまで
1冊のアルバムに纏めました。

Albam2

これと同じ作業を主人の思い出箱の分もやりました。
そしてみかん箱4箱分はあった二人の思い出箱は

Hako

浅型のプラケース1個に収まるほどコンパクトに。

私たちがどれだけ両親に愛されて
幸せに満ち足りた子供時代を送ってきたか
感謝の思いと、せつなさで胸が一杯になりながらの
おセンチな作業でしたが、途中から捨て作業がノってくると
「もうこれも2度と見ない、これももう開かない」と
どんどん最初の基準が厳しくなって、事務的な作業になっていきました。

そしてホコリとカビまみれの作業がいけなかったのか
この思い出箱整理の直後に、今回の咳喘息の引き金となる
風邪をひきこんでしまったのです。

先日、母が私の今の病状がこんなにこじれて長患いするのは
この思い出箱をバッサリ捨ててしまったことの
リバウンドではないかと言うのです。
その時は、「まさか!」と笑い飛ばしましたが
だんだんと「それも一理あるかも・・・」と思っています。

こんだけ治るのに大変な思いをしたのは
私の30ウン年分の履歴を処分したデトックスなのかもしれません。
ちゃんと、処分する時には「ありがとうね」と感謝の気持ちを込めて
丁寧にしたつもりだったのですが。
ちなみに、掃除による「毒出し」は片付けや整理術の本でもよく書かれていることです。
自分の体調や気持ちが万全の時でないと
煽りを受けてしまうということなのでしょうか。
私の場合、冬が弱いので、体調も気分も上々に揚がる
夏にやればよかったのかな~。

いずれにせよ、宿題は無事終わりました。
でも十数年毎に見直しを重ねて、最終的には
夫婦それぞれ1冊のファイルくらいの量にできればと思います。
ずっとずっと先の話だけれど。

ランキングに参加しています☆
*応援のクリック(投票)をしていただけると励みになります*

Blogranking

Fc2

|

« 重曹談議 | トップページ | 野菜タップリ »

コメント

ひゃー、お疲れ様でした! よくおやりになりましたね。
愚図な私にとって大変勉強になりましたし、勇気も頂き
ました。

今月は、私も近年にない絶不調。中国から光化学スモッグ
が飛来した翌日から、過敏症のせいで様々な不快な症状に
悩まされております。古来日本より、桜の花の散る頃から
五月は、万病を撒き散らす季節と信じられていて、京都の
やすらい祭や葵祭はそれを鎮める為の祭礼と聞いています。
なので、ペコさんの症状も季節的なもので、履歴を処分
したせいとばかりは思えませんが^^?

投稿: 映子 | 2007年5月21日 (月) 19時19分

 はじめまして! う~ん、その赤子時代のアルバム、私のとおそろいかも! 私も整理をするべき時かな。

投稿: さつき | 2007年5月22日 (火) 08時49分

私も1,2年前に、少し捨てました。
写真もどんどん捨て、結婚式の祝電も捨て、
寂しくなるかな?と思ったけど、そうでもなかった・・・。
自分の思い出のものを処分するのは難しいですね。
年をとるほど、軽くなればいいなーと思っています。
「毒だし」よく聞きますが、きっと処分したからでなく、
埃や環境・気候などが運悪く重なっちゃったのではないかと思います。
これからはいい方向に行きますよ♪

投稿: torizoh | 2007年5月22日 (火) 11時42分

先日の書き込み後、過去の書き込み読んだら、同じHNの方
いらしたのに、偶然なんですがすみません・・・。

ウチも身の回りを出来るだけまとめて、老後まで親戚が生きて
居れば迷惑をかけない様にしたいって、いつも覚悟してるので、
すごく同感です。

写真や思い出の整理って選別中、胸につまるものありますよね・・・。

私が読んだ書籍には写真等、整理する事によって、
人生により良い物が入って来る余裕を作ると書いてました。

ペコさんが、この事に向かわれた事は、きっと
良い事に向かうシグナルって私も思いましたよ。

投稿: こぐま | 2007年5月22日 (火) 14時38分

す、す、す、素晴らしい!!
これよ!私もこれをやらなきゃいけないのよ~~~~!!
途中までやりかけて、残りを実家に送ってる場合じゃないわ・・・
とりあえず自分ちの片付けが済んだら、今度は実家のほうに残ってる自分の荷物の整理もしなければ・・・
ちなみに、小学校時代に住んでいた祖母の家と、その後引っ越して中・高時代を過ごした家と2箇所にまだ自分の昔の荷物が眠ってるのでかなりエンドレスになりそう・・・
写真・思い出の整理。ほんとうに大変な作業ですがお疲れ様でした。
屁子さんの記事を読んで私も更にやる気が出てきたので頑張ります!!

投稿: 屁ガサス娘 | 2007年5月22日 (火) 16時02分

ぺこさん、ご無沙汰しておりました。
(一応、こぐまのあとに♪をつけてみましたが・・・
ぺこさん、こぐまさん、よろしいでしょうか・・・?)

