« プラチナのマイクロ雑巾発見 | トップページ | 重曹ボトル »

2011年3月 7日 (月)

まな板のメンテナンス

私はヒノキまな板を愛用しております。

プラ素材のものにくらべて、やはり雑菌がつきやすく
メンテナンスも気を使います。

しかし包丁のあたりの感触はやっぱり木の板の方が
心地よいんですよね。

私の実家は材木店なので、昔は大工さんに
カンナで削ってもらったりしたもんですが、今はなかなかね。

普段は、熱湯をかけたりアルコールスプレーしをしてます。
あとはたまに自分でまな板削りでこすったり

時おり漂白もしています。

漂白する時に便利なのが、専用袋です。
100円ショップで売ってます。

Ita

使うのは、酸素系漂白剤。
熱めのお湯にといて漂白液を作るのがミソ。

Ita4

大きい袋でしっかりジッパーでとめてくれるので
漂白液を入れてもまんべんなくまな板がつかります。

Ita5

ちょっと浮いちゃうようなら、重石をしてもよろし。

Ita6

ジッパー部分がヘタらなければ、何度でも洗って
乾かして繰り返し使えます←これポイントよね!

洗って乾かしてスッキリ!

Ita2

黒く汚れがたまりがちな、スタンド部分もすっきり。

Ita3

ヒノキのまな板は時々ふ・・・っとヒノキの香りがして癒されます。

ヒノキの花粉は嫌だけどもね。

***************************************
いつも投票ありがとうございます 

バナーをクリックしていただくと、ブログランキングの投票になります。
よろしければ応援お願いしますshine

Bmura_9     Bran_8 
**************************************

|

« プラチナのマイクロ雑巾発見 | トップページ | 重曹ボトル »

ナチュラルクリーニング」カテゴリの記事