« 【トイレのコード】 | トップページ | 【サイクロン掃除機物語・第三章】 »

2011年5月18日 (水)

【コードは上に】

私は整った眉毛萌えでして、ハサミと毛抜きで無駄毛メンテをするのが好き。
抜きすぎるもんだから、生えてくる速度が早くなっちゃって
もうイタチごっこでやめられません。

しかも、ハサミで整えるのでは物足りなくて
どんなに小さい毛でも、貝印の毛抜きで抜く。

ミクロの世界に挑戦!

それにしても、眉毛を抜くとどうして
あんなに激しいクシャミが出るのでしょうか。

あの不意打ち感、自分では防ぎきれないほどの激しいクシャミ・・
太陽を見るとクシャミが出る原理と似ているカンジです。

さて・・

コードの話の続きです。

移動できる家電のコードもすっきりまとめて
上にあげておきたいですよね。

床掃除のしやすさはもちろん、掃除の時にどかして
元に戻した瞬間うっかりコードを踏んで置いてしまったりすることもなくなります。

これは空気清浄機。

結構大きくて重たいので、うっかりコードを踏んだまま置きっぱなしにすると
つぶれてしまいます。

Himo4_2

コード掛けが本体についていない場合は、やっぱりS字フックの出番。

たいてい家電には凸凹がついているので
こんな風にひっかけて使います。

Himo5

ただフックが本体内部に入って故障にならないよう注意くださいませ。

これは、洗面室においてる除湿機。

ハンドル部分に大き目のS字フックをひっかけて
コードをまとめてます。

Himo6

テレビの配線も、テレビ台裏にネジをつけて
S字フックでまとめてひっかけています。

裏側もノズルで掃除機をかけているので
コードが上にあがっていると大変よろしい。

Kugi

気をつけたいのは、コード類は無理に束ねたり
縛ったりすると中で配線がちぎれたり潰れたりして
火災の原因になることがあるようです。

なのでふんわり丸めて、チョイかけするカンジでまとめてます。

昔は知らずに、コード類が煩わしくて、なんでもかんでも
まとめてゴムで縛ったりしてましたが
よくないらしいです。

コードのエコノミー症候群みたいなもんでしょうか。

***************************************
ブログランキングに参加しています 
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。

Bmura_9
     Bran_8 
***************************************

|

« 【トイレのコード】 | トップページ | 【サイクロン掃除機物語・第三章】 »

家事の妙技」カテゴリの記事