« キッチンの引き出し | トップページ | 【キミこそ圧縮袋だ!】 »

2012年4月27日 (金)

【届かないところに簡単モップ】

お知らせ

アイリス暮らし便利ナビさんで、外掃除特集号がUPされました。
今回は、私もペコレポとは別枠でご協力させていただきました。

噂のスチームクリーナーを使って、外掃除をしています。
今回も動画つき、そして出張お掃除もしてみましたー!

是非お読みくださいね!

「お掃除徹底検証」

http://www.iris-kurashi.com/special/20120402/

*********************************

お掃除棒はかかせない私のお掃除必須アイテムです。

基本的に指が届かないところ、凸凹した場所の端っこにたまった
汚れなどに届かせるために使用いたします。

愛用しているのは、元・菜箸と、バーベキュー用の大きい竹串です。

一般的な焼き鳥の竹串は、すぐに折れるし
あてがった雑巾を突き破ることが多いのであまり使ってません。

また長さもあるので、端っこをほじくり掃除するだけでなく
届かない場所にモップやハタキのようにして使うこともできます。

その時は、雑巾をあてがって使うことはできないので
輪ゴムで簡易ハタキ風のものを作ります。

おすすめは、フローリングワイパー用のシートです。

縦に置いて、真ん中に掃除棒を置きます。

Moppu

二つに折り返します。この時数センチ先に余裕をもたせます。
フカフカにするためです。

Moppu2

で、根本をしっかり輪ゴムして完成!

Moppu3

セロテープでもやってみましたが、はずれてしまうので
やっぱり輪ゴムが一番です。

輪ゴムは、このような太目のものがよいです。

Moppu4

これを使って、高いところや

Moppu5

隙間の奥の方や、テレビボードの裏なんかをフキフキします。

Moppu6

フローリングモップシートには、流動パラフィンという
オイルっぽいホコリ吸着成分みたいなものがついているので
ホコリがよくとれます。

ただの布だと、ホコリが吸着しずらくて逆に高いところをモップすると
ホコリが落っこちてきてきちゃうので
シートを使っております。

尊敬するお掃除女優の松居さんの有名な
マツイ棒は、先の方まで細い輪ゴムでぐるぐるに巻いたものですが
高いところを広範囲にモップするには
これでもいけるかな?と思ってます。

(ぐるぐるに細かく巻くのが面倒くさかったということもありますが・・・汗。)

ちなみに、シートを使うのがモッタイナイと思う場合は
濡らしたウエスでもいいと思います。

乾いたものだと、ホコリがおっこちてくるだけなので
しっかり水気を絞ったもので。

Moppu7

和室には鴨居やなげしなど凸凹が多いので、
定期的にお掃除棒モップで高いところもホコリをとっておくと
エアコンをつける時期に、エアコンの風にあおられて
ホコリが舞うこともないと思いますよん。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8 

|

« キッチンの引き出し | トップページ | 【キミこそ圧縮袋だ!】 »