« 【この季節にいいキッチン用品】 | トップページ | 【排水溝のカゴ】 »

2011年6月17日 (金)

【サイクロン掃除機物語 第6章】

サイクロン掃除機物語 第6章

「話はシャワーの後で・・・」

あれだけ恐れていたゴミ捨て作業が、あっさりと鹿のフンであることが
判明し、少々肩すかし気分になったおそうじペコ。

とにかく、気がかりだったゴミ捨て作業が確立しクリアできたものの
それだけでは我慢がならないのが彼女の性分。

「だって、鹿のフン状態でゴミの塊がおちたところで
フィルター部分や、ダストボックス内部の隅に
しっかりとダストがこびりついているじゃあないの。」

そう、サッシや障子の桟であろうと、引き出しの隅であろうと
ほんのわずかなスペースに潜む汚れやダストすら掃除棒でかき出し
この家の中で、ホコリが溜まるデッドスペースなぞ許さないペコである。

ダストの巣窟である、掃除機本体内部を
ただ「ボトリ」ですませる道理はない。

「いいこと!できるところまで、分解洗浄。
これが私の理想とするメンテナンスイメージよ!」

そうきっぱりと宣言すると、容赦なくダストボックスを
バスルームに連れ出して、あられもない姿に分解してしまった。

59

ご覧のように、自動電源で運転するフタ部分を
のぞいた、すべてのダストボックスのパーツは丸洗いが可能なのである。

大切なことなので、もう一度言います。

丸洗いが可能なのである。

今までどんなに綺麗にしたくても、旧式の紙パック掃除機では
紙パックを捨てた後の本体にウエスをかけることが精いっぱいだった
ペコにとって、エアコンクリーニングと同じく、フィルター部分含め
パーツ類を美しく洗浄できる「丸洗い行為」こそが
まさにエクスタシーそのもの、メンテナンスの醍醐味、旨み
全てなのである。

「すばらしいわ、フィルター部分もシャワーをかけるだけで
溝にたまったダストが流れ出てリフレッシュできる!」

もちろん、ダストボックスだけではなく
こうしたヘッド部分のローラーもコインで外して丸洗いできる。
(※ヘッド本体は、丸洗いできません。)

58

ローラー部分は、少し固めのブラシで毛の流れに沿って
掻きだすと根元にこびりついたホコリやゴミがよくとれる。

510

勢いにまかせて、分解してしまった本体も
このように、合わせ矢印のガイドがあるので
説明書など読まずとも、たやすくセットできる。

Gomi8

もちろん、掃除機本体やノズル部分、コントローラー部分など
全てのボディは掃除機をかけた後に丁寧にマイクロ雑巾で美しく拭きあげている。

56

ペコは得意のお掃除スケジューリングで、
ゴミは掃除ごとに片手でぽんですて
毎月第四週にダストボックス本体を分解して丸洗いすることに決めた。

いわゆるゴミ捨てラインや、フィルターメンテのお手入れサインランプなども
当然搭載されているのだが、ペコは空気清浄機でもエアコンでも、
2週間に1度のメンテが基本で、お手入れランプが必要ないほど
先手先手でメンテをしていることを自負している。

さて、この数カ月のペコの掃除人生はどうだったであろう。

美しすぎるその本体に圧倒され、
次々に繰り出される最新式サイクロン式掃除機の技の数々。

時におののき、時に軋轢をかけつつも、常に無言でペコについてきてくれた
サイクロン掃除機美女・・・

ペコにとって、長らく掃除機は見えるゴミを吸い取るだけのもの。
さほど大きな存在ではなく、ましてや、紙パックのないサイクロン式掃除機なぞ
自分には必要のないものだと思っていた。

「ところが、今では困ったことに、あなたのハウスダスト発見センサーと、
どんな小さなダストも許さない能力がないと・・・
毎日の掃除がままならないほどに魅了されてしまったのだわ。」

「そう、貴女は今やわたしにとって、なくてはならない相棒なの・・・・」


ついに、そのフレーズがほとばしり、サイクロン掃除機美女の前に膝まづき
これからもついてきてほしいと懇願するおそうじペコなのであった。


二人の前には、湖のごとき輝く静謐なフローリングの床と、
丹念に磨き抜かれた透明な窓のリビングが広がり、
これからのお掃除人生を祝福してくれるような、
見えないライスシャワー=ハウスダストが
降り注いでいるのであった。

・・・ Fin ・・・

******* あとがき *******

さて、長らくおつき合いいただきました
サイクロン掃除機物語も今回で最終章となりました。

あんな方こんな方、予想外の実に様々な方から沢山の
反響をいただき、当初は第4章くらいで終わらせる予定だったのですが
なんと6章までひっぱってまいりました。

本来ならパナソニックさんに失礼のないよう
真面目なモニタリングをして、記事としてまとめるべきなのですが、
私の妄想癖ゆえにこのような結果になりました。

この掃除機の魅力の全てををお伝えできたかどうか
甚だ不安ではございますが、とにかく最後まで
お読みいただきまして、ありがとうございました。

え?

アンコールの章?

番外編?

そ、そいつは・・用意していなくもなくもなくはありませんけれども・・・。

皆さんからの熱いリクエストがございましたら
もしかしたら・・・・ふたたびサイクロン掃除機美女と会える日が
また来るかもしれません。

その日が来るまで、皆さんも相棒の掃除機を愛し、大切になさって
素敵な掃除人生をお過ごしください。。


***************************************

ブログランキングに参加しています 
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。

Bmura_9
     Bran_8 
***************************************

|

« 【この季節にいいキッチン用品】 | トップページ | 【排水溝のカゴ】 »

掃除グッズ」カテゴリの記事