« 【気が付けば愛用品。】 | トップページ | 【大掃除報告8】 »

2011年11月18日 (金)

IHの谷間

clip お知らせ

本日発売のPHP社「暮らしラク~る」12月号

「カレンダーでばっちり計画!
おそうじペコ流 ナチュラル大掃除」

にて取材協力いたしました。

Php

カレンダーを使っての大掃除計画は、日経ウーマンさんでも
特集いたしましたが、家族みんなで参加できる
ご家庭用の大掃除スケジュールです。

こちらもカレンダーを使って具体的サンプル計画表を作ったので
とても参考になると思います。

そして、細かいお掃除術も詳しく掲載しています。

私の愛用プラチナのマイクロ雑巾や、しゃぼん玉せっけんさんの
酸素系漂白剤などプレゼント企画もありますよ。
ぜひ応募くださいね。

「暮らしラク~る♪」さんは、雑誌といっても文庫本より少し大きめサイズ。
お値段も350円というプチプライスのとても
手に取りやすい雑誌です。

内容が、一般雑誌のいわゆる「読み物」「お役立ちもの」だけを抜粋して
作ったような構成になっていて、どの記事もすごく読み応えがあります。

よろしかったらぜひご購入くださいね!

****************************

さて。

お手入れが簡単という定評のIHコンロですが、確かに五徳がない分
ガラストップを重曹やクレンザーで磨けばピカピカになるので楽ちんです。

しかし、このようにフィルターを取り外すと
排気口に通じる崖や谷があります。

Ih2

しばらくお手入れを怠ると油を吸ったホコリが積もってしまいます。
(我が家は取り外して、お手入れできるタイプですが
できないIHもあると思いますのであしからず。)

こうした手が入らないところのほじくり掃除は
掃除棒の出動ですが、輪ゴムでウエスをまきつける
いわゆる一般的な掃除棒だと、巻き付け方がアマイとこのように
すっぽり抜けて奈落の底に落っこちて大変なことになることがあります。

Ih

巻き付けるのも面倒なので、私は「妖怪・一反木綿方式」。

左手でウエスの先をつまみ、中に垂らして右手で掃除棒を操りながら
中のホコリや汚れを掻き出します。

しっかり左手でつまんでいるので、ウエスが落っこちない。

Ih3

ご覧あそばせ、排気口の中もピカピカです。オホホ・・

Ih4

普段は水拭きウエスだけですが、油汚れがひどい時は
アルカリ電解水を使います。

セスキよりアルカリ度が高いので、つるっと汚れが落ちます。
そして二度拭きがいらないので面倒くさくない。

ただ、強い洗剤なのでごくたま~にです。

毎週拭いていれば、洗剤はほとんどいりません。

※アルカリ電解水はアルカリ性ですので、材質によっては
剥げたり変質することもあります。
また、IH本体は電化製品ですし、排気口は複雑な構造です。
お手入れしすぎることで故障の原因になることもあるので、
しっかり取扱い説明書をお読みの上、自己責任でお手入れしてくださいませ。

実はかつて電子レンジの電磁板をセスキで毎日のように磨いていたら
ボロボロに変質させて壊してしまった経験があります・・・・・(怖)。

今のレンジも、数か所重曹クレンザーでこすりすぎて剥げた部分があります・・・・・・。

お掃除はホドホドになのですが・・

しかし、それでも私はエアコンでも、空気清浄器でも、掃除機でも電化製品は
とことん分解できて、お手入れを追求できるタイプが好みです。

お手入れ不要の家電製品はどうも信用ならん。

ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。
大変励みになりまする。宜しければお願いいたしますshine


Bmura_9
     Bran_8

|

« 【気が付けば愛用品。】 | トップページ | 【大掃除報告8】 »

works」カテゴリの記事