« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

ウタマロシリーズ化?

遠足は家に帰るまでのごとく、お掃除もきちんと道具類を
メンテナンスするまでがお掃除。

たくさん働いた雑巾は丁寧にせっけんを使って手洗いしてます。

Utamaro4

今愛用しているのは、かつて幻の石鹸発見!の記事でも
ときめいていた「ウタマロ」石鹸でございます。

これ!

Utamaro1

昔はほとんどの店舗で見かけることがなく
文字通り幻だったのですが、最近よくあちこちで見かけるように
なってきました。

ほほ~。口コミで再ブームなのかしら。

とか思っていましたらば!

ホームセンターでウタマロコーナーを発見。

なんと、固形石鹸だけではなく
液体せっけん等他の洗剤類もシリーズ化されていました。

Utamaro3_2
(公式サイトより画像いただきました。)

ボトルでウタマロ・・・

なんだか不思議。

2012年発売とのことなので、最近になってウタマロブームが
きているのかもしれません。

成分表記は石鹸成分に合成洗剤によく入っている
蛍光増白剤なるものが配合されています。

いわゆる染料のひとつで、白いものを青く反射させることで
より白く見せる効果があるらしく
それゆえにハードな汚れも綺麗に落ちたように見えるのだそうです。

まー見える・・ってことは汚れおちってことではないのかも
しれませんが、98%はきっちり石鹸成分だから
最後のひと押しの意味で配合してるのかもね。

なので、ワイシャツの襟袖洗いなどには
(私は成分気にする人なので)使ってませんが
そうじ道具やぞうきん、運動靴などにはとてもよいと思います。

雑巾洗いの石鹸は別にケースに入れてますが
あらってすぐにしまわずにこんなふうに
ネットにつるすフックをつけて水を切ってからしまってます。

Utamaro5

そのためか、ぬるぬるしたり溶けたりもせず、長持ち。

ウタマロ・・・・

そのネーミングセンスと
ほどよい大きさ、緑青っぽい懐かしい色といい
惹かれる石鹸です。

|

2013年7月23日 (火)

粘着シート

今日は最近なかなか進化していると見直している
粘着掃除グッズについてです。

なんとなく玄関マットやトイレに緊急掃除として
使う程度だったのですが
今は色々使い勝手が研究されているんですよ。

前回の記事でバックの底をお掃除するのに使った
ミニタイプはとても使いやすい。

カバーをするとこんな風にコンパクトにスタンドします。

Koro

大きいT字タイプのものでは届きにくい
細かい部分に使えるし、何より邪魔になりにくい。

画像はブルーのものですが、同じ型のもので
ベージュのものが無印良品でも売っています。

私は洗面所にひとつ置いといて
ドライヤー後にとびちった髪の毛とか
自分で前髪を切ったりするのでその時の処理などに
使ってます。

Koro2

ガムテープみたいにビタビタしないので使いやすいのだ。

そして一般的な大きいタイプも、今はなんと!

こんなふうにギザギザに粘着面とサラサラした面が
交互になっていてくっつきすぎない仕様になってるものもあるんです。

Koro3

くっつきすぎないからフローリングに使える!というのが
コンセプト。こんないいものがあるなんて知らなかった~

私はフローリングモップをかけた後、はじっこにたまった
ホコリをこれでピタピタっととっています。

Koro4

いつもは床拭き雑巾でとってるのですが
時間のないときなどにパパっととりのぞけて便利。

もちろんカーペットにも使えます。

また、はがす時のイライラ解消に
こんな風にナナメカットではがしやすい形状に
なったメーカーのものもあります。

Koro5

フローリングなどの床やカーペットは
ドライシートと粘着シートの
ツートップで毎日のお手入れが楽になってます。

また、小さめのT字タイプは
トイレにも。床におちてるあんな毛やこんな毛対策になります。
トイレは手を洗った後のしずくなんかで
濡れてることがあるので、ドライシートより
粘着タイプのほうがさわやかに使える気がします。

Koro6

ホントに各社お掃除メーカーさんは日々努力なさってるなあ
と感嘆いたします。

一昔前に比べてお掃除スタイルがとっても楽しく
楽になったと感じます。

グッズを選んだり試す楽しみが増えて
私としては嬉しい限り!

*******************************

ribbon参加させていただいていたブログランキングを退会いたしました。
長い間応援クリックありがとうございました。

|

2013年7月18日 (木)

なめるなカビ

梅雨も明けましたが、じとっと湿度の高い日本の夏。

この季節はホコリよりもカビとの戦いでもあります。
と、私はよくお話しておりますが。

ではなんでカビがそんなに怖いのか?

なんとなく、アレルギーの原因になるからかな
とか、おなか壊すのかな・・とかくらいの知識しか
ありませんでした。

先日、世界一受けたい授業やはなまるなどの情報番組で
このカビについて少し突っ込んだ内容のものがありましたので
急いでメモをとりました。

そんなわけで自分へのメモもかねて簡単にまとめました。

ちょっと長くなるかもしれませんがお付き合いくださいませ。

カビにもいろんな種類があるのですが
中でも以下の2つの菌がより強力だそうです。

1.エクソフィアラ

シンクやお風呂の蓋などにひそむもの。
黒カビの一種で、傷に入ると炎症をおこしたり
最悪の場合そこから血液に入り脳にも障害をおこす可能性も。

ちょっと最悪の場合というのは極論だと思いますが
傷が炎症したりするのは肌が弱い私としては気持ち悪い。

水周りなんかを好むようなのでいっそう励んでお酢スプレーを・・

なーんて思っていましたらば、なんと調べるとこいつは
アルカリ性にも酸性にも強い耐性を示すそうで
さらに高温にも耐えるということで
食器洗い洗浄機のゴムパッキン部分にも多く生息するんだそうです。

カビが好む条件の湿度と栄養と適温を考えて
きっちり乾燥させることと、エタノールなんかでしっかり
拭き取って除菌することが大事なのかもしれません。

最近お風呂の洗剤で、天井についているカビ菌を取り除く
燻製タイプのものが発売されました。
ぜひ一度やってみようと思います。

あと、これまでは天井はお酢で拭いてましたが
アルコールスプレーで拭くようにしたいと思います。

それと、手に傷があるときのお風呂掃除は手袋をして掃除することを
すすめてました。

私は素手で掃除派だったので気をつけなくっちゃ。

2.アスペルギルスフミガータス

またおどろおどろしい名前ですが
こちらは水回りよりも、エアコンや布団などのホコリを好むタイプ。

きちんとお掃除しています、というモニターの方の
お宅を調査したところ45か所中40か所に
この菌が見つかったそうで、家じゅうどこにでもいるのかもしれません。

ぜんそくなどの呼吸器系をはじめとする
アレルギーを引き起こします。

んで、この菌の意外な生息場所として
網戸・野菜室・エコバック が挙げられていました。

共通するのは土です。
野菜室やエコバックは買ってきた野菜についている土に
この菌がついてくるんだそうです。

野菜室の下に新聞紙を敷いて、きちんと定期的に
底にたまった土や汚れを清掃することが大事なんだそうです。

私は母がやっていたので吸湿の意味で敷いてましたが
やっぱり昔ながらの方法は理にかなってるんですねえ。

それと、エコバックは急いで洗えるものは洗って
ひっくり返してほしました。

Kabi

洗えないものは同じくひっくり返して
たまっているホコリや汚れをミニコロコロでとりました。

Kabi2

結構たまってましたよ~ひえ~
(このミニコロコロ結構便利)

でも、そんなこといっちゃったら観葉植物などはよくないですね。

そういえば私もぜんそくの病院で観葉植物は
よくないのであまり置かないようにって言われました。

ひとつ大事に育てているヤシがあるので
それだけにしていますが、ホントはよくないのか・・

あんまり神経質になりすぎるのもよくないって思いますが
こうした情報を知っているのと知らないのとでは
お掃除やメンテナンスの気合の入り度が違ってくると思うので
一応まとめてみました。

ちなみに、カビが生える条件は

1.2~30度の適温
2.湿度60%~
3.栄養素(アカや石鹸カスなど)

の3つです。

この逆をつけば、なんとかなるというわけで
髪の毛や石鹸カスをこまめに掃除して
しっかり換気をして空気を通すことが大事ですね。

私は来客時以外は、家中の押し入れやクローゼットなどの
ドアは全部半開きにしています。

ホコリは入ったら掃除機で吸い取ればよいけれど
カビは生えたらやっかいですもんね。

以上長くなりました。

カビ対策がんばりましょうdash

|

2013年7月12日 (金)

夏のおそうじほっとタイム

梅雨があけました。

先週まではジメジメしてはいたけれど気温は大したことなかった
気がしますが、今週は横浜も35度前後の毎日が続いて
暑さに慣れていない体にはちょっち堪える暑さです。

そんな夏こそ早朝掃除!

どんだけ暑くてもせいぜい朝7時くらいはまだ27度くらいなので
日が高くなってからの掃除よりは幾分マシです。

ほんとは5時台くらいに掃除するのがさわやかなんでしょうけれど
朝はお弁当やら朝食作ったりするのでいきなり
掃除ってわけにはいきませんしねえ。

さて、真夏のおそうじタイムは思い切り毎年楽しんでいます。

おそうじタイム=スポーツジムと思い込んで
全身運動、汗をたっぷりかきながらおそうじします。

ご褒美は掃除あがりのシャワーと麦茶!

イヤホンでポットキャストを聴きながら
(今はまってるのは安住くんの日曜天国・・マニアックな内容)
首には毎年ご紹介しているこれ。

首まきアイスノン。

Hot

これ、保冷剤をタオルで巻くよりもアイスノン部分そのものが
凍らせてもやわらかくなるので首の形にフィットして
冷たさがUPします。

そして上半身はランニング。

写真は控えておきましょう。

キャミソールなんてかわゆいものではなく
あくまで渋くランニングと表記しておきます。

下半身はショートパンツ!

。。と真夏にも
おそうじモビルスーツは存在するのですが
こう暑いとショートパンツも太ももに汗でへばりついて気持ち悪く
まくりあげていました。

そこで、ユニクロのサーティワンとのコラボ商品で
よさげなものを発見。

Hot2

今までのもの(左側)と比べるとかなり短いのがわかります。
まるでホットパンツ。

若いお嬢さんが街で穿く分にはかわいらしくってGOODなのですが
さすがに私が穿くと、かなりアブなイタイので
決して外には穿いていけない短さです。

おそうじタイム、屋内のみ着用。

しかしこの短さがよい!
太ももにまとわりつかず動きのスピードもUPいたします。

できるならブルマーで掃除したいくらいの私にはおあつらえむきでした。

思えばこの長さのショートパンツってなかなか
最近見かけない気がいたします。

短くてとってもいいんだけどな。

ちなみに、お風呂掃除はもはやモビルスーツすら着けず
いっちょでやります。

いっちょでね。

それから、おそうじタイム途中の水分補給も
もちろん忘れずに。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
 Bran_8

|

2013年7月 4日 (木)

除菌スプレーでそうじ

前回はアルカリ電解水を使ったこの季節のお掃除のお話をしました。

ちなみにアルカリ電解水の商品のほとんどに
「除菌」と書いてあります。

もちろんすべての菌ではありません、と書いてありますが
アルカリ性の洗剤そのものに菌を殺す力はないと思います。

ただアルカリ性に傾いた状態だと、菌が繁殖しずらい
ということはあるそうなので、そういった意味で

アルカリ電解水でふく→対象物がアルカリ性になる→菌が増殖しない

という意味の除菌で、殺菌ではないのだと思います。

ここのとこの微妙なニュアンスの違いは、何度かメーカーさんに
問い合わせをしてみたのですが
やっぱり殺菌ではなくあくまで除菌、という答えでした。

でもなんとなく知らないと除菌=殺菌もできるって
イメージになっちゃうなあ。そんなことないかしら。

と、ウンチクはさておき。

なら手っとり早くってことで、キッチンにはアルコールスプレーも
もちろん設置してます。

今は緑茶の匂いとか、オレンジエキス入りとかいろいろありますが
ドーンと混じりけのない業務用を使ってます。

これで1000ml。結構使うのでお得なサイズを小分けして使います。

Alc

用途は食品や調理器具、冷蔵庫の除菌、食品の品質保持に
とあります。

というわけで、お魚やお肉をさばいた後のテーブルや
まな板、包丁にシューしたり
自分の手にシューしたりとても便利。

ただアルコールなので、どこにでもシューできるわけじゃございませんので
そこだけは気をつけてます。

で、2か月に一度(偶数月)にやっている冷蔵庫の中のお掃除も
アルコールスプレーをつかっています。

アルコールは油を分解するので、油汚れにもよいんですよね。
なので、冷蔵庫の中の調味料がくっついてかたくなった
汚れなんかにもよいし、何よりこれこそ除菌してくれるので気分もよい。

冷蔵庫部分、冷凍庫部分はもちろん
野菜室もきっちりアルコールで拭きとります。

Alc2

拭いたら新聞紙を敷いて、野菜袋に入れて小分けして
しまいます。きちんとしまうと結構たくさん入るんですな。

Alc3

ちなみに、アルコールスプレーは水分のあるところに噴射しても
濃度が下がって効果も下がるので一度しっかり水気を拭き取ってから
噴射するのがおすすめ。

揮発しちゃうので、二度拭きはいらず。

ベトベトじっとりの季節は
スースーして気持ちいいのだ。

*** おそうじブログランキングに登録しています ***

Bmura_9
Bran_8

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »