« 【キッチンの家具を整理】 | トップページ | 【バックの中身】 »

2012年3月15日 (木)

【うがい薬の真実】

まだまだ風邪の季節です。

毎年この季節になると、風邪予防特集の記事を書いています。

私は一度風邪をひくと、やっかいなことになるので

「風邪は、ひかない。絶対ひかないことになっている。」

の信念・思い込みのもと、予防への情熱はかかしたことはありません。
(それでもひくけどね・・)

過去ログをほじっていただければ、風邪予防の
細かい情報が痛々しいほど掲載されていると思いますので
興味のある方は読んでみてください。

「緊急特別企画・喉イタ対策スペシャル」

ほとんどのノウハウは↑のリンク先にまとめてあるのですが
端折っていうと、風邪予防はうがい・手洗い・顔洗い・メガネも洗う
鼻の穴も洗う、くらいの帰宅後の洗浄です。

手洗いは爪や、手のシワまできれいに洗浄するにはコツがいるので
今は手早く消毒ジェルをして、それから洗っています。

うがいは、夫と自分と分けています。

Ugai

ガラガラ~ア~ではなく、オ~の方がのどの奥まで届きます。
いきなりやるのではなく、まず口の中でブクブクうがいをして
ウィルスを出してから、ガラガラうがいです。

これまた、緊急スペシャルでもしつこく書いていましたが
うがい薬は2種類用意しておくと便利です。

左側は殺菌消毒のイソジン。右側はアズノール系の青いうがい薬。

イソジンは風邪をひく前の菌を殺すのに使います。
また、口腔内の殺菌にもよいので、歯の治療中などは
寝る前に一発うがいするとよいそうです。

Ugai2

そして、痛くなってしまってからのイソジンは傷口に塩を塗るようなもので
よくないそうです。

喉が腫れていたい=炎症を起こして傷ついている

わけですから、右側の青いアズノールうがい薬を使います。

最近私も知ったのですが、このアズレンという成分は
優れた抗炎症作用のある成分だそうで
うがい薬以外にも、傷薬や、のどに直接スプレーするもの
またお尻の洗浄薬なんかにも配合されてるみたいです。

Ugai3

私はちょっと喉があやしいな・・と思うと、このアズノールを
濃いめにしてたくさんうがいをするとよくなることがあります。

また、先日はアツアツのスープを急いで飲んだために
舌をヤケドしてしまったのですが
アズノールがいいのではないか?とひらめき
冷たい水に濃いめにとかしたものを、口に含んだところ
(コップい1杯分くらいを1時間かけて何度も口に含んで
患部の舌に浸していました) 大分改善されました。

昔はあまり見かけませんでしたが、最近は薬局の市販薬でも
この青いアズノール系のうがい薬やのどスプレーを見かけるようになりました。

つらい喉イタの時はお試しください。

尚、以上の情報、薬、食品等は私個人の
体験上効果があるというご紹介です。
人によっては体質に合わない場合もあります
のでご注意ください。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8

|

« 【キッチンの家具を整理】 | トップページ | 【バックの中身】 »