« 熊本マルシェ始まりました | トップページ | 日本のカバン »

2016年6月20日 (月)

最近みつけたモップシート

梅雨はまだあけていないのに
毎日蒸し暑い名古屋です。

暑くて掃除もする気がない時の味方に
フローリングモップがあります。

床拭きだけではなく、大掃除の時期は壁や天井まで拭くことができるし
ぞうきんをつければ水拭きやワックスもラクラク。

このフローリングモップが登場したおかげで
掃除の幅が広がり、どれだけ家事がラクになったことでしょう。

私は本体は2種類、シートはその本体に合わせてあれこれ
つけてはその素材感と使い勝手を楽しんでます。

一番愛しているのはこちら
私はシート界の神だと思っております。


shineアレルケアウエーブ 超毛束ドライシート

Img_5207_4

モコモコ素材の間にさらに毛束になったシートが
文字通り細かい毛まで話さない!!

もっふもっふなので一回で使い捨てるのが惜しくて
床掃除の後にきれいなところを切り取って
あちこち細かいところを掃除したりしております。

人間、一度いいものを使うとなかなか
レベルを下げられないといいますが・・・・

ほんと、これを使うとなかなか普通のシートに
戻るのがつらいのでよほど大事な時とか
自分へのご褒美の時にしか使いません。

ちゅーか!

高いのよ、単純に。

そう、いいものは高いの。

お値段も神でございます。

というわけで、普段心おきなく使えて、かつそれなりに
満足できるシートを日夜模索しているわけです。

そんなペコが最近愛用しているシートを今日は
ひさしぶりの記事なのでご紹介します。

まずは、カインズホームのPBなのですがこちら。

Img_5208_3

凸凹がついていて、そこそこ厚手の立体ドライシート。

Img_5209_2

このような感じになっております。
普通のシート3~4枚分くらいの厚手感です。

これは、クイックルワイパーに装着しております。




もうひとつは、100円ショップセリアでみつけた
凸凹シート。

ごらんのとおり、凸凹ってほどではないけれど
細かい筋が入っているので平面のシートよりは
からめとれそうな形状です。

薄手なので、もう一本の愛用モップ
アイリスオーヤマさんの四面モップにつけています。

ヘッドが小さいので狭いところまでぐいぐいモップをかけられるし
ひっくり返して新しい面を使えるので
シートをむだなくまんべんなく使える優れもの。

しかし、この商品いつの間にか発売停止になっていたのですよ。

すごくいいものなのになんでだろう。

最近はこうした凹凸タイプのシートがいろいろでてきて
本当に各社研究しているなあと感心いたします。

100円ショップのシートは少し前はよれちゃうし
ホコリはとれないし使いづらかったのですが
今ではかなり品質がUPしていて
ほかにもよいものがたくさんあります。

使い捨てモップの大事なところは、必ず一度のおそうじで
シートを交換すること。

つけっぱなしで何回も使われる方がいますが
それではホコリの再付着も起こります。

面倒でもおそうじの度に付け替えて
フレッシュなシートで掃除すれば
安価なシートでもしっかり掃除できると思います。

窓を開けながら、部屋の片づけをしながら、テレビをみながら・・

スマホ歩きは危険だけど、ながらモップなら
気軽に負担なく床掃除ができると思います。

|

« 熊本マルシェ始まりました | トップページ | 日本のカバン »

掃除グッズ」カテゴリの記事