« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月28日 (金)

ベトベトの季節

冬場のお掃除の敵が乾燥したホコリならば、
この季節は何となく家じゅうベトベトしっとりな感じが気持ち悪い汚れ
も大きな敵のひとつではないでしょうか。

特にキッチンは、気をつけていてもぬれた手や調味料がついた手で
あちこちさわってしまって、ベタベタした感じが高温多湿とあいまって
ますますベトベトな感じになります。

というわけで、週に一度キッチン掃除の日。

いつもは水拭きだけれどこの季節は洗剤類を使います。

といってもアルカリ電解水です。

重曹はスプレーなどの拭き掃除で使うと
かならずといっていいほど、時間がたつと粉を吹くのであまり
すきではありません。

その点アルカリ電解水は重曹、セスキよりアルカリ度がはるかに高い
のに二度拭きがいらない。成分が残らないのでとっても使いやすい。

さて、取っ手や扉など広範囲のものを拭くときは
直接対象物に吹き付けると(強めの洗剤類は特に)跡に残っちゃったりしますので
雑巾全体にまずスプレーして使います。

Denkai

で、全体的に湿らせたら軽く絞ります。

こうすると洗剤成分が全体に行き渡るので
使いやすい。

Denkai2

つり戸棚の取っ手や、冷蔵庫の取っ手部分

Denkai3

食器棚の扉、コンロのスイッチ部分等など・・
拭きたいところはたくさんあります。

Denkai4

特に手が触れるところを重点的に、あとは表面を全体的にざっと。

週に一回きちんとアルカリ電解水で拭くだけで
ほかの日は気づいたらお湯でしぼったぞうきんで拭いてます。

こまめ掃除+たまにはこうして洗剤で丁寧にお掃除して
気持ち良いキッチンをキープ。

戸棚類は午前中少し開けておいて
風を通しておきます。

Denkai5

私は来客のない日は押し入れ、戸棚、クローゼット類は
なるべく数センチ開けています。

ちょっと見た目だらしないけれど、カビとホコリどちらをとるか?
といったら掃除機のノズルを突っ込んで吸い取ってしまえばよい
ホコリのがマシかなと思って。

丁寧な拭き掃除は立ったり座ったりで結構ストレッチにもなるので
汗びっしょり、いい運動です。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
 Bran_8

|

2013年6月25日 (火)

お酢スプレー

@nifty「地球のココロ」で連載中のおそうじレシピですが
しばらく間が空いてしまいましたが、新しいレシピをUPしました。

「おそうじペコ on 地球のココロ」

今の季節にぜひ活用したいお酢スプレーについてです。

何のお酢がよいのか、クエン酸スプレーとの違いはどこか
等まとめてみました。

すっぱい香りが逆に除菌してる感に思えるようになったら
貴女ももうお酢の魅力の虜になった証拠ですよ。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
 Bran_8

|

2013年6月20日 (木)

白いからこそ白色家電

私は曜日で振り分けてメインのおそうじを分担しています。

小分け掃除ってやつです。

しかしそれはあくまでメインのそうじで
必ず毎日やっているおそうじが3つあります。

1.床のモップがけ

2.テーブルなどの平たいところの家具拭き

そして3つめが家電拭き。

家電製品には、手が触れることで手あかが当然つきます。
そして静電気も出ているのでホコリがよってくる。

とくにキッチンの家電はすぐに汚れます。

ホコリ+空気中の水分+キッチン内部の油分

この3つが合体するとやっかいな汚れになるんですな。

そんなことがないように、常に私はキッチンでは
片手にマイクロぞうきんを手に持って
なるべく素手で触らないようにしています。

冷蔵庫のドアとか、スイッチ類、棚の開閉時など
うっかり調理中で手に脂っぽさが残っているうちに
触ると汚れてしまうので。

まーペコさんたら本当に神経質ね。と思われがちですが
私の母がそうだったので、自然と身に付いた所作になっています。

ペコが神経質かどうかはさておき、そうやって気を遣いつつも
毎日朝食と弁当作りで使ったキッチンでは
家電拭き掃除をざっとします。

電子レンジは表面を中心に四面全部。

Kaden4

もちろん裏側も。掃除しやすいよう空間をとって設置してます。

Kaden5

レンジの裏側は異常にピカピカなので
おそうじ取材の際は必ずみなさん驚かれています。

またご飯を取り出した後の電気ジャーは
外側はもちろん水分がたまったり
お米のでんぷんが残ったりして
内部もいろんなものがひっついてます。

ここは乾いたおふきんでしっかりふきとります。

Kaden2

電気ポットはお湯が出るところの周りが汚れポイント。
一度下からのぞいてみてください。

コーヒーやお茶などのとびちった茶渋がついているはず。

Kaden3

まわりもきちんと拭いて今日もキレイ。
ピカピカ家電です。

Kaden

家電製品は白色が好きです。

汚れがつくとすぐにわかるので。

当然ですが、こんだけ毎日拭いていれば
汚れもたまらずこびりつかずなので
毎日やればやるほどおそうじが楽になります。

そして白色家電は輝くほど美しく
何年たっても新品同様の美しさと清潔さを保ってこそ
魅力が発揮されるのだと思ってます。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
 Bran_8

|

2013年6月14日 (金)

いつも心に重曹を

セラミックフライパン。

真っ白で見た目キレイですし軽いので愛用しているのですが
IHの火力と油の量を間違えてしまうと
焦げ付いてしまいます。

この日もウッカリ・・・

テフロンだと分かりにくいのですが
真っ白だとどんだけ焦げたか汚れたかよーくわかります。

Koge

ああーやっちゃった。

ここですかさず水を入れて汚れを浮かせたいところですが
それでは水が汚れてしまう。

ウエスをかけるにも力まかせにこするのもよくないので
こんな時こそ、重曹粉のまま投入!

Koge2

粉のままで使うときはクレンザー代わりに
シンクやこびりつき汚れのお掃除に使うのですが
こうして食べ物の汚れや食べ残し処理にも使います。

粉に油分が吸収され、アルカリが油汚れと反応して
指でこするとポロポロとこぼれます。

Koge3

たいして水を使わないでもこうして重曹を利用すれば
ウエスでこすればここまでキレイ。

Koge4

重曹はお掃除だけでなく、こうして食器調理器洗いにも
活用できますよね。

気軽に重曹を活用するためにも
いつでも すぐに 手軽に 手に取れるようセット
しておくのがおすすめです。

5kg単位でアーム&ハンマー社さんのものを
大人買いしていますが
こうして各お掃除ポイントなどに小分けしてセットしてます。

Kowake

ちなみに粉ものの小分けは袋ごと持ち上げて・・
ではなく面倒でも大きめスコップやスプーンで
小分けするのが粉散りがなくてオススメです。

粉せっけん、青汁、重曹、などなどいろいろ小分けしてきましたが
袋ごとだとまず失敗して咳込みますな。

粉せっけんが鼻から入った日には
痛いわ咳込むわでそらもう大変。

キッチンには、食器洗いセットのところに
セットしてます。

Koge5

ちょちょっとグラスの底に振りかけたり
ボトルの底に振りかけたり、茶渋こすったり。

先ほどのフライパンは、ウエス一枚と重曹ちょろっとで
シンクもスポンジも汚すことなくキレイになりました。

Koge6_2

ひと手間かけて調理道具をメンテナンスする気分で
重曹を使ってあげると
時間はかかるけど、ちょこっとだけ自己満足。

お片づけが楽しくなります。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
 Bran_8

|

2013年6月 5日 (水)

洗濯槽掃除。あんなとこやこんなとこ。

毎月第一金曜日は洗濯槽掃除の日。

残り湯と酸素系漂白剤をつかって半日漬け置きをして
槽洗浄をしております。

長いことおそうじペコにお付き合い下さっている方は
ご存じかと思いますが、こんだけメンテナンスしていても
槽の汚れって発生するときはするんです。

過去ログでもペコ本でも書きましたが
槽の分解掃除を業者にお願いしたところ
ものすごいことになっていましたもの。

分解掃除してから3年ほど経過しているので
きっと今も見えないところは恐ろしいことになっているでしょう。

そろそろまたお願いせねばね。

過去ログほじっていただければ
私と洗濯槽との戦いとともに
さまざまな洗濯槽洗浄記事が見つかると思います。

これからの季節タイムリーなので
お暇なら検索してみてください。

窓のない脱衣所は除湿機オススメですぞ。

てなわけで、槽についてはさんざ語ってきたので今日はそのほかの
ピンポイントのお掃除。

槽洗浄の漬け置き時間にこんなところもほじっています。

※漬け置き中とはいえ、電源を切ってからやってます。

まずは洗濯槽の縁の部分の溝。

暗いからよくわからないですが、溝のところにとびちったしぶきが
原因でカルキやらカビなどの汚れがたまっています。

洗濯槽用ブラシでこすると・・・

Senbura

出てくる出てくる黒いやつ。

Senbura2

ちょっとでもサボると隙を見つけてカビや汚れは
たむろするんだ。

それから、ごみポケットをはずしたところ。

見えるかしら、ブラシでほじくると黒いのや
ゴミがボソボソ出てきます。

Senbura3

ここは柔軟剤ポケットをはずしたところ。
私は柔軟剤を使わずクエン酸を入れてますが
液体の柔軟剤を使っている場合
でそびった液体分がこびりついているのでは?と想像します。

Senbura4

そして柔軟剤ポケットの裏側の溝も当然汚れてます。

Senbura5

使ったのはこの洗濯槽ブラシ。

ほじくりやすいように一般的なお掃除ブラシより
やわらかくて毛足が長いです。

Senbura6

漬け置き時間中にこんなところもたまには気にしてみてください。

ただし、家電製品なので余計なところまで突っつくと
故障の原因になりますので
お使いの洗濯機の取扱説明書をお読みのうえ
注意して行ってくださいまし。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
 Bran_8

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »