« シティリビング | トップページ | ペコ本2冊目出版しました! »

2012年12月 4日 (火)

冷蔵庫の裏事情

大掃除のなかでも私が大御所と称して
心してとりかかる場所がいくつかあります。

まずは押入れ。

ここは4ブロックにわけ、4日間かけて全部出して
引き出しの中身も全部拭いて中も拭いて
入れ直すのでかなり重労働。

次は、キッチン換気扇。
いくら重曹や石鹸で楽にしようと研究しても
やっぱりあのシロッコファンの細かい羽根部分
一本ずつを丹精込めて磨くと
手も痛くなるし大変です。

あとはエアコン。
ここは解体できるところまで解体して
水洗いしてセットするだけなのですが
脚立を使って身の危険を感じながらの作業なので
やはり気合がいります。

そして最後に

冷蔵庫の裏側そうじです。

冷蔵庫の中身は偶数月に定期的にそうじしているのですが
冷蔵庫本体を動かしてその裏側を掃除するのですが
本体をぐりぐり動かし、体を裏側にすべらせ
ホコリまみれの壁や床、本体の細かい部分の掃除をします。

汚れても良い掃除用モビルスーツに、マスク二重にして
完全防備にして取り掛かります。

まずは、下部にあるカバーを外します。
(メーカーによって違うと思いますので、取り扱い説明書をお読みください)

Reizo

すると、ストッパーのような足が出てきますので
くるくる回すと上に少し浮きます。

Reizo2

浮かした下に、何か下敷きを敷きます。
古いバスタオルでもいいかもしれません。
実は私、今までの小さい冷蔵庫は大丈夫だったので
その感覚で、買い換えた新しい大型冷蔵庫をはじめてやるときに
何もかませないで動かしたら床に傷がついてしまったのですー。

Reizo3

下敷きをかませたまま、ゆっくり左右に動かして前に動かします。

すると出てくる。冷蔵庫の裏事情。

Reizo4

左上のホコリのとこに細いスジがあるのは
普段掃除機ノズルを突っ込んでいたからでしょう。

いくらノズルを突っ込んでもここまでしか
ホコリは取れていないってことですな。

あとは本体の背中もうっすらホコリが積もってます。
ウエスでしっかり拭き取ります。

ホコリがすごい場合は、一度掃除機でホコリを吸い取ってから
ウエスを二度ふきするといいと思います。

Reizo5

コンセントもホコリがつもっているので丁寧に。
ホコリプラス湿気で火災の原因になることもあるそうです。

Reizo6

しっかり掃除機をかけて、ウエスをかけてきれいになりました。
あ~すっきり。

Reizo7

こうした排気口?のようなところも
すごいホコリでした。

掃除機で吸い取ってウエスで丁寧に拭き取りました。

Reizo8

見えないところだけど、一度やってしまうと
毎年大変だとわかっていても
どーーしても無視できないおそうじ箇所になってしまいました。

戻す時は、不思議と前に引っ張るときより
スルスル~と戻っていきます。

あとはカバーをはめておしまい。

気分スッキリ。

それと、脚立を持ってきて上の部分も
きれいに拭けば完璧。

大変だけど、やったことないという方
是非やってみそ。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8

|

« シティリビング | トップページ | ペコ本2冊目出版しました! »

大掃除」カテゴリの記事