« 壁拭き用のモップ | トップページ | 知らなかった便利なもの »

2016年12月17日 (土)

大掃除に役立つ100円グッズ

12月10日の
日経プラスワンなんでもランキングに
 
取材協力しました。
 
 
大掃除に役立つ
100円グッズベスト10です。
 
ダンボール1箱分の
掃除グッズを
ひとつひとつ試してみました。
 
そして私が選んだ1位はこちら!

Img_7500_3

 

(注:この美女は私ではなくモデルです。)

ですよね~。

やはり電解水ですよ。

他にも掃除関係の方数人で

選んだのですが、ほとんどの

アイテムがかぶってました。

やはり選ぶポイントは同じですね。

 

参考になると思うのでぜひお読みください。

新聞はもうないと思うので

ネット上ではこちらからでも読めます。

日経プラスワン 大掃除100均ランキング

ただ、100円ショップの

アルカリ電解水のボトルは使い勝手が

イマイチだと思いました。

今回サンプルでいただいたもの、

私が買ってみたものも

ON/OFFのスイッチが固くて回せませんでした。

当たり外れがあるのかもしれません。

中身はちゃんとしたアルカリ電解水なので、

詰め替え用を

買うのをおすすめします。

 

さて、そんなアルカリ電解水は

主にキッチンの油汚れに

とても効果があるのですが、

それ以外の場所にも有効です。

 

例えば、これは洗面室の

小さい棚をどかしたところです。

 

棚の形にうっすらと壁紙に

黒い汚れがしみになってます。

Img_7130_2

 

埃+空気中の油が合体して

このような汚れになるんですな。

こうなると水拭きではなかなか

落ちないし、あまりこすると

壁紙が痛みます。

 

こんな時は油汚れに

強いアルカリ電解水です。

雑巾に吹き付けてから、

とんとん叩くように拭いていきます。

Img_7132_3

 

壁に直接吹き付けると、

浮き出た汚れが液だれして

妙なシミになるので、

直接吹き付けるのはNGです。

またこするのも汚れが

拡がるのでとんとんします。

 

汚れがおちました。(ちょいわかりにくい?)

Img_7133_2

 

アフターです。

黒い筋がなくなってます。

Img_7135_3

このようにキッチン以外でも

油汚れや皮脂汚れタンパク質汚れ

が原因の場合はとても役立ちます。

そして重曹やセスキと違って

「二度拭きいらず」「成分が浮かない」

のも高ポイントです。

今回のサンプルで

重曹の掃除シートがありましたが、

やっぱり汚れを拭いた後、

しばらくすると白く成分が浮き出てきました。

 

何回も拭き取らなくてはならなくて

はいけないのが二度手間です。

 

重曹は水で洗い流せる場所の掃除。

クレンザーのように粉のままで使用。

これが一番使いやすいと思います。

 

大掃除、

ど~してもやる気がおこらないって方は

100円ショップへ行って、

まずはお掃除グッズを

買ってやる気を出してみてはどうでしょ。

くれぐれも、

買っただけで満足なさらないように。

寒いけど、がんばりましょ。



 shine ブログランキング再開しました
応援のクリック(投票)お願いいたします 
shine


      

********************

これもなかなか便利です


 

|

« 壁拭き用のモップ | トップページ | 知らなかった便利なもの »