« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月29日 (木)

禁断の果実

お風呂場掃除はせっけんの泡まみれで
あそびながらやってみたりもしますが
主に、クエン酸スプレーと残り湯に重曹を
ドバッと入れたものを使って
アクリルたわしや、タイルブラシ、
両面ブラシなどを駆使してやってます。

かんたんそうじは週に二回くらいで、
丁寧掃除を木曜にやってます。

。。。んが、それでもキュッキュ磨いてる
はずなのにいつの間にか
湯垢や石鹸カスなどがこびりついたりします。



よく見るとかなりまだら。

これはクエン酸シップで汚れを浮かしたり
重曹の粉でこすったり、いろいろ
手はあるんですが。

今日はなんとなくストレスが溜まってまして
何時もは奥の手としている
これらを使いました。



昔懐かしテレカとガラケー時代の
着せ替えケータイのりらちゃんのカバー。

かわゆいからとってあるんじゃなくって
この固めのカード状のものを使って
先ほどのこびりついた湯垢を



そう、ゴリゴリこそげとるんです。

無心になってゴリゴリ
ゴリゴリ ゴリゴリ。。。。

カカトにヤスリをかけたり
すね毛を一本ずつ毛抜きで抜いたり
そういった作業、私嫌いじゃありません。

で、こんなに落ちた





ピカー!

でも、これってプラスティクの表面
コーティングをきずつけてもいるんですよね。

汚れはやっぱり分解してふやかして
柔らかくしてから落とすのが正道。

傷が付くと汚れの再付着をしやすくなるんです。

でも今日は、いけないと思っていても
やっちまった。

ゴリゴリ、気持ちよかった。

お風呂場掃除の禁断の果実の味は
美味でした。

|

2015年10月22日 (木)

染抜きプロの技

私のワイシャツお洗濯は、濃いめのセスキスプレーを
襟と袖に吹きかけて、しばらくしてから
ぬるま湯と泡立てた石けん、洗濯ブラシで
予洗いをして洗濯機へINしています。

しかし、たまーに夫が飛ばしてきた
わけのわからない
シミがついていて、セスキで分解しても
石けんで洗ってもどうにもならないことがあります。

そんな時は漂白剤なのですが、我が家には
塩素系の強いものはなくて
酸素系漂白剤の優しいものしかないために
なかなか大変。

つけ置きしたり、お湯でこすったり。

そこで先日テレビでプロの洗濯屋さんが
達人裏技を紹介さしていたので
いっちょやってみることにしました。

ちょうど予洗いしても落ちないシミが。

夫への事情聴取によるとどうやらコーヒーのよう。



このシミの部分を、熱々のお湯を注いだ
マグカップの上にのせます。



酸素系漂白剤は粉なのでお湯で濃いめに
溶かしておきます。



結構濃いめよ。

それを歯ブラシにつけて周りから中心に向かって
たたいてよごれを真ん中へ寄せていきます。



外から中へ寄せるのがコツ。
適当にこすると逆に汚れが広がっちゃうらしい。

おお!とれてきたとれてきた。



漂白剤を洗い落としてみると。。。

きれーにとれた!!



すげー!

さすがプロの技。

ちなみに、汚れのシミが二重になっている時は
油汚れなので、オイルクレンジングを
使うと良いそうです。

カーペットのシミにクレンジングは
知ってたけどなるへそー
同じような油汚れだしね。

マグカップからの湯気で汚れを
ゆるませるのがミソなんだわね。

これ、早くから知ってたら
生地が傷むほどキーーって
こすり洗いしないでもよかった。

みなさんも、やってみてね。

|

2015年10月13日 (火)

畳掃除と同じです

お久しぶりです。
みなさまお元気ですか。

この夏私は家族の用事や野球や野球、
そして野球関係などで横浜と名古屋を
行き来しておりました。

そんなこんなしてるうちに

あっ!

ちゅーまに秋になっておりました。

本当びっくり。

歳とると時間が早く感じると言いますけれど
本当ですね。怖いくらいです。

さておき、首位チームだったベイスターズが
最下位に転落し、キヨシ監督まで辞任。

真っ白に燃え尽きて
気がついたら10月ですよ。

そろそろ大掃除もしなくてはと
ギリギリネジ巻いて立ち上がったところです。

まずは衣類の衣替えと、靴も手入れして入れ替えて
次はマット類や寝具も入れ替えです。

夏はい草マットを敷いているのですが
これは丸洗いできないので
畳掃除と同じ手順でお手入れをします。



い草の目を沿って丁寧に掃除機をあてます。



裏側もきちんと。結構ゴミがこびりついてます。

あとは、和室掃除と同じ
バケツ半分の水に穀物酢を100mlほどとかした
酢水を作ります。



乾いた雑巾と、酢水に浸した雑巾2枚で



酢水で濡らした雑巾で拭いて、
直ぐに乾いた方で拭き取ります。

ツヤも出ますし、い草は水気を嫌うので
直ぐに乾拭きです。



しっかり拭いて、あとは陰干しして風を通して
よく乾かしてからしまいます。

い草マットは天然素材なので
うっかりセスキや重曹水などでお手入れすると
変色するので気をつけてださいね。

他にも天然素材の、夏物のお手入れは
和室の畳掃除と同じで酢水と乾拭き
陰干しで。

ついでにホットカーペットも早いかなーと
思いつつ出しちゃいました。

大掃除の計画と
インフルエンザ予防接種と
健康診断に行って。。と
年末までいろいろ忙しくなりそうです。

皆さんも季節の入れ替えは
お早めに!

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »