« 【イケメン炭酸水】 | トップページ | 【みかんの皮でお掃除】 »

2012年1月13日 (金)

【炭酸水のPH値】

前回炭酸水についてあれこれウンチクを語りました。

あれから自作炭酸水であちこちお掃除をしてみたものの
確かにさっぱりする気がするけれど、ネットリ系の汚れや
酷い汚れ(キッチンの油汚れ)には、やはりあまりよさを感じられませんでした。

そもそも弱酸性なのに、なんで汚れにいいんでしょう。

これまた卓上の理論だと、弱酸性には「殺菌・界面活性作用がある」
とのことらしいです。

でも本当に炭酸が弱酸性なのかな、そもそもどのくらいのPH値なんだろう・・

と気になって夜も眠れなくなりましたので
調べてみることにしました。

東急ハンズにて見つけてきましたPH試験紙です。

お掃除監修のお仕事で、ほかのエコクリーニング素材も実験
したかったので購入しました。

Ph

早速自作炭酸水の値を調べてみます。

Tansanph

ちなみに、雰囲気を出すためにビーカーを使いましたが
漬け込んだ後に、試験紙についている試験薬が溶け出して気持ち悪い
ことになり、大変後悔しました。

ラップの上とか、捨てるプラ容器なんかでやるべきです。

急いで取り出してチェック。

Tansanph2_2

う~~~ん。

限りなく中性(PH=7)に近い6くらいか、どこが弱酸性なんじゃ!

さっぱりした気持ちになっていたのは
プラシーボ効果だったのかい!

くやしいので次に市販の炭酸水を調べてみました。

(今度はちゃんとラップの上で)

こちらはph=4くらい。弱酸性といえるでしょう。

Tansanph3

二つ並べると違いが判るかな。

左が市販の炭酸水、右が自作。

Tansanph4

動かしてしまったので、左側は少し試験薬が溶け出してしまいましたが
明らかに左の方が酸性よりです。

ちなみに、市販の炭酸水は

「水、二酸化炭素、塩化Ca、硫酸Mg」でした。

市販のものでも、クエン酸が加えてあるものも確かあったはず。

つまり、配合が難しく、しかも危険を冒してまで
自作するよりも買ってきた炭酸水の方がきちんと弱酸性で
効果もあるということです。

ここまでやってみて、納得しました。

炭酸水のお掃除は、あのシュワ~という炭酸ガスが抜けてしまった後でも
二酸化炭素は水の中に残っているそうなので
効果は持続するそうです。

というか、開けたてほやほやでスプレー容器に入れて密封すると
プスプス吹きだしてきて、すごく危険なムードになるので
開封後しばらく経ってガスが抜けてからスプレー容器に入れた方がよいです。

炭酸水はもともと飲料用で販売されているものですので
お掃除に使用する場合は十分注意してお使いください。

ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。
大変励みになります。宜しければお願いいたしますshine


Bmura_9
     Bran_8

|

« 【イケメン炭酸水】 | トップページ | 【みかんの皮でお掃除】 »

ナチュラルクリーニング」カテゴリの記事