« 足元のホコリ | トップページ | ホコリとの戦い »

2013年3月 6日 (水)

ミズトレック

現在私はあるお教室に夢中になっております。

和紙を使って絵を作るちぎり絵の教室です。

パルプなどの混じりけなしの和紙は
とても強く、丈夫で長持ち。
古文書や古い書物が残されているのも
和紙の強さによるものです。

そんな和紙に今夢中なのです。

本来は指でちぎって風景や絵を描くのですが
先生にお願いしてちょっと息抜きに作ってみました。

(けっこう大変だった力作だったので無理やりブログに載せてみた。)

Mizu

ほとんどちぎり絵というより切り絵でしたが
ベイスターズのロゴですよ!

玄関にベベーンと飾っていて、見た瞬間
夫ドン引きでしたよ。

いいんです、好きなんだもの。

さて、このロゴは額に入れて飾っていますが
好きなチームのポスターや、カレンダーもの。
これからの新学期シーズンにむけて
お子様の作品や学校のスケジュールなどを
壁に貼ったりすることありますよね。

私はホコリがつくのでこうして額に入れたり
クローゼットの奥の壁にセロハンテープで貼ったり
していますが
先日、カタログのお仕事でご一緒させていただきました
ニトムズさんから面白いものが出ているので
使ってみました。

ひさびさ頼まれてもいないのに勝手にモニターです。

はってはがせるシリーズはいろいろ出ていますが
ニトムズさんのミズトレックシリーズは
水を使ってはがすタイプです。

好きな大きさに切れるテープタイプのものと
四角く切ってあるものと2種類。

Mizu2

カットして開封した後は残りを保管しやすく
ジッパーがついてます。細かいですな。

Mizu3

正方形にカットしてあります。はくり紙をはがして展示物に貼り付けるのですな。

Mizu4

特徴は水を使ってはがすところです。

Mizu5

わかりやすいようにはくり紙をはがして 壁紙に貼りました。
かなりびっちり壁紙に密着していて、展示物もがっちり貼り付けられそうです。

Mizu6

そして剥がず時は、このようにティッシュで水に含ませて10秒ほどおさえます。

Mizu7

そうすると、水を含んでカンテンのようにブルブルのぶよぶよ状態になるんです。
不思議ー。
あとは乾いたティッシュでかるくはがすと綺麗にペロリと剥がれます。

Mizu8

ただ、展示物の方には粘着物が残ってしまいます。
両方綺麗にとれたらいいのにな。

あと、もっと強度があってこの水で取れるタイプで
フックバージョンがあったらすんごいいいなーと思うのですが
今のところ紙などの軽いもののみだそうです。


お仕事で出会わなければニトムズさんというメーカーさん自体あまり
知らなかったのですが、実はいわゆる「コロコロ」を開発されたメーカーさんなのです。

それゆえにこうした粘着系の面白いグッズがたくさんありました。

コロコロなどは、今まで使った中で一番すごいと思うほどの吸着力でした。
ただあまり店頭で見かけないのが残念です。

山崎産業さんとか、アズマ工業さんとか、
あまり店頭で宣伝していなくても、昔からプロに愛される秀逸なお掃除道具を開発している
メーカーさんはたくさんあるんですね。

そして私はそういった玄人っぱいお道具が好きなのです。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***



Bmura_9
     Bran_8

|

« 足元のホコリ | トップページ | ホコリとの戦い »

掃除グッズ」カテゴリの記事