« 【KEYUCAのキッチン小物】 | トップページ | 【浴槽掃除の前に一発!】 »

2011年8月17日 (水)

【水垢ピンポイント攻撃】

大人の夏休みも終わり、たまった仕事がやってくる。

そして、数日前にサクっとひとつ、年をとりました。

最近はいいですね、アラフォーとかアラサーとか
年齢を大雑把に区切る言葉がありますからね。

なんか○○才です!というナマナマしさが誤魔化せるというか。

37、8歳の方はアラフォーというと
ちょっぴり焦る感覚だけれど、41~3歳くらいだと
「まだまだ30代後半と同じグループdash」という余裕と安心感があるような気がします。

でもあと数年したら、今度はアラフィフになるのだわ・・

自分としては、・・ぜんっぜん頭の中は成長していないんだけど
ちらっと白髪を見つけたり、目が疲れやすくなったりして、
このギャップをどうしたらいいのかしらと、とまどうばかりの私。

さて、最近お買いものだのキッチンツールの話ばかりしていたので
今日は大いにおそうじについて語りたいと思います。

私はほとんどのおそうじは素手でやっています。

合成洗剤やきつい洗剤を使わないから、ということもありますが、
汚れのレベルはどのくらいか、どの程度力を込めればよいのかは
やっぱりゴム手越しではわからないからです。

とくに素手でのチェックが大切なのはお風呂場掃除です。

一見きれいでも、手でススーとなでると
固くなった水垢跡はゴリゴリとした感触がしてひっかかります。

特に、我が家はこの画像部分が顕著。

浴槽の角の上部に水栓があるので
そこから垂れる水滴がそのまま固まるのでしょう。

コマメに拭いていても、いつも見張ってるわけではないので仕方ない。

Mizuaka

このゴリゴリを放置しておくと、かなりやっかいなことになります。

なるべく早く見つけたら、ちょっと濃いめのお酢スプレーか
クエン酸をかけて放置。

ある程度、水垢に浸透したところで
少し硬めのブラシでこすります。

Mizuaka2

この時、力任せにゴシゴシやっても、上滑りするだけです。

力を込めれば込めるほど、毛先はつぶれてしまいます。
なので、毛先を意識してつぶさないように
なるべく直角に力を入れて(入れすぎない)こすります。

歯医者さんで教えてもらう正しいブラッシングの要領です。

この青いブラシは、スコッチのお風呂場用ブラシです。
力の入れ方次第で毛先だけで、強い力を発揮してくれます。

水抜きボタン周辺も、水垢がこびりつきやすい。

Mizuaka3

固いブラシである程度、固まった水垢をこそげ
あとは残った部分を、またお酢スプレーを含ませた
アクリルたわしでこすります。

アクリルの毛束でゆるんだ汚れをこする感覚なので
これは力を込めて、まんべんなくこすります。

Mizuaka4

これでもダメなら、重曹をふりかけてクレンザーのようにして
こするという手もありますが、なるべくそれはしたくない。

浴槽が微妙に傷つく気がするからです。

よく、浴槽のカルキ汚れに・・・ という商品で耐水ペーパー風の
お掃除グッズがあります。

確かに、あれでこすればこんな苦労なぞしなくても
あっけなく固くなった水垢は落ちます。

メラミンスポンジも同じく。

しかし、水垢と一緒に表面のコーティングがとれて
細かい傷が残ってしまい、今度はその傷に汚れがたまり
同じ部分が汚れやすくなるというデメリットも
頭に入れて使わなくてはなりません。

なので、一応非常時用に耐水ペーパーも
メラミンさんも持っていますが、
私は、それは本当に奥の手・奥義として考えています。

(お掃除に対する捉え方は、様々だと思うので
私個人の考えです。)

しかし、浴槽のほんの一角の水垢掃除だけなのに
ここまで手をかけ、力を込めて掃除をすると
もう、汗べっしょりです。

夏のお風呂場掃除はホント苦行。

お風呂のあちこちに水垢ポイントは日々増殖し、これらを全部メンテナンス
しようと思うと1日中お風呂にこもって磨いていないと
いけませんよね。

なので、私は全体をざっときれいにお掃除して
今回はここを・・次回はここ・・という風にピンポイントで
手の込んだメンテはしています。

お風呂に入りながら、あちこちを撫でまわし

「よし、明日はここを攻めよう」

と思い、その日のお風呂タイムにつるっときれいになっていると
何ともいえない幸福感に包まれます。。

ウフフ。

ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。
大変励みになりまする。宜しければお願いいたしますshine


Bmura_9
     Bran_8

|

« 【KEYUCAのキッチン小物】 | トップページ | 【浴槽掃除の前に一発!】 »

家事の妙技」カテゴリの記事