« 【窓を開けると】 | トップページ | 好きなインテリアコーディネート教えて! »

2011年7月22日 (金)

【薔薇より美しい。】

我が家の洗面室。

お客様に手を洗ってもらったり、うがいをしていただくと
必ず「きっれ~い」と褒めてくださいます。

ええ、まあ、綺麗ですとも、ケンソンはしません。
おそうじペコですからね。

ところで、

こうして洗面台を見ていただいて、どこを見て
きっれ~いと思うのか・・考えて見てください。

チッチッチッ ・・・・ Thinking time ・・・・

Kaga

じーっと見て考えると、そう!

矢印部分の、ステンレス素材部分に目がいきますよね。

Kaga2

洗面台やボウルに髪の毛ひとつ落ちていないのはもちろんですが
きっれ~い!と思うためには、この目に飛び込んでくる
輝きポイントを「よりデカデカにする」ことを心がけるといいです。

そのために、水アカをコマメに拭くのと一緒に
ドライ状態のマイクロぞうきんや、タオルで磨くと
ますます光ります。

コツは、水気がないドライ状態のもので拭くこと。
力を込めずに、かるく、でもしつこくきゅっきゅっと磨くこと。

イメージだと、シルバー製品を磨くような気持ちです。

あとは、皮靴のお手入れの最後にストッキング素材のもので
仕上げに軽く全体を拭くと、綺麗にツヤがでますよね。
あんなカンジです。

Kaga3

見てるだけで、ドキドキするほど綺麗に輝きます!

Kaga5

私はお客様のため・・・もありますが
自分が洗面台に立った瞬間に、自分で自分の洗面台を
「ああ、なんて美しいの・・・!!と自画自賛したいがために
磨いています。

Kaga6_2

トイレ掃除の時などは、水受けの水栓部分を交換用タオルで
いつまでもキュッキュッと磨いては、ため息をついてます。

磨けば磨くほどに美しい・・・

脳内には、布施明の「薔薇より美しい・・・」が何度もリフレインします。

私は、恐ろしいことに「自分の目は絶対にごまかせない。」
ということを自分のことだけに知っているので・・・・
だから、お掃除の手を抜くことができないのです。

おそうじペコをやるのもつらい。でも、楽しい。やめられない。

この悶えるようなジレンマ・・・・・!


ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。
大変励みになりまする。宜しければお願いいたします


Bmura_9
     Bran_8 

|

« 【窓を開けると】 | トップページ | 好きなインテリアコーディネート教えて! »