« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

3Mのステーショナリーグッズ

今回もまた3Mのグッズシリーズです。
面白いなと思ったステーショナリーをピックアップしてみました。

まずはスコッチの画鋲なしで貼れるシール。

Post1

壁紙などに展示物やポスターを貼れるのですが
よくある画鋲なしで・・のタイプでも一歩抜きん出ていると思ったのがここだ!

Post2

そう、水で洗うと何度も繰り返し使えるのだ。
使い捨てではないのでお得。

しかもペロリと剥がれるので、ポスターなど展示物側も
はがしても傷がつかないのだ。

早速壁紙にベイスターズの試合日程を貼りました。

Mizu

シーズンが終わったらはがせばいいのだ。

ここに日程が貼ってあると日々
確認できて便利(どんだけ野球漬け)!

はがす時もペロリですよ。壁紙も傷ついてません。

Mizu2

少しネトネトしてるので、そこについたホコリなどを
洗い流せばまた使える。

Mizu3

なかなか便利です。

でもわたしは、すぐにはがしたから簡単にはがれたけど
真夏の高温状態や長いあいだ貼りっぱなしのあと
ほんとに綺麗にペロリできるのかしらんと思いました。

もう一つは、お馴染みポストイット!

・・・のなんと全面密着タイプ。

Post3

これ、あるようでなかったですよね。

わたしはお弁当の副菜をまとめて作って
小分け冷凍してるわけですが
内容と日付をこんなふうにポストイットに書き込んで
容器に貼り付けてるのです。

しかし、冷凍庫を開閉する度引っかかったり
とれちゃったりしていました。

Post4

これならバッチリ密着。剥がれ落ちません。

Post5

ついでに、何度もはがさずに上から
新しいものを入れたら書き換えて数回そのまま
貼りっぱなしで使えます。

Post6

これまた便利。

お仕事なんかでも、資料の付け足し部分に貼り付けたり
ノートの追記部分に使えていいと思います。

しっかり張り付くので、落っこちてなくなるという心配がありません。

おそうじ道具から、こうしたちょっと面白い
ステーショナリーまでいろいろ開発されている3Mさん。

これからも要チェックです。

しかしスポンジも文房具も本当に日本のメーカー品は
日々進歩してますなあ。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8

|

2013年5月21日 (火)

モラルとアンモラル

今日はつぶやき的な思ったことをつらつらと・・

先週末、赤レンガ倉庫で行われた
ビーチカルチャーのイベントに行ってきました。

ところでビーチクリーンといった海岸をキレイにしようという活動は、
鎌倉や湘南の海岸でもよく見られます。

一人ひとつゴミを拾って、一人ひとつでもゴミを捨てない。

何百人の人がそれをしたらすごく大きなことにつながりますよね。

自治会等のクリーン活動でも、住人のみんなで
草むしりや道路に落ちているゴミを拾う活動をしていますが
とっても大切なことだなって思います。

んが、その会場の赤レンガでのこと。

トイレに入ると飛びちったトイレットペーパー、
何かを破って捨てたプラゴミ、なぜかビールの空き缶。

と個室がひどい有様。。

沢山の方が来場していたし、アルコールを出すお店も沢山あったので
少しばかり緩んでしまったのかもしれませんが、
会場のあちこちに大きい分別ゴミ箱が置いてあるのにも
関わらず、なぜ缶ビールや空き瓶を指定の場所に捨てられないのか。

少し悲しい気分になりました。

こうしたことはしばしばあります。

公共の場所だからこそ、みんなで気をつけ合って
綺麗に使っていきたいなあと思いました。

一方、横浜スタジアムでの出来事。

試合の合間のトイレタイムに長蛇の列が並ぶのは毎度のこと。

先日もあるトイレに並んでいると、向こう側にも
出入り口があるタイプのトイレでした。

二箇所入口がある感じです。

最初は右側の入口から入って、左側の出口から出る
という流れだったのですが、そのうち両側の出入り口に列が。

どうなるのかなーっと思っていると、自然と右側の人が個室に入ったら
次は左側の人、次は右の人・・と
ルールができて秩序が保たれてスムースに順番こに流れていきました。

ちょっとした人間ウォッチングの気分でしたが
とっても清々しい気分になりました。

誰が仕切るわけでもなく、無言のルールで
お互い譲り合った結果です。

人が沢山集まると、あれっ?て思うこともありますが
モラルが守られてすごいな、って思うときもあります。

わたしも自分で気づかないうちにアンモラルに走っていることが
あるかもしれない。

いろいろ気をつけなくちゃなあと思いつつ
面白いなと思いました。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
 Bran_8

|

2013年5月15日 (水)

