« iPhoneケース | トップページ | 汚れの風化の恐ろしさ »

2012年7月13日 (金)

植木の葉っぱお手入れ

お知らせ

アイリス暮らし便利ナビで連載中の本音でレポート、第12回がUPされました。

今月のレポは、スチームモップのハンディタイプです。

「気軽に使える!話が早い!コンパクトスチームモップ。」

これは、かなりおすすめアイテムです!

*******************************

リビングのシンボルツリーの観葉植物です。

もう10年近く育てているのですが、ヤシ科というくらいで
正式な名前は存じません。

とても丈夫です。

Yasi

確か葉っぱが大きいので、拭きやすいと思って決めたと思います。

そうです、葉っぱが大きくて拭きやすいということは
裏を返せばホコリが積もりやすいってことなんですよね。

当然定期的につもったホコリを拭き掃除します。

Ueki

この時に、もしゃもしゃたくさんある葉っぱを拭く順番が
わからなくなってイライラしないように
根っこのところにカエルの置物をおいています。

下をむいて、カエルを視点に時計回りに
上から下の順番に葉っぱを拭いていけば
どこを拭いているのかわからなくなることもありません。

Ueki2

よーく見ると葉っぱの根本あたりに
白いホコリがついてますね。

Ueki3

拭いとるとモソっととれます。

Ueki4

葉っぱを拭いた後は、水受けのお皿や
植木鉢や底に敷いているローラーなども拭きます。

Ueki5

足元にあるものは何でもホコリがたまりやすいもので、
結構汚れてます。

私の母は、グリーンフィンガーの持ち主で
観葉植物を育てさせるとどこまでも成長させてしまい、
室内でも植物の周りが溢れる植物のエキスのようなオーラのような
ものでベトベトになるほどでした。

今は自粛して観葉植物も1~2個に抑えているようですが
いつみてもイキイキと目が痛くなるほど元気です。

よく話しかけながら葉っぱをコットンで拭いていました。

私も声をかけてみたり、水をあげると
垂れ下がっていた葉っぱがクイッと上を向いたり
拭いてあげると、伸びをするように大きくなったり
世話をするとやっぱりかわいくなってくるもんです。

愛情持って大切に育てると、こんな私でも
そこそこスクスクと育ってくれるんだな、と思わせてくれた
植木第一号です。

一号・・・・といっても、かつていくつも枯らしてしまった経験上
増やすつもりもありませんが。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8

|

« iPhoneケース | トップページ | 汚れの風化の恐ろしさ »