思い出箱の整理、よくがんばりましたね!
本当にお疲れ様でした。
だんな様とお二人分のお品がきれいに収まりましたね。
これからきっと、ご覧になる機会も多くなるのでは
ないでしょうか(^^)

私も相変わらずですが、連休に主人に手伝ってもらって
少し片付けました。引越しなみに疲れましたよ(^^:)
アルバムや手紙など、まだ完全には整理しきれていませんけれど
少しずつ、進めています。
こちらできっかけを与えていただいた気がします。
ありがとうございました。

ぺこさんもどうぞおからだお大事に。りらちゃんにも
よろしくお伝えくださいね♪(春のお洋服もお似合いですね)

投稿: こぐま♪ | 2007年5月22日 (火) 16時09分

ペコさま、こちらにてで申し訳ありません・・・。
今、拝見しまして、こぐまさま。HNの件、失礼致しました。
マークを付ける事に気が付かず、こちらこそ、もし次回に
書き込みさせて頂く機会がありましたら(。´(工)`。)oマーク
付けさせて頂きますので、どうぞ、そのまま「こぐま」でお使い
下さい(^_^)

投稿: こぐま(。´(工)`。)o | 2007年5月23日 (水) 01時26分

映子さんへ

過敏症大丈夫ですか?アレルギー反応というのは
一旦スイッチが入ってしまうと、次々に症状が出てしまうとか。
私も春は体調があまり安定しない季節なので困ります。
京都の葵祭りにはそんな意味があったのですね。
さすがは和の映子さんだわ!
早く季節的に安定して体調がもとにもどりますように。

さつきさんへ

リングの方のアルバムですか?
赤ちゃんのどでかいイラストが表紙なのです。
これが一番処分するのにつらかったかも。

torizohさんへ

そうそう、少しづつできたらいいですよね。
私は一気にやってしまったから
その煽りが大きかった。
でも確かに毒だしだから、これを乗り切れば
いいことが待っているのだ♪という気持ちで
がんばってます。
いつも励ましありがとう。

こぐまさんへ

もうひとり「こぐまさん」がいらっしゃるのですよ。
もちろん、彼女もりらちゃんファンです。
こぐまさんのおうちは、明るくて清潔でとてもキレイですね。
ディスプレイが雑貨屋さんのようと思いました。
うちは、家具もフローリングも全てダークブラウンなので
自然と落ち着いたインテリアになってしまって
明るいナチュラルウッドの雰囲気に憧れます。

屁ガサスさんへ

そう、確かあなたは実家へ宿題を送っていた人だったわね~
私も長年実家の納戸に押し込んで
そのまま知らぬフリを決め込むつもりだったのです。
しかし、母がそれを容赦しなかった。
しかも、その話題をつい夫の実家でしたもんだから
嬉しそうに義母が夫の分の思い出箱をイソイソ出してきて・・
やらざるおえなかったんですよ。
サッパリした反面、未だこれでよかったのかなという
思いも1%残ってます。

こぐま♪さんへ

お二人のこぐまさんがおいでになるなんて
これもりらちゃんマジックかしら。

お元気ですか?
連休はお方付け頑張ったようですね。
それにしてもこぐまさんの旦那さまは本当に
マメでお優しい。羨ましいです。
うちは全く家事全般には手を出さない人なので
共稼ぎ時代は大変苦労しました。

りらちゃんもこぐまさんにヨロシクと申しております。

こぐま(。´(工)`。)さんへ

可愛いかおもじですね~
ほんとにクマみたい。
これからももしよかったらコメントお待ちしております。

投稿: ぺこ | 2007年5月25日 (金) 12時10分

ぺこさま 少しおじゃまいたします・・・

かわいいお顔のこぐまさんへ
 
 はじめまして。お返事遅くなりまして、すみません。
 こちらこそお気遣いいただいて、
 なんだか申しわけないです・・・
 迷ったのですけれども、それではおことばに甘えて
 そのまま「こぐま」を使わせていただいてもよろしいでしょう  
 か・・・?同じHNのかたにお会いできて、うれしいです。
 どうぞよろしくお願いします♪

投稿: こぐま | 2007年5月25日 (金) 16時18分

ぺこさま

きっと、りらちゃんマジック!ですね。
だってほんとに呼ばれた気がしましたもの・・・(^^)
ご無沙汰ばかりなのに(すみません)
申しわけないのですけれど、どうぞまたよろしくお願いいたします。

投稿: こぐま | 2007年5月25日 (金) 16時40分

ぺこさんへ

気が付かない内に、もしコメント悩ませてしまっていたら
ごめんなさい。優しいお気遣い頂きまして私もホッとしました。
ありがとうございます。ぺこさんのブログは見やすくて、家事の
参考になるお話や、心温まるお話がスゴク引き付けられます。
また宜しければお言葉に甘え、こちらこそお願い致します。

ぺこさま 少し失礼致します・・・

こぐまさんへ

いえいえ、とんでもないです(^_^)ていねいなコメントを
ありがとうございます。私は書き込みは他でも殆どしてないので、
どうぞこぐまさんお使い下さい。お二人がやさしい方で、
ワタシずっとドキドキしてましたので、感謝です。
こちらこそ、どうぞ宜しくお願いします。

投稿: こぐま(。´(工)`。)o | 2007年5月26日 (土) 18時46分

ふたりのこぐまさんへ

偶然HNが重なってしまったので
色々困惑されたのだと思います。
でも素敵な偶然ですね!
これからもどうぞコメントよろしくお願いいたします。

ちなみに私のHNのぺこもとっても多いのですよ。

投稿: ぺこ | 2007年5月28日 (月) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重曹談議 | トップページ | 野菜タップリ »