« 大掃除*1 | トップページ | 目指すは掃除したくなる部屋 »

2010年9月27日 (月)

引き出し掃除のコツ

シルバーウィークも終わり、これで逃げ道がなくなったというか
大掃除に真っ向から取り組む体制が整いましたね。ふっふっ。

参加者のみなさんありがとうございます。

久しぶりの方からの近居報告もあったり
初参加の方も沢山いらしてとっても嬉しいです。

何よりブログを読んでくださって「掃除が楽しくなった」「掃除をやってみたくなった」
と言っていただくのは、ものすんごい喜びと
ブログをやっててよかったッス・涙sweat02というやりがいを感じます。

まだ参加表明どうしましょう・・と、モジモジなさってる
そこの美しい奥方やお嬢様方、
もちろん、主夫の方や草食肉食雑食男子のみなさんも
是非お待ちしちょります。

一緒にがんばりましょうheart01

今年は、正式参加者人数をカウントしたいと思っているので
参加はコメント欄からでお願いいたします。

さて、前回大掃除記事でも画像が出ていましたが、大掃除では
引き出しという引き出しは中身を全部だして、拭いて、戻す
という七面倒くさいことをやります。

これは掃除だけでなく、収納の見直し、整理整頓のやり直しにもなります。

そうです、家の中の収納全部ですからそりゃ大変ですよ。

だけど、一日一か所ずつならなんとかなるし
毎年やり続けると、いらない物が蓄積されないから中身もシンプルだし
いる/いらない、のジャッジ能力が高くなって
年々サクサクっと手早くできるようになります。

今日は引き出し掃除のコツというか、
やりかたみたいなのをまとめてみました。

まず、中身は躊躇なく全部出しまくります。

バババーっと猫がトイレの砂を掘るみたいな感じです。

そしている、いらないものをパパっと選別。
(心を鬼にして)
ここで手間取ると、時間がおしてしまうので手早く。

私の選別基準は

「過去3年使わなかったもの、なくても心が寒くならないもの」

です。心が寒くならないもの、ってのは
たとえ3年使わなくても、自分にとって必要なものであるかどうかっていうことで
「いつか使うだろう、いつか必要になるかも」ではございません。
(非常袋の中身とかは別よ)

この選別基準は個人差があると思うので、ジャッチの前に
自分に問いかけて作っておくとよいかも。

あとは、使いやすいように入れ直しますが
出した時より物は確実に減っているので
収納しやすくなってるはずです。

そして引き出し内部は、(アルコールなので素材に気をつけて)
アルコールスプレーで拭きます。

底部分はもちろんですが、このような側面も。

Hiki

側面は内側だけでなく、外側も。結構汚れてるはずです。

Hiki2

それと、こういった出っ張った縁部分など。
こうゆう細かいところはホコリが積もるポイントです。

Hiki3

結構真っ黒です。

Hiki4

あとはよく乾かして、底に新聞紙などを敷くと湿気対策になるのですが
引き出しのサイズピッタリではなく、ほんの少し余裕をもったサイズにします。

縁が1cmくらい立つくらい。

Hiki5

こうすると、ホコリや髪の毛などのゴミがチラシの裏側に回ることなく
内側にたまるので、来年このチラシを真ん中にむけて
くるっとまるめて捨ててしまえば引き出しの中に
ゴミがそんなに出ることがありません。

このチラシの底の敷き方は、冷蔵庫の野菜庫なんかに敷く
新聞紙でも同じで、野菜のくずや土が新聞紙の裏側にいきません。

引き出しの中で、収納パーツ(プラ製のカゴや仕切り板など)を使っていれば
それも当然汚れてるので、丸洗いかアルコールで綺麗に拭きとります。

ぶっちゃけ、私の場合、水回りや大体の家の中の掃除は普段掃除マニアだけに
綺麗にしているので大掃除は必要ありません。

エアコン本体や、換気扇なんかも1~2日あればできること。
照明や壁拭きなんかは、クイックルにマイクロぞうきんをつけてやれば
大したことない。

なので、私の場合の大掃除は、引き出し含め
収納場所を全部出して拭く作業につきるのかも。

月曜っから、長々と語ってしまってウザかったらごめんちゃい。

大掃除シーズンに入ると、妙なアドレナリンが出ちまうもんで。

いつも投票ありがとうございますcherry

下記をクリックしていただくと、人気ブログランキングの投票になります。

+++ 人気ブログランキング「掃除収納」へ  +++

|

« 大掃除*1 | トップページ | 目指すは掃除したくなる部屋 »

大掃除」カテゴリの記事