化粧品の汚れ

洗面台の横にちいさな壁面収納スペースがあります。

ここは最小限使うものだけを限定して
ものを少なくしつつ、私のドレッサーもかねています。

目が悪いもんだから、メガネをはずして鏡に顔を
近づけてメイクするのでドレッサーよりも
こっちのがやりやすいのです。

当然、ここもおそうじポイントなわけでして
週に一度はおそうじします。

結構汚れてるんですよ、着替え時に服から出るホコリとか
ドライヤーでとんだ髪の毛やあんな毛やそんな毛が
お化粧品にくっついてべったりしていたり。

ここが綺麗じゃないと、メイクも歯磨きも気分よく
できないもんね。

とにかくペコ流掃除の基本で
こまごましたとこのおそうじは全部出しの丸洗いです。

全部中にあるものを出してから、炭酸水とマイクロぞうきんで
拭きそうじします。

Kesyo

棚の中の収納グッズや瓶、その他洗面台の
石けん置きや歯ブラシスタンドなんかも
全部洗えるものは洗面ボウルにならべて
アクリルたわしで丸洗いです。

Kesyo2

洗えないものは、拭きそうじするのですが
意外と汚れがひどいのがお化粧品類。

一目綺麗そうですが

Kesyo3

よく見ると蓋のところとかに油分の汚れが。

顔にクリームを塗って、その手で蓋を開け閉めするんだから
ボトルや蓋につくのは当たり前ですな。

Kesyo4

このベトベトがとても気になる。

使う度に拭けばよいのですが、つい面倒で。

こうした油分の多い汚れは湿ったクロスで拭くよりも
乾いたものの方がさっと拭き取れます。

ティッシュなんかでもよいのですが、もったいないので
わたしはハンドタオルで拭いてます。

化粧品なだけに、マイクロ雑巾で拭くのもアレですし。

Kesyo5

綺麗に拭き取って、洗った小物類も収めて収納完了。

Kesyo6

すぐに全部出して拭きそうじができるようにひとつの段に
3つ以上アイテムはおかないようにしてます。

ポイポポイ、で棚を空けられればすぐにそうじできるし
汚れを見つけても、すぐにどかしてその場で綺麗にできます。

なにより見ていてスッキリ気持ちいいのだ。

ちなみに夫はどんなにすすめてもここでヒゲをそらずに
リビングでそります。
綿棒で耳をほじったり、鼻毛切ったり、リップぬったりも全部リビングですので
リビングの電話台の下に夫のメンテナンス箱を置けば済むので
ほぼ私のものだけ置いておけます。

(仕事するのも何をするのも全部リビングな夫。。。)

ま、二人暮らしだからこその贅沢なスッキリ棚ができるのだと思いますけれども。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8

|

2013年5月10日 (金)

3Mのおそうじ道具その2

引き続きサンプルレポです。

もひとつお風呂掃除の道具でこれは!と思ったのは
伸び縮みできる浴槽掃除グッズ!

3m2

100円ショップなんかにもいろんなタイプのものがいーっぱい
出てますよね。

この浴槽用の棒付きブラシの存在はずっと知っておりました。

んが、しかし。

アクリルたわしラブな私は、もちろんお風呂場掃除もアクリルたわし。
本気掃除の時も、お湯の交換時のささっと掃除も
アクリルたわしでやってきました。

道具を増やしたくない、というのもありお風呂掃除グッズは
ここ数年買っていませんでした。

しかし、本気掃除の時はおそうじモビルスーツに身を包み
体中水にうたれながら汚れも水ハネもOK!状態であれば
浴室内にしゃがみこんでアクリルたわしで大丈夫なのですが・・

正直ちょっと疲れたときや、お気に入りの部屋着を着ながらのささっと掃除
は、わざわざ浴槽内にしゃがみこんで掃除するのが面倒なときもあるのです。

浴槽の手前はよいのですが、底部分と向こう側は
中に入らないとすると上半身を伸ばして手をばして
フンーッと向こう岸をやっとゴシゴシこするわけですが・・

(手をのばして向こう岸をこすっている画像。意味わかるかしら)

3m3

時折、つるっと滑って頭から浴槽に転ぶんじゃないかと思うこともしばしば。

おかしいな、若い頃はそんなこと想定もしなかったんですけどもねえ。

そこで、今回の初棒付きスポンジのおそうじをやってみて
なんと、らくちんなこと!!

