« 【フキンの煮洗い】 | トップページ | 【冷蔵庫の手垢】 »

2011年9月 5日 (月)

【排水口掃除とおそうじ魂】

前回のフキンを煮洗いした後、なぜトングでわざわざフキンをつまみ出したかと
言いますと・・

セコビッチな私は、その残り湯をザーっと流すのがもったいなくて
リサイクルしています。

鍋から、シンクの洗い桶にお湯を戻し
排水トラップなどの排水口ツールをつけ置きします。

一度大量のフキンを煮洗いしただけに
大分濁った湯なのですが、排水口ツールならまあ、よかろう。

Haisui

さて、この石けんと酸素系漂白剤での漬け置きですが
一般的な塩素系漂白剤のように
漬けておくだけで真っ白!にはなかなかなりません。

それだけ作用がマイルドってことなのですが。

塩素系から切り替えたころは、全然きれいになってないじゃんか!
とイラっとしたものです。

でも、しっかりお湯で漬け置きして
その後ブラシやそうじ用のアクリルたわしでこすり洗いをすれば
汚れが浮いているので、ちゃーんときれいになります。

ひと手間足りなかったのね。

Haisui2

煮洗い汁のリサイクルですが、しっかり汚れが落ちました。
排水ツールがピカピカきれいだと気持ちいいね。

Haisui3

少し前までは、実は私はキッチン排水口のメンテナンスに
さほど熱心ではありませんでした。

シンクさえピカピカなら、その先はどうせ
毎日汚れるんだし・・と思っていました。

排水口のおそうじも週に1~2回程度。
汚れたらこんな風にたまにつけ置き程度。

でも、ごみ受けを浅型メッシュタイプにして、
ゴミネットを使わないシステムに切り替えたところ
生ごみがあふれないように、コマメに捨てながら
排水口を覗き込む機会が増えました。

そうすると、不思議なもので目に見える範囲が広がり
排水口もその先も見える分はピカピカにしておかなくちゃ・・
という気持ちがわきあがりました。

今まで以上に、ウエスで汚れ物をぬぐい
なるべく汚水を流さないように気を使い
一日の最後にはシンク磨きとセットで
毎日トラップまではずして磨くようになりました。

そうすると、当たり前ですが汚れが蓄積されないので
いつパカっと排水口を開けても、ピカピカにきれいな状態が
目に入るようになり、ものすんごく気分がよくなりました。

ここは、海の入り口なんて考え方をする人もいますが
いつもいろんな汚れ物の排水を飲み込んでくれて
ありがとう・・・もっときれいにしてあげるね。

なんて、いつもの掃除魂が宿るようになりまして。

なんとなく、排水口をピカピカにする心理って
トイレ掃除につながるすがすがしさがあるなあ・・

なーんて、今日も排水口を覗き込んで思ったりするのでした。

ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。
大変励みになりまする。宜しければお願いいたしますshine


Bmura_9
     Bran_8

|

« 【フキンの煮洗い】 | トップページ | 【冷蔵庫の手垢】 »

ナチュラルクリーニング」カテゴリの記事