« 【いとしの崎陽軒】 | トップページ | 【新聞紙2】 »

2012年2月 8日 (水)

【新聞紙で窓拭き】

ribbon お知らせ

アイリス暮らし便利ナビで連載中の「使ってみました本音でレポート」
第五回分がUPされました。

今回は例のプラチナ雑巾について、熱くしつこ~く語っております!

そして、またしても動画で使い方の説明もしてますので
よろしければお聴きください。

http://www.iris-kurashi.com/peko_report/05.html

ペコレポ記念セールもしてますので、ご利用くださいね!

************************

忙しい日はネットで最新ニュースをチェックするだけで
読まないこともある。毎日だから当然すぐにたまるので
まとめて縛って古紙回収に出すのも面倒。

でもチラシは見たいし、日曜の朝なんかはガサガサいいながら広げて
夫とあーだこーだ言いながら読むのも楽しい。

それになんつったって、やっぱり人生相談の
増田明美さんのアドバイスはチェックしておきたい。

ペラっとめくっていて、増田さんだと必ず真剣に
読んでしまうわ。

増田さんのアドバイスには、愛があるのよ。

やたら励ますわけでもなく、諭すわけでもなく、
全部受け入れて、どうしていったらいいのかさり気なく
導いてくれる。

そんなわけで、新聞はやっぱりやめられません。

新聞といえば、昔ながらの方法でお掃除でもいろんな
活用方法がありますよね。

中でもよく聞くのは、窓ふき掃除に新聞紙。

新聞の印刷インクの効果で窓がピカピカになるんだとか。

窓は私は最近はスクィージーと炭酸水でやっておりますが
久しぶりに新聞紙を使いました。

いきなり汚れた窓に新聞紙で拭いても、ホコリなどがついて
綺麗にならないどころか大粒の砂でもついていたら
ガラスに傷がついてしまいます。

なので、まずは炭酸水でまんべんなく窓をスプレーして
手に余るくらいにダイナミックにくしゃくしゃにした新聞紙の方にも
軽くスプレーして(やりすぎると破けちゃうので加減して)
上から下に炭酸水を拭きとるようにかけてきます。

Madosin

まあ、我が家はちょっとホコリがついた程度でいつも美しい窓(フッ・・)なので
大丈夫なのですが、久々に窓掃除をなさる方で
汚れが激しい場合は、この作業を何度もやらないとある程度汚れが
落ちないと思われますので、まず濡らしたウエスで大まかな土埃などの汚れを拭きとってからのがよいかと思います。

道路の近くの窓などは、排気ガスや粉じんなどが混ざって結構
ネバっこくてめんどくさい汚れがこびりついていることもありますので。

新聞紙のインクの油分がはじくので、汚れはとれても水気は
一度かけたくらいではこのように残ります。

Madosin2

もう一度今度はふんわり四つ折りにした新聞紙で
水を拭きとるようにしながら磨いていきます。

Si

中途半端な絞り方をした雑巾だと、拭き跡が残ってしまって
何度も拭きなおしたりしないといけないのですが
新聞紙の場合、点ではなくて面で磨く感じなので
スッキリきれいに仕上がります。

多分この時にインク成分がツヤだしの効果を発揮してくれるんだと思います。

ついでに掃除に使った新聞を全部まるめて
排水溝のドロ汚れも一緒にお掃除しちゃいます。

Madosin3

吸水性も強度もあるので
雨上がりにやってもよいです。

ただ、インクがついて手が真っ黒になってしまうので要注意。

私は昔、手荒れケアのためにゴム手をして
これをやったらゴム手が真っ黒になって面倒なことになりました。

たとえ新聞紙とはいえ、大切な資源なのでなるべく
リサイクルに出したいけれど、たまにはお掃除グッズとして
楽しんじゃってます。

 shine掃除ブログランキング参加中shine

画像クリックでおそうじペコへ1投票になります。
大変励みになります。よろしければお願いいたします。

 

|

« 【いとしの崎陽軒】 | トップページ | 【新聞紙2】 »

ナチュラルクリーニング」カテゴリの記事