« まな板のメンテナンス | トップページ | おままごと »

2011年3月 8日 (火)

重曹ボトル

重曹の保管に悩まれる方は多いと思います。

私は、このように5kg単位で重曹を買いだめして
あちこち掃除ポイントに小分けしております。

Bt

アーム&ハンマーの重曹は、妙に精製されすぎてなくて
程よい粒子でギュムギュムできて
一番使いやすくて何度もリピしてます。

トイレや、洗面、お風呂等はスプーンでドバドバ使うので
ビンに保管しておけばいいのですが、キッチンで洗いものに
パパっと使う時はなるべくワンアクションで取り出せるシステムにしたいものです。

「あ~このフライパン、重曹でこすりて~」

「収納場所のドアをあける」

「重曹が入っているビンを取り出す」

「フタを開ける」

「匙で重曹をすくってかける」

と、ここまでで4アクションもかかってしまっては
なかなか手軽に重曹を使おうとは思いません。

かといって、すぐに使えそうなフリカケ式ボトルのものや
オシャレな穴のあいたビンなどは、詰まったり湿気て固まってしまう。

私も、このジレンマに悩みながら
Weckの大型ビンに入れたりしておりました。

んで、先日100円ショップでよさそうな入れ物を見つけました。

ドレッシングボトルやシェーカーの売り場にて発見。

見た目普通のボトルですが、口の部分がタッパーになっていて
しっかり密封してくれます。なので湿気ません。

Bottle

口を片手でポンと開けて、振りかけるだけ。
気軽に重曹を登場させることができます。

Bottle4

1カ月近く使っていますが、湿気たり固まることもありません。

なかなかよさそうなので、キッチンでよく使う
3兄弟を全部同じボトルに統一しました。

すぐ取り出せるようシンク下にラベルをつけて並べています。

酸素系漂白剤・重曹・粉石けん

Bottle3

ところで、酸素系漂白剤は完全な密封状態で長期間保管すると
容器が変形したり、破損することがあるそうなので
ぴっちりフタは閉めてません。
でも、水分を含むと酸素ガスが発生してやはり破損することがある
という注意書きもあるので、どうなんでしょう。

空気中の湿気程度では大丈夫なのかな?と思って
結果、ぴっちり閉めてません。

なんてことを書いちゃうと、使いずらいかな?と思われるかもしれませんが
布巾や、まな板の漂白、食器の漂白
お弁当箱の除菌なんかに使えてとても便利です。

混ぜるな危険のやつより匂いもないしね。

また、扉部分にもフックをつけて、キッチンの掃除道具を吊るしてます。

Bt2

なんとなくぼやんと、掃除道具を収納しておくだけでなく
キッチンの掃除システムを構築すること。

これは、日々のちょこっと掃除、ついで掃除のハードルを
下げることなので、常に効率よく動けるよう
アレコレ考えています。

いい道具を見つけたり、動線が短縮されたり
うまくいくと楽しいよ。

***************************************
いつも投票ありがとうございます 

バナーをクリックしていただくと、ブログランキングの投票になります。
よろしければ応援お願いしますshine

Bmura_9     Bran_8 
**************************************

|

« まな板のメンテナンス | トップページ | おままごと »

ナチュラルクリーニング」カテゴリの記事