« 大掃除進行状況7 | トップページ | 小物は丸洗い »

2009年11月10日 (火)

わかりやすい植物

かつて私はサボテンすら、あの雑草系アイビーですら枯らせてしまう女でした。

でも、リビングでシュロヤシを育てるようになってから
なんとなく植物にも気持ちがあるような愛着を感じるようになりました。

で、今はハイドロでもミニグリーンを育ててるのですが
ほとんど手がかからない子ばかりの中
やたら自己主張をしてくる子がいます。

見て下さい。このあわれっぽい姿・・彼女の名前は「ヒポエステス」
葉っぱがダラ~ンとこれみよがしに下を向いてます。

「こんなになるまで放っておいて・・罪な人・・・」

Hipo

水メモリが水準以下になったら水をあげないと、なので
あげてなかった私もいけないんですが。汗。

Hipo2

ちょっとくらいあげてなくても他のグリーンは
こんなになりません。

なんて自己主張の強い・・

ごめんね、ごめんね、と言いながら
お水をあげてお日様に当てること数時間後。

うお~生き返った!葉っぱがみんな上を向いてます。

Hipo3

なんてわかりやすいんだろう。

このヒポエステスの性格を知ってから
水やりの頻度はメモリではなく
葉っぱの状態で決めることにしました。

そして同時におもしろいな~かわいいなあと思うこのごろ。

手間がかかる子ほど可愛いってやつね!

どうかやる気元気の源の応援クリックお願いします↓

+++ 人気ブログランキングへ  +++

|

« 大掃除進行状況7 | トップページ | 小物は丸洗い »

住まい・インテリア」カテゴリの記事