« 【さらにトイレ掃除そして奥の手】 | トップページ | 【アルカリ電解水について】 »

2012年3月 1日 (木)

【お酢のPH値】

3月になりました!今月も「交換日」宣言いたしまーす。

家中のフィルター、スポンジ、歯ブラシ等消耗品を
とりかえましょう。

まだまだ使える?ようでいて新しいものをおろすと
やっぱり摩耗していたんだわってわかりますよ!

*******************

先日も画像をUPしましたがホワイトビネガーを買いました。でかっ!

Binega

私は酸性系スプレーは、クエン酸と穀物酢の2種類のスプレーを
場所によって使い分けています。

トイレなど壁や床の広範囲を掃除する時は
二度拭きがいらないお酢スプレーです。

お風呂場などカルキ汚れの顕著なところや、カビ防止に使いたいところは
酸性成分が残留する(=二度拭きが必要)クエン酸スプレーです。

今回購入したホワイトビネガーは、とうもろこしや大麦の穀物を原料にしていますが
醸造用アルコールから作られるお酢で
原料の風味がほとんどないので、穀物酢よりもより
さっぱりした使用感になります。

この↑でかすぎるボトルなので、スプレー容器に入れる時は
注ぎ口のついているボウルに一度移してから作ります。

メーカーにもよると思いますが、ハインツのホワイトビネガーは
普通のお酢スプレーと同じでお水との割合は1:1でよさそうです。

気になる酸性系スプレーがそろったので
ph値のチェックをしてみました。

Ph

私の感覚では、クエン酸が一番水垢に効果があると感じますが・・・

Ph_3

それぞれスプレーした結果です。

画像ではわかりませんが微妙に一番ピンク色が濃いのは
やはりクエン酸水でした。

次に穀物酢、とホワイトビネガー。この二つはほぼ同じくらい?

ちなみに、ホワイトビネガーの原液と水で割ったものは
ほぼ同じPH値でした。

Ph_2

水で割っても同じなら、割増しした方がお得ですな。

この結果からするとクエン酸水が一番よいようですが、
酸性が残留する性質を考えると、あちこち気軽には使えません。

きっちり二度拭きすればOKなのですが、面倒くさいし
取り切れていないこともありえます。

むかーしエコクリーニングにハマり始めた当初の失敗例。

Photo

クエン酸使いすぎて、トイレ水栓の根本を腐食させてしまった。

これがトラウマで、トイレ水栓部分に積極的に
アプローチできなくなってしもうた・・

かといって、二度拭きいらずのお酢系のスプレーはやはり
あのツンとした匂いが気になるし一長一短なのかな。
(ミントオイルなどを入れれば緩和されますし、そのうち揮発するのですが)

また酸性のものは、金属を腐食させたり材質を変質させる作用が
間違いなくあるので(体験上)、水垢とりのお酢パックなどは
20分~30分以上は放置しないでくださいね。

特に金属周辺は私はお酢でもしっかり水拭き(できれば洗い流す)しています。

こう書くとかなり小難しいと感じるかもですが、やっぱりお酢系は
殺菌力もありますし、水回りのお掃除にはオススメです。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8 

|

« 【さらにトイレ掃除そして奥の手】 | トップページ | 【アルカリ電解水について】 »

ナチュラルクリーニング」カテゴリの記事