« saita!2月号掲載 | トップページ | 【イケメン炭酸水】 »

2012年1月 9日 (月)

【白色伝説】

clip お知らせ

@nifty地球のココロで連載中の、おそうじレシピ・その2をUPしました。

今回は年末の駆け込み大掃除の時にご紹介した
ウエスの作り方を簡単レシピにしました!

よろしかったらご覧くださいませ。

いろいろ楽しいレシピ満載!地球のココロ
ペコレシピ

*********************************************

長年愛用していた液体せっけんが販売停止になってしまい
使い勝手のよい石鹸をさがして試行錯誤しています。

せっけんでのお洗濯というのは、これまた奥が深くて
みなさんそうだと思いますが、自分の家の洗濯機の機種と水質と
自分が洗濯にかけられる時間や手間との兼ね合いで
これなら・・ という落としどころを見つけるまでがとても大変。

それでも、合成洗剤にはない潔さというか
すっきり気持ちいいあの感覚を知ってしまうと、もう元には戻れません。
(私はの場合は、です。)

現在、あれこれ悩むのがもう面倒で
洗剤いらずの洗濯ボールとセスキ洗濯をしておりますが
これまた、セスキの濃度とかボールだけで落ちてるのかとか
いろいろで、毎回研究です。

Eco

洗濯ボールのお話は、もうちょい自分の中で
固まってから記事にまとめます。

今回は洗濯槽のお手入れのお話です。

私は毎月第一金曜日に、酸素系漂白剤でのメンテナンスをしています。

お湯で高水位までためて酸素系漂白剤で数時間漬け置きした後に
洗濯槽洗浄コースをまわし、その後もう一サイクルとれたカビや汚れをすすぐために
何もいれずに運転をします。

そのすすぎの時に、水が3分の1程度たまった状態で
スイッチを切って、ゴミとりネットを外した穴や
柔軟剤ポケット(私はクエン酸を入れてます)の中などをお手入れします。

また、洗濯槽についた汚れも回しているだけでは落ち切れない気がして
穴の中もブラシでごしごしとお手入れします。

この時に使うのが洗濯槽専用ブラシです。

普通のおそうじブラシよりも若干ブラシがやわらかく、大き目と細かいところも使える小さ目と両面ついています。

はじめ、100円ショップで見つけたのですが、専用ブラシが存在するということに
驚きました。

パッケージを見ても、ほら!私と同じ使い方・・

Brasi5

まるでペコの手のようだわ・・・・

Brasi4

でも、洗濯槽のお手入れは、漂白剤入れて回すだけじゃ物足りない・・と
思っていたので、このパッケージの写真を見た時に
正直うれしかったのを覚えております。

なんか、ブラシで隅々までこすりたいのは私だけじゃないんだ。
やっていいんだわ~と世間に認められた感じ。

(↑この感覚、おそうじマニアの方ならわかってもらえると思います。)

今まではピンクのものを使っていましたが、先日キャンドゥとセリアを
足して2で割ったような微妙な100円ショップを出先でみつけまして、
そこでなんと、白いブラシを発見。

Brasi2

洗面室のプチお掃除ベースキャンプに格納してもすっきり!

ここのキャンプは、私の中でビーカーとか
フラスコとかなんかそういう感じの研究所っぽい
イメージにしたいので、色物はなるべく混ぜたくないのだ。

Brasi3

ところで、お掃除グッズやプラ製品にイロモノが多いのはなぜ?
と常々思っているのですが、

「白製品を作るのはコストがかかるから、
色を入れちゃう方が楽で安上がり。」

という都市伝説のような話を聞いたことがあります。

先日、あるメーカーさんにその件を質問したところ

「そんなことはありません。都市伝説です。」

というアッサリした解答がありました。

ま、そらそうだよね~。

いろんな色があった方が楽しいし
みんなが白が好きとは限らないもんね。

しかし、私は汚れ度合いが確認できるので
雑巾もグッズも白が好きだ。

純白の汚れのない白が好きだー!

※洗濯機の機種によっては、ブラシで強くこすると傷つくことがあるので
説明書をよくお読みになってご利用くださいませ。

ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、おそうじペコへの1投票になります。
大変励みになりまする。宜しければお願いいたしますshine


Bmura_9
     Bran_8

|

« saita!2月号掲載 | トップページ | 【イケメン炭酸水】 »

works」カテゴリの記事

掃除グッズ」カテゴリの記事