« お掃除グッズの収納 | トップページ | 3月 »

2009年3月 3日 (火)

鉄のフライパン再教育

「お掃除仮面母スペシャル」長きにわたりお付き合い感謝いたします。
ちなみに、実家は築17年になります。

現在コメント欄を閉じさせていただいています。
理由は、在宅の仕事のボリュームが春から増えることと
家事を充実させるためです。

みなさんからのコメントは本当に嬉しい!ですし、ブログ運営の
活力の源なのですが、生活ペースが乗るまではこのままに
させていただきたいと思っています。

急な連絡事項やご質問などはメールをいただけたらと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

キッチン取材の際にひと悶着ありました鉄フライパンの件ですが・・
(去年の母の日にリバーライトフライパン「極」をプレゼントしたのです。)

結局料理引退宣言をした母には鉄を育てることができず・・・
出戻ってきました!

出戻り娘でござんす。

Testu

何でも聞くと「極」だからいいだろうと、油返しせず
ちょっと多めの油にしたくらいで、ほとんどテフロンと同じような感覚で
使っていたようで「何を炒めてもくっつくので、もうイヤ」とのことでした。

せっかくのリバーライト。私も今年こそ鉄使いになりたい願望があるので
これはいっちょ、大きいサイズを買う前の予行練習に
私がこのお転婆娘を再教育してやることにしました。

まずは、この垢だらけの体をリセット。

ググると色んな方法がありましたが、私が参考にさせていただいたのは
こちらの記事です→フライパンを初期化する方法

Testu3

かなりアチアチですが、塩がサラサラになり
ヤスリをかけるのと同じような効果がある感じです。

塩分を洗い流して、油返しをしてリセット。

Tetsu6

しかしこのお転婆は、一筋縄ではなかなかいかず
朝食の目玉は張り付くわ(いきなり目玉を焼いた私もチャレンジャー)
母の言う通り何を炒めてもベットリと張り付いて
大変な不良娘でグレまくり・・・
ほとほと困りました。

ググった結果、やっぱり最初のうちは
使う度に「油返し」が必須とのこと。

揚げ物をしないので、オイルポットがないし
油返しのためだけに買うのも場所ふさぎだしなあ・・と思って
のど飴を入れていたルクのラムカンを利用することに。

フライパンが小さいので、油返しの油も3分の1カップくらい。

Kiwa

オーブンにかけてもOKならあちちの油でもOKなはず。

これなら、可愛いので出しっぱなしでも見た目もOK!

Kiwa2

と、いうことで何度も説教して時にはビシーっとヤキをいれつつ
油返しをして、時にはぞうきんで頭を冷やさせたりして
なんとかご機嫌のいい時には
普通に炒め物くらいはできる子に。

これはエリンギと大根の葉のバルサミコ酢炒め。

Kiwa3

当初はくっついていた、しいたけ系もひっつかずにOK!

Kiwa4

あとは、ハンバーグもぞうきんで頭を冷やしながら
説得をして見事ひっくり返し成功。

Kiwa5
(うちのバーグは夫ダイエット中につきかなり小さめ。哀)

当初作ったマーボ豆腐はくっついてどーしよーもなかったのに
厚揚げを使った炒め物もくっつかずいけるようになりました。

Kiwa6

よし、えらいぞ。グッガール!
調教を開始しておよそ1ヶ月。

なだめすかして、時には徹底的にいじめて
だんだん矯正されてきました。

何より料理が美味しい!

鉄独特のコゲと風味がなんともいえずに美味美味!!
ストウブの時と同じで道具のおかげなのに
わたしってば料理の腕があがった?と、勘違いしてしまうほど。

今の状態。

Tetsu7

おえ、フラッシュするとなんだかやだなあ。

真ん中が白いのはIHだからかしら。
でも出戻り当時のなんとなく、すさんだ雰囲気が和んできた気が・・

この鉄娘を油返しをしなくても
スルン♪とオムレツを作れるレディーに仕上げることができましたら
もうちょい大きめの極を買おうかと思ってます。

ちなみに、お手入れは

調理後に即効で亀の子タワシで洗って
火にかけて水っけをとばして、ウエスで油返し用の油をちょいとすくって
塗りたくっておしまい。

慣れれば苦になりません。

コゲついたら、速攻で水を少し入れて火にかけると浮いてくるので
木のおさじでコリコリやってとりのぞいてます。

ググるとメンテナンスの方法もひとさまざまなようですが
ガスやIHや鉄の性格なんかで違うようなので
あれこれやって模索していこうと思います。

 掃除ブログランキング参加中です

↓画像をクリックで投票になります。
応援よろしくお願いいたします。

 

|

« お掃除グッズの収納 | トップページ | 3月 »