« 小分けのコツ | トップページ | なまず指御用達の匙 »

2011年1月28日 (金)

リモコンラップですっきり

リモコンボタンの間の汚れは、隠れ汚れポイント。

毎日マイクロ雑巾で拭いてはいるのですが、どうしても
蓄積する汚れがあったり気を抜くと食べカスがついたりします。

どーしよ~と思いつつ、噂のリモコンラップを試してみることにしました。

購入したのはセリアです。

Rappu

まずは、ラップ前に丁寧に溝の汚れをお掃除します。
今回は除菌ティシューでやりましたがアルコール成分は
電化製品の変質劣化の原因になることもありますので
自己責任です。あしからず。

Rappu2

綺麗にしたところで、ラップの中に入れて
ドライヤーをかけていきます。
裏側からかけるのがポイント。

Rappu5

最初何度やっても綺麗にラップ状態にならず
「なんだよ、パチモンかい」と悪態をついていたのですが
もしかしてもしかしたら・・

とドライヤーを変えたら見事に、圧縮してラップ状態になりました。

実は、最初使ったのはマイナスイオンドライヤーだったのでした。

そーです、マイナスイオンの風はやわらかで髪にマイルドなので
このようにドライヤーの熱を利用した商品には
効き目がないのですね。

古いクルクルドライヤーでやったら一発でした。

同じことを髪の毛にしているかと思うと
イオンドライヤーってやっぱいいと実感しました。

5枚のうち3枚もイオンドライヤーで失敗しちまったもんで
できたのは、テレビとエアコンの2つだけ。

でも大成功ー!

Rappu6

側面も綺麗にピッチリ。

Rappu7

これで毎朝お掃除の時は、つるっとした面を軽く
拭くだけでOKです。

ボタン操作も問題なくできました。

このリモコンラップは私の縄張りではセリアさんでしか
見かけないので、オリジナル商品なのかなあ・・??

***************************************
いつも投票ありがとうございます
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングの投票になります。
よろしければ応援お願いしますshine

Bmura_9     Bran_8
**************************************

|

« 小分けのコツ | トップページ | なまず指御用達の匙 »

家事の妙技」カテゴリの記事