ポールが伸びるので顔を突っ込んで向こう岸まで
手を伸ばすことなくススーっとどんな遠くでもこすることができます。

パパっとあっという間。

3m4

ヘッド部分は固定されてなくて回転するので
壁面も底部分もこすりやすいです。

また、使い込んだら外して新しいスポンジと取り替えられます。

棒の部分は縮めてしまえば短くなるので
お風呂場にぶら下げておけます。

3m5

スチール製なので、見た目もスッキリです。

でも、欲を言えば白い掃除道具で統一しているので
ベージュか白のブラシがよかったな。

掃除メーカーさんは
掃除=青 or 原色 というセオリーなところが多い気がします。

白い方が汚れが見えやすいのにな。

とにかく

たったこれだけのことなんだけれど、人間一度楽しちゃうとダメです。
もうすっかり気に入ってしまいました。

長らく敬遠してきた棒付きスポンジがこんなに便利だなんて。

前回つかってよかったバススポンジもそうですが
何が何でもアクリルたわしにこだわらず、便利掃除グッズを
取り入れようと思いました。

これらスポンジシリーズは、やっぱりスコッチブライトシリーズでも
お馴染みのスポンジ技術?というか良い質のものを使っているのが
よくわかるので、ヘタることもなかなかないでしょうし
やっぱりメーカー品は一味違うよなあという印象でした。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8

|

2013年5月 2日 (木)

3Mのおそうじ道具その1

ご縁がありまして、スコッチブライトシリーズ等のおそうじ道具や文房具のメーカーで
有名な「住友スリーエム」さんより、いくつかサンプルをいただきました。

3m

私の中ではスコッチブライトの会社=キッチンのスポンジなど
というイメージだったのですが、こうして見ると
水回りのおそうじグッズや、ポストイット等のおもしろそうな
壁周りに使えるステージョナリーもとても充実しています。

ウキウキしながら早速いろいろ試してみました。

その中でペコ目線でなかなか良かったものをご紹介します。

いつもの通り、本音でレポートさせていただきますよ。

まずはお風呂掃除用のスポンジ。

3m6

お風呂掃除にはアクリルたわしを愛用してきた私は
ここ数年スポンジを使っていませんでした。

知らぬ間にスポンジもいろいろいいものが出てるのですね。

真四角なのがスポンジのデフォと思ってましたが
鯉のぼりのしっぽのような形状のもの。

これは水切れをよくする形なんだそうです。

実際に使って見ると、先っぽが割れているところで
細かい部分をこすれるのでそういう意味でもよかったです。

また使用後はお風呂場のポールにこんなふうに
引っ掛けて置けるので、あえて洗濯バサミなどで止めることもなくシンプル。

3m7

ただちょっと、私の手にはスポンジが大きすぎました。

これはどこのメーカーのでもそうですが
どうしてお風呂掃除のものはこうも大きいのでしょうか。

大きいと壁面や浴槽など広い面は掃除しやすいですが、
水栓の根元とか手桶の柄の部分とか
いろいろ細かい部分は届きにくくて使いにくい。

あとは、重曹と石けんを泡立てて掃除する日と
その日の気分で使い分けているのですが
重曹の日につかったら手がとっても疲れてしまいました。

スポンジの質の良さが逆に良すぎて
グニグニしないといけないので手が疲れるというかんじ。

重曹の良さを引き出せない感じです。

その代わりに、石けんの日に使うと
さすがはスコッチブライトの技術!

コシのあるスポンジからモコモコ泡が立って気持ち良く
おそうじできました。

この泡立ちはアクリルたわしでは楽しめないんだよなあ・・

重曹か石けんか使う洗剤で使い分けようと思います。

さて今回のサンプルの中でも
イチオシ商品だったのがこちら。

同じくバスシャインシリーズの
鏡の水あかクリーナー。

3m8

3m9

風呂の鏡についたウロコをこすり落とすスポンジタイプのもの。

どこかのメーカーさんでダイヤモンド素材の商品があるのを
見たことがあります。

3M独自の特殊研磨粒子で、鏡を傷つけずに
ウロコなどの水垢だけを落とすことができる。

というキャッチでした。

実際にどうなのかというと・・・

そーですペコ家は私の一存でウロコだらけになることがわかる
お風呂の鏡は最初からつけてないのです。

なので、この効能については現在サンプルを試すことができる鏡を
探し中ですので後日。

この特殊研磨粒子ってのがどの程度なのかってのが
とても気になるので後日必ず。

ちなみに、そんなに細かな粒子ならば浴槽についた水垢なんかにも?
と思って質問したらそれはNGだそうです。

他にもいろいろ面白い商品がありまして・・

せっかくサンプルいただいて使ったので
しばらくサンプルレポを続けたいと思います。

ちなみにマージンなどは、いただいてませんので
使ってみた本音のレポートになってます。

次回につづく・・

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
     Bran_8

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »