« 3Mのステーショナリーグッズ | トップページ | いつも心に重曹を »

2013年6月 5日 (水)

洗濯槽掃除。あんなとこやこんなとこ。

毎月第一金曜日は洗濯槽掃除の日。

残り湯と酸素系漂白剤をつかって半日漬け置きをして
槽洗浄をしております。

長いことおそうじペコにお付き合い下さっている方は
ご存じかと思いますが、こんだけメンテナンスしていても
槽の汚れって発生するときはするんです。

過去ログでもペコ本でも書きましたが
槽の分解掃除を業者にお願いしたところ
ものすごいことになっていましたもの。

分解掃除してから3年ほど経過しているので
きっと今も見えないところは恐ろしいことになっているでしょう。

そろそろまたお願いせねばね。

過去ログほじっていただければ
私と洗濯槽との戦いとともに
さまざまな洗濯槽洗浄記事が見つかると思います。

これからの季節タイムリーなので
お暇なら検索してみてください。

窓のない脱衣所は除湿機オススメですぞ。

てなわけで、槽についてはさんざ語ってきたので今日はそのほかの
ピンポイントのお掃除。

槽洗浄の漬け置き時間にこんなところもほじっています。

※漬け置き中とはいえ、電源を切ってからやってます。

まずは洗濯槽の縁の部分の溝。

暗いからよくわからないですが、溝のところにとびちったしぶきが
原因でカルキやらカビなどの汚れがたまっています。

洗濯槽用ブラシでこすると・・・

Senbura

出てくる出てくる黒いやつ。

Senbura2

ちょっとでもサボると隙を見つけてカビや汚れは
たむろするんだ。

それから、ごみポケットをはずしたところ。

見えるかしら、ブラシでほじくると黒いのや
ゴミがボソボソ出てきます。

Senbura3

ここは柔軟剤ポケットをはずしたところ。
私は柔軟剤を使わずクエン酸を入れてますが
液体の柔軟剤を使っている場合
でそびった液体分がこびりついているのでは?と想像します。

Senbura4

そして柔軟剤ポケットの裏側の溝も当然汚れてます。

Senbura5

使ったのはこの洗濯槽ブラシ。

ほじくりやすいように一般的なお掃除ブラシより
やわらかくて毛足が長いです。

Senbura6

漬け置き時間中にこんなところもたまには気にしてみてください。

ただし、家電製品なので余計なところまで突っつくと
故障の原因になりますので
お使いの洗濯機の取扱説明書をお読みのうえ
注意して行ってくださいまし。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
 Bran_8

|

« 3Mのステーショナリーグッズ | トップページ | いつも心に重曹を »