« 重曹でストウブ君のメンテ | トップページ | カグスベール »

2008年9月 1日 (月)

ステンレス包丁磨き

6月の合羽橋で仕入れてきた
グローバルの文化包丁と、ドイツシリット社のピーラーです。

Houcyou

ピーラーは今までのは身まで剥いていたのか?
というほどうす~く剥いてくれます。

ただ力を入れないと幅が狭いというか、細くしかむけません。

グローバルの方は、切り味はもちろんですが
刃そのものが今まで使っていたものの半分くらいの薄さです。

青ポットさんが「トマトは溶けるような切れ味」と表現しておられましたが
まさにそんな感じでスっ、と入ります。

柄と刃が一体型なので軽いし、衛生的です。

Houcyou2

下のは今まで愛用してきたヘンケルス。

慣れない包丁研ぎ器を使ったり色々やってきたので
細かいキズが走っちゃってます。

刃が薄いということはそれだけ繊細ということなので
半解凍のものや固めのものはちょっと怖いので、
そちらは力持ち?なヘンケルスにお任せすることにしてます。

包丁と一緒に買ったのが、ステンレス包丁用のスライサー

Houcyou3

グローバルと同じ会社製造ですが、ステンレスのものなら
何でも大丈夫とのことですのでヘンケルスもこれを使ってます。

10回こんな風に往復させるだけで切れ味がよくなります。

コンパクトなので引き出しに入れてすぐに取り出せるし
スライサー以外に、栓抜き、缶切り、ドライバー・・と
多機能でなかなか優秀です。

Houcyou4

↑この吉田金属さんがグローバルの包丁も製造してるところです。

包丁を探していた時にデザインのイメージからグローバルって
ドイツのブランド?と思っていたのでびっくりしたのを覚えてます。

ランキングに参加しています。よろしければ応援の投票(クリック)をお願いします♪

+++ 人気ブログランキングへ  +++

|

« 重曹でストウブ君のメンテ | トップページ | カグスベール »

コメント

そんなにコンパクトな包丁とぎがあるとは…。
さすが日本製~。それに比べると我家のは大きいなぁ。
ピーラー、素敵ですね。
皮が薄く剥けるっていいですね。
私が今使っているのは、がっつりと皮を剥いてしまうし、
少し切れ味が悪くなってきたから、これに買い換えたいかも…。
ピーラーのお手入れ方法もあるのでしょうか?

投稿: chutan | 2008年9月 1日 (月) 20時16分

はじめて買った包丁を今でも使っていますが、若気の至りで見栄を張って買った包丁は鋼の包丁でした。
お陰で砥石生活です。
買って間もない頃は、無知だったのでシャープナーを使って刃こぼれさせるし、研ぎ方も知らずに研いだので全く切れなくなってしまったりといろいろありました。
今は何とかなっていますが、さすがにそろそろ研ぎに出さなければいけません。
所詮素人、限界を感じています。
しかも、砥石を使っていると夫が怖いからよせと・・・(笑
こんなことならステンレスにしておけばと思っても時すでに遅し・・・
一生大事に使っていきます。

投稿: ニコル | 2008年9月 1日 (月) 21時14分

ペコさん、包丁&シャープナーおそろです(嬉)
グローバルの製品は「ドイツの質実、イタリアのデザイン、日本の精巧」がコンセプトで作られたと聞いたことがあります。
三徳包丁(オリエンタルナイフ?)が欲しくてグローバル買いましたが、同時に買ったプロのぺティナイフの方が切れ味数段上です。牛刀と出刃も持ってますがぺティナイフの切れ味を知ってしまったので、全部プロでそろえればよかったと後悔しています。
砥ぎは、シャープナーより砥石で砥いだほうがよく切れるようになります。砥いでる姿は、ニコルさんも書いていますがそうとう恐いみたいですけど・・・(笑)
そうそう、ただのグローバル、プロじゃないほうは、通称「アマ」と呼ぶ人もいるそうです。なんか、おもしろい。

投稿: ねこた | 2008年9月 2日 (火) 01時53分

わかります~。
私は貝印のSELECT 100のピーラーですがあの皮の薄さには驚きました。
あ、グローバルが日本製っていうのも当時はびっくりしました。(形がおしゃれだったから)
本当に良い物って使いやすさと見た目を兼ね揃えてますね。(当たり前?)
でも高くても見た目だけ~とかあるし、値段に負けて安いのを買ったら安物買いの銭失いっていうのもあるし物選びって難しいですね。
それだけに良い物に出会えると嬉しいですよね!

投稿: ハナッペ | 2008年9月 2日 (火) 08時18分

chutanさま

そういや、ピーラーのメンテってどうやるんでしょうね。
すみませんわからない~。
この包丁研ぎは気軽に引き出しから出してつかえるのが
いいなあと思っています。

ニコルさま

ニコルさんて、鉄のフライパンも育ててるし
包丁も砥ぎ石で砥いでるし、なんだか
デキるって感じですよ!
だし醤油なんかも教えてもらえたし。
ううーん、さすがハリウッド育ちは違うわね。
ステキだわん。
鋼の包丁を砥ぐ妻・・・いいですね、何か絵になります。
(ヘン?私の感覚)

ねこたさんへ

合羽橋ではほとんどのお店はプロしか置いてませんでした。
なんとなく腰がひけてアマを買いましたが
そんなにすんばらすぃなら、次行った時に
プロのペテーナイフを買おうかしらん。
小さくても凄いのよね!
いいこと聞いた、ありがとう。

ハナッペちゃんへ

貝印は、ステンレスキッチンバサミなんかが
気になります。ピーラーもいいんだ!
本当に驚く薄さですよね。
こんなに違うんだって感じです。

ツールはお気に入りと同じ数だけもしかしたら
失敗しているかもしれません。
最近はネットで口コミ情報を知ることができるので
便利ですね!


投稿: ぺこ | 2008年9月 2日 (火) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重曹でストウブ君のメンテ | トップページ | カグスベール »