« 【サイクロン掃除機物語 第6章】 | トップページ | 【洗濯機のメンテナンス】 »

2011年6月20日 (月)

【排水溝のカゴ】

3年ほど前に、銅の排水溝バスケットを買いました。

当時私の中で銅製品のムーブメントがすごい来ていて
多少高かったけれど、買ったわけです。

が、重曹や石鹸使いのためなのか
何がいけなかったのか、バスケットがまだら模様に変色して
妙な臭いや、青カビがつくようになり・・・

もはや我慢できずに、排水溝のメンテを含め
もう一度見直すことにしました。

ついでに、排水溝ネットを使うこともやめてみようかと。

それで、色々調べた結果、排水溝ネットがいらないくらい
目が細かいというこちらの商品を導入。

Kago

排水溝のカゴは昔は深型が多かったようなんですが、
最近ではコマメにゴミをすててメンテしやすいように
浅型が主流なんだそうですよ。

溢れる前に捨てなくちゃと思うんでしょうね。

で、こちらの商品を愛用されているブロガーさんや
ネットでの情報を色々仕入れて私も真似させていただいたのが
「カゴ2コ使い方式!」

つまり、こうゆうこと。

Kago2

1.1日の最後に新聞紙などにカゴのゴミを捨てる
(この時によく水気を絞ると、ゴミ処理場で燃えやすくなるのでエコ)

2.綺麗な方のカゴをセットする。

3.その日使ったカゴを、丸洗いする。

といったサイクルです。

もうひとつカゴがなければ、汚れた方を
丸洗いできないですもんね。

なるへそ~と思いました。

このやり方でイケるか心配だったのですが
3カ月以上この方式を試しましたが、GOODです。

今まで排水溝ネットにあまりゴミがたまってないと
もったいなくて毎日捨てない日があったのですが
この方式だと、毎晩必ず捨てるし
しっかり丸洗いして、ついでに排水溝の中もぐるりと洗うので
臭いや汚れがつかなくなりました。

こんなに汚れ度合いや、排水溝の汚れ度合いが違うもんなのかと
改めてコマメにお掃除することの大切さを実感してます。

ちなみに、私の母はそもそも排水溝に汚れたものを流さない主義で
ドレッシングやソースのついた汚れは必ずウエスでぬぐうし
ぬぐいきれない液体のものは、新聞紙に含ませて生ごみにして捨てています。

ここまで徹底しているので、排水溝は恐ろしいほどピカピカです。

***************************************
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。

Bmura_9
     Bran_8
***************************************

|

« 【サイクロン掃除機物語 第6章】 | トップページ | 【洗濯機のメンテナンス】 »