« anan特集号 | トップページ | 半年ごとの交換日作業 »

2012年6月29日 (金)

菜の花石鹸

ribbon お知らせ

アイリス暮らし便利ナビで連載中のペコレポ11回がUPされました。
梅雨の部屋干しでも家事を楽しく!をテーマの後編です。

是非お読みください☆

「部屋干しをおしゃれにコーディネート*その2」

**************************

粉石けんは、シャボン玉石けん「スノール」愛用なのですが
キッチンでの食器洗いにはミヨシ石鹸の「菜の花せっけん」
を使っています。

実はずっと同じミヨシさんの液体石鹸の「無添加」を使っていたのですが
DSで偶然みつけ、パケ買いしてからリピするようになりました。

Nano

なんとなく懐かしいかわいいパッケージ。

使用感も、無添加よりも石鹸くささがマイルドで
サラっとしている気がします。

成分を見てみると

Nano2

無添加液体石鹸とあまり変わらない気がします。

成分由来のものが違うくらい?と思って
ミヨシさんに聞いてみましたら、従来の無添加液体石鹸に
グリセリンなどのうるおい成分を少し配合しているとのことでした。

だからなんとなく使用感もマイルドなのかな?

でも泡立ちや、シンクが曇る感じはやっぱり純石けんですけれど。

食器洗いは、主に固形石鹸(純石けん)を使用していますが
魚や肉を使った後や、調理前の手洗いの時には
やっぱり液体せっけんがポンプボトルにあると便利です。

Nano3

↑このポンプボトルはケユカのなのですが
真っ白い容器だと残りが見えないし、かといって透明なのは
水垢のモヤモヤが目立ってしまうので
乳白色の半透明な感じがいい!と思って使ってます。

でも、ちょーっとポンプが固いので
無印の同じサイズのポンプを付け替えています。
サイズが同じなのかぴったりでした。

石鹸は、しっかり泡立てて使えば合成洗剤よりも
泡切れも早くお弁当箱などのヌルヌルも一発で落ちます。

でも、使用後にシンクが曇ったり
泡立て方のコツがわからないと、ぬるぬるしてしまったりと
難しいのもほんと。

それでも試供品などでいただいた合成洗剤を使うと
すぐに手がガビガビになるので
やっぱり石けんいいな、好きだな~と思います。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8 

|

« anan特集号 | トップページ | 半年ごとの交換日作業 »

ナチュラルクリーニング」カテゴリの記事