« キュートなセラミックパン | トップページ | カレンダー特集♪ »

2012年10月25日 (木)

お掃除棒の使い方

おひさしぶりです。

気づけば11月はすぐそこ、みなさんゆるゆる大掃除も始めて
いらっしゃるようですね。

私も少しずつがんばっております。

でもまだ半分くらいしか終わっていないかな。

大掃除の時は窓掃除でも、普段やらない場所を掃除しようかな
と思いますよね。

ということで、窓掃除で使う掃除棒でちょっと気づいたことがあったので。

サッシや、窓枠など細かいところはやはり雑巾と指先だけでは
取りきれないホコリがたまっているので
掃除棒の出番です。

Bo

よく私がおすすめしているのは、菜箸や編み棒
など先が尖っているもの。

竹串もよいのですが、すぐに折れてしまうし
小さくてなくしやすいので大きい方がよいです。

先の尖っている部分を雑巾にあてて
こんなふうに細かい溝などをなぞるとたくさんホコリがとれます。

Bo2

この画像は、窓枠の上部。
ここも結構土ホコリがこびりついています。

Bo3

ところが、あまりゴシゴシやっていると・・・

Bo4

そう、こんなふうに先が尖っているだけに
気づいたら雑巾を突き破ってしまって
結局拭いていることにならなかったり。

掃除棒というと先が尖った方がよい!

と思いがちですが、うーんと細かい部分以外は
反対側の尖ってない部分。

↓ここ

Bo5_2

これを上手に使うと突き破ることなく
かつ、指先より細い部分まで綺麗にふくことができますのだ。

Bo6

突き破れるかな?どうかな?

とビクビクすることなくごしごしできます。

掃除棒は両端を使い分けすると
もっと便利です~!

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8 

|

« キュートなセラミックパン | トップページ | カレンダー特集♪ »

掃除グッズ」カテゴリの記事