« 先のことまで考えられたタオル | トップページ | 三浦大輔投手引退について思うこと »

2016年9月16日 (金)

液体石けんについて学ぶ

ベイスターズの勝敗で日々一喜一憂。
浮き沈みが激しい昨今です。
今日は尊敬する三浦大輔番長の登板。
今日勝てば24年連続勝利。
絶対勝ってもらいたい。
 
いや、絶対とかそういう言葉を発するのすら
プレッシャーかも。
 
前回の初登板では、マスコミが押し寄せ
ファンの期待の圧も強く
試合前には異例のブルペン中継まで入り
そのプレッシャーたるやすごかった。
 
その分、今夜は甲子園でホームハマスタではないので
プレッシャーは半減されるのでは。。
 
いつも通りのカッコいい番長が見たい。
 
魅せて!
 
そんなことを考えながら一日
ドキドキしながら過ごしております。
 
さて!
 
石けんユーザーの私ですが、液体で一番好きなのは
ミヨシ石けんさんの「なの花石けん」です。
 
 
石けんの原料臭がしないのと、パケ買いちゅーやつです。
 
さてこの「なの花せっけん」ですが、液体タイプなので
プッシュボトルに入れ替えてキッチンに置いて
食器洗いだけではなく、手洗いにも使っています。
 
 
固形石けんも置いてありますが、
これは「ねば塾しらゆきの詩」。
 
一時はまぼろしの石けんといわれてましたが
最近ではドラッグストアでもちらほら見かけるようになり
大分認知度が高くなってきたのかなとうれしいです。
 
また、なの花石けんは泡が出るポンプにも入れ替えて
洗面室に置いてハンドソープにしています。
 
手を洗ったり、ワイシャツの襟洗ったり、洗面ボウルのカンタン掃除に使ったり
いろいろ使っちゃってます。
 
台所石けんとして用途は食器洗い用となっていますが、
成分は脂肪酸カリウムのみの無添加石けん。
 
確か法規上どこ用なのか表記しなくてはいけないので
食器洗いとしてあるだけ、と聞いたことがあるので
同じ石けんだしいいじゃないの、とハンドソープにしていました。
 
こちらが成分表。


同じ液体せっけんなのに何本もあれこれ買うのが面倒だし。
全部「なの花」でいいじゃん。
 
そう思っていたのですが、ミヨシ石けんさんとお話しをする機会がありまして。
 
その話をすると、いやいや同じ石けんでも違うんですよ。
という説明をいただきました。
 
成分は同じでも、キッチン用はハンドソープに比べて
濃度が3倍近くあるんだとか。
 
その分油汚れにはよいけれど、お肌の油分もとってしまうんだそうで。
それならば、水で薄めて使えばいいのでは?
というと、水で薄めると水の成分と反応して固まって
ポンプから出にくくなるのでやめて下さい。
といわれました。
 
知らなかったわ~。
濃度が大事なんですね。
というわけで、ハンドソープ用のをきちんと買うことにしました。

Th_2

でも固形せっけんは台所用としているものでも
マイルドで使いやすくて、そのまま体洗ったりお風呂で使っちゃってる。

さっきのねば塾のしらゆきの詩などは
思い切りキッチン用って表記だけど、石けんユーザーの間では
きめ細かな泡がよくてお風呂用に愛用している人がほとんど。

私もお風呂で体洗ってるけど、しっとりすべすべするのよね。

液体と固体とでは違うのか?

メーカーさんとしてはそう答えざるを得ないのか。

わかりませんわ。

明日から三連休。

ベイスターズ、CSに連れてってくれるかな。

とにかく、それとは別に

今夜・・・・・

 

絶対・・・勝ちたい。

勝てますように・・・

|

« 先のことまで考えられたタオル | トップページ | 三浦大輔投手引退について思うこと »