« お見舞い申し上げます | トップページ | 震災情報まとめページ »

2011年3月14日 (月)

掃除できることに感謝

地震発生から数日、まだまだ余震の恐怖と
被害状況拡大の情報が入ってきて、いつも見る風景が全く
違って見える毎日になりました。

地震発生後の週末、夫は会社の対応のために出社。

私は、とりあえず日常生活を保とうと
なるべくいつもの家事に努めました。

月曜になって、行きつけのスーパーに野菜を買おうと
出かけたところ、入場制限で長蛇の列!

また、夜の停電になった時用にカイロを買い足して
おこうとホームセンターによったら、こちらも長蛇の列!

それぞれ1時間は並ばなければレジにたどり着けなそうな勢いでした。

お野菜いくつかと、オリブオイルが欲しかったんだけど
スーパーは諦めて小さい八百屋さんで野菜を買いました。

横浜は計画停電実施予定地区だけど、
電気もガスも水道も通ってるのに、この尋常ならざる状況。。

とりあえず、帰宅してから夕方のピークタイムを避けて
夕飯の支度とお風呂も入って、あとはラジオを聴きながらすごしました。

会社に聞いたら仕事も遅れるかもしれないけれど
来るそうなんで、今のうちにできることもまとめてやっておきたいので
いつもの家事をしたり。

それにしても掃除って、家事の中でランクをつけるとしたら緊急時もっとも低い。
掃除なんかしなくたって生きていける。
そう考えたら、マイクロ雑巾を持つ手が震えました。本気で。

掃除ができること(状況)ってなんて贅沢なんだろ。

今はこの先どうなるのかわからないけれど、できる範囲で
節電しながらなるべく日常生活をすごそうと思ってます。

そうそう、断水時のトイレの流し方の動画を見つけたので
UPしときます。

「トイレの水をバケツで流す方法 実演」

断水した時に洗面器で流したんだけど、うまくいかなくて
↑の動画を見ると、バケツで6Lくらいは必要だったみたいです。

6Lはもったいないから、何回か分ためてから
一気にボコっと流すといいかな。

あと、使い捨てカイロは品薄だったわりに湯たんぽが結構ありましたヨ。
湯たんぽなら計画停電ならお湯を沸かして何度も使えます。

今私にできること。節電、粛々と日常生活に努めること、
不要な買いだめはしない、情報の取捨選択をし惑わされない、
そして義援金・募金です。

私は教会経由と日本赤十字社経由の2か所から寄付する予定です。

日本赤十字社は、クレジット決済もできますし
ローソンなどのコンビニで手軽にできます。

受付番号を発行してもらったので明日早速支払ってこよう。

それと、あちこちで問題になっていますが早くも義援金詐欺の話が
出ているようです。

確実安全なところに寄付するよう注意してくださいね。

|

« お見舞い申し上げます | トップページ | 震災情報まとめページ »