« 畳掃除と同じです | トップページ | 禁断の果実 »

2015年10月22日 (木)

染抜きプロの技

私のワイシャツお洗濯は、濃いめのセスキスプレーを
襟と袖に吹きかけて、しばらくしてから
ぬるま湯と泡立てた石けん、洗濯ブラシで
予洗いをして洗濯機へINしています。

しかし、たまーに夫が飛ばしてきた
わけのわからない
シミがついていて、セスキで分解しても
石けんで洗ってもどうにもならないことがあります。

そんな時は漂白剤なのですが、我が家には
塩素系の強いものはなくて
酸素系漂白剤の優しいものしかないために
なかなか大変。

つけ置きしたり、お湯でこすったり。

そこで先日テレビでプロの洗濯屋さんが
達人裏技を紹介さしていたので
いっちょやってみることにしました。

ちょうど予洗いしても落ちないシミが。

夫への事情聴取によるとどうやらコーヒーのよう。



このシミの部分を、熱々のお湯を注いだ
マグカップの上にのせます。



酸素系漂白剤は粉なのでお湯で濃いめに
溶かしておきます。



結構濃いめよ。

それを歯ブラシにつけて周りから中心に向かって
たたいてよごれを真ん中へ寄せていきます。



外から中へ寄せるのがコツ。
適当にこすると逆に汚れが広がっちゃうらしい。

おお!とれてきたとれてきた。



漂白剤を洗い落としてみると。。。

きれーにとれた!!



すげー!

さすがプロの技。

ちなみに、汚れのシミが二重になっている時は
油汚れなので、オイルクレンジングを
使うと良いそうです。

カーペットのシミにクレンジングは
知ってたけどなるへそー
同じような油汚れだしね。

マグカップからの湯気で汚れを
ゆるませるのがミソなんだわね。

これ、早くから知ってたら
生地が傷むほどキーーって
こすり洗いしないでもよかった。

みなさんも、やってみてね。

|

« 畳掃除と同じです | トップページ | 禁断の果実 »