« 最近みつけた100円もの | トップページ | 排水口 »

2014年6月13日 (金)

洗濯機大切にしてますか?

梅雨に入りました。

洗濯ものを部屋干しすることも多くなり、じめじめっとした
お洗濯タイムの季節。

お洗濯もののいや~な匂い対策の特集なども
よく見られます。

んが、もちろんこちらのメンテナンスもお忘れなく。

毎日私の代わりにぐるぐる回ってくれる洗濯機です。

私は毎月1日の交換日(フィルターなど消耗品を交換する目安にしている1日)
には洗濯機もクリーナーでメンテナンスしています。

使っているのは酸素系漂白剤。

一袋200円前後です。店頭では塩素系ばかりで
あまり酸素系はありませんが。

残り湯+熱めのお湯で溶かしてしっかり漬け置くのがポイント。

そして洗浄中も無駄にしません。

洗剤がついた指でおしたり、洗濯もののホコリで汚れるスイッチや
フタ部分を拭いたり。



もちろんコードもホコリがまとわりつきます。



水栓などの周りの細かいパーツもホコリをかぶります。



フタの表や裏は微妙なでこぼこがたくさんあるので
そこは掃除棒でほじくります。




また案外普段忘れてしまいがちなのが、洗濯槽の中の縁。

見落としがちなのには理由があります。

洗濯ものが入っていない状態だと、
槽は浮いていて縁の汚れが見えないのです。

水をためると重みで槽がしずんで、普段見えないところが
露出いたします。

ここ、結構ホコリがたまってますよ~



内部の柔軟剤ポケットやフィルターも取り除いてブラシで
洗います。



そうそう、防水バンなどの床周りもきっちり拭きとります。
髪の毛やらゴミがもっさりおちてます。

洗濯機周りの拭き掃除はもちろん週に一度はやってますが
内部までしっかりお掃除するのはこの洗濯槽洗浄中にやります。

もちろん掃除中はコンセントを抜いてます。安全のために。

お掃除をするにあたって気をつけていることのひとつには
安全も考えています。

こうして電化製品のお手入れのときは事故にならないよう
きちんとコンセントを抜いたり
高所の掃除のときは落ちないように脚立とともにしっかりした
足場もかんがえたり、ケガをしないように。

案外お掃除しながらケガしたり、家の中を傷つけたりすることって
多いんです(特に私はうっかり八べえなもんで)。

そんなこんなで安全策を考えて、しっかり取扱説明書をみながら
洗濯機も大切にして愛してあげてください。

少しはいつもより頑張って洗濯してくれるかも・・・ね?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

よろしければご協力下さい。

*** 一枚300円 復興ぞうきんプロジェクト ***

|

« 最近みつけた100円もの | トップページ | 排水